2015年05月24日

Noel Gallagher says he 'wrote better lyrics' when he was high - watch

http://www.nme.com/news/noel-gallagher/85618

Noel Gallagher has spoken about the inspiration behind some of his biggest songs, revealing that he wrote better lyrics when high.

Gallagher is currently touring North America with his band High Flying Birds. Speaking to reporters in Los Angeles earlier this week, the former Oasis man denied that 'Wonderwall' is the best song of all time, but conceded that Oasis may be the best English band since The Beatles "to some people".

Gallagher also revealed that he "might have been high" when he said that Oasis were "bigger than The Beatles and Jesus", adding that whilst he doesn't get high any longer, he did "write better lyrics" when he was under the influence.

Elsewhere in the clip posted by TMZ, Gallagher was asked if there was the "remotest possibility" that Oasis would get back together, to which he replied "no". Watch the video in full below.

Noel Gallagher dedicated a song to Frances Bean Cobain at his LA show on Wednesday night (May 20). Kurt Cobain's daughter met Gallagher backstage after the show, later uploading a photo to Twitter. She wrote, "What did you do tonight? @NoelGallagher thank you so much for hanging out&the song dedication & being all around rad!"

Noel Gallagher's High Flying Birds play London's Calling festival in July. 

posted by おっさn at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

Noel Gallagher - The British Masters Season 2 - Chapter 2

http://m.noisey.vice.com/en_uk/the-british-masters/noel-gallagher---the-british-masters---season-2---chapter-1-part-2





ノエル・ギャラガーはモリッシーやボノの飲み方について語っていて、ボノがとんでもなく酒に強いことを明らかにしている。

音楽サイトのノイジーの取材に応えたノエルはボノ、モリッシー、ボビー・ギレスピーの3人のうちで誰が一番酒が強いかと問われて次のように答えている。

「文句なしにボノだね。ボビーはもう飲まないし(2008年から酒を断っている)。モリッシーはおもしろいんだけどね」

「モリッシーも飲めるんだよ。でも、酒に酔うタイプじゃないんだよ。会った瞬間から7時間経ったあともずっとあの陰険なまんまなんだ。俺は酒が入るとすぐに陽気になるタイプなんだけどね。モリッシーは違うんだ」

「でも、ボノはほんと飲み友達として最高だから。ここのところよく飲むんだけど、朝の6時になって俺がバーから帰ろうとしてても、あいつまだバーの上に立ってオペラとか歌ってるんだぜ。しかも、その日の晩に7万人相手にライヴがあるっていうのにだよ。その一方で俺は取り巻きに抱きかかえられてジェイムス・ブラウンみたいに退場させられてて、ぐでんぐでんでまともに歩けやしないんだ」

また、1995年にリリースされた、ノエルとリアム・ギャラガーの取材中の口論音源シングル"Wibbling Rivalry"に話題が移るとノエルは次のように振り返っている。

「まあ、あの喧嘩もあのシングルとザ・ミラー(紙)の煽りでなんだか話がすごい膨らんじゃった感じがするんだけどな……今、考えてみるとあの時の言い合いは『どれだけ性格の悪いまんこ野郎だろうとそれはそっちの自由だけど、まずはライヴをしっかりやって、偉そうにするのはそれからにしろよ』っていう話だったんだよ。でも、リアムの言い分は『そう言われても俺はいつだって偉そうにしてるものなんだ』っていうものだったね。まあ、2009年までずっとそのリピート状態だったね」

また、リアムの気まぐれにはほとほと嫌気がさしたことを次のように言い及んだ。

「ライヴが始まってから3曲くらいすると突然リアムがヘッドホンを被り出してそのままステージから消えるなんてことも珍しくなかったからね。ギター・ソロを弾いてて曲の終わりに近づいて『ギター・ソロの間ちょっと姿を消して曲を歌い切らないのもリアムにとってはどうってことないことなんだろうからな。サングラスの調整でもしてんだろうな』とか思ってて、それで『リアムどこへ行ったんだよ?』って声をかけると、周りから帰ったとか言われるんだよ。帰ったって、それどういうことだよって問い詰めると『喉が痛いんだって』だと。なんてまんこ野郎だよ。それから動揺し始めてる日本のお客さんにこっちが英語で説明しなくちゃいけなくなるわけだよ……当然、みんな『これ、どういうことなの?』『なんで歌手の人いないの?』ってなっててさ」

「俺はもうあれは一生許さねえよ。絶対に許さない」



オアシス時代、ギャラガー兄弟の喧嘩は日常茶飯事だったが、ノエルは、日本公演で起きたパフォーマンスを途中で放り出すようなリアムの行動は許せなかったそうだ。

『Noisey』のインタビューで、彼はこう話した。「いま思い返すと…、俺の喧嘩っていうのは“クソ野郎になりたきゃ、なれ。でもまずはギグだ。それからだ”ってものだったけど、あいつの喧嘩は“俺はいつだってクソ野郎だ”ってもんだった。わかるだろ? それを2009年まで延々と繰り返していた」

「3曲やって、あいつがヘッドフォンを外して消えるなんてギグは数えきれないほどあった。ギター・ソロの最中だ。で、それが終わりそうになって、まさかギター・ソロの間に消えて、残りを歌わないほどあいつはバカじゃないだろうって思うんだ。サングラスかなんか直しに行っただけだろうって」


「で、“リアムはどこだ?”って訊くと、出て行ったって。出て行ったってどういう意味だ?! 喉が痛いって。なんて野郎だ。それで俺は、困惑している日本人のオーディエンスに向かって、英語でこう言わなきゃならないんだよ。“俺が言ってること、わからないと思うけど、俺はシンガーが消えたって言ってるんだ”拍手が起こる。“ああ、わかってないんだな”って思った。“俺が残りを歌わなきゃいけない”って言うと、また拍手だ。それで、俺が歌い始めると、“どうなってんだ?シンガーはどこに行った?”ってなる…。このことでは、俺は絶対にあいつを許せなかった」

ノエルのインタビューでリアムやオアシスの話題が振られるのは毎度のことだが、先日の『Rolling Stone』誌でのノエルの発言に対してはリアムから猛反撃があった。

リアムは2011年にも、ノエルが「2009年のVフェスティヴァルをキャンセルしたのはリアムの二日酔いが原因だった」と話したことに激怒、その後取り下げたが、謝罪を要求しノエルを告訴したことがある。

リアムは当時、「俺はノエルからあらゆる言われ方をするのには慣れているし、俺もあいつに対しあれこれ言ってきた。でも、今回のノエルの発言は、ロックンロールの悪ふざけの域を超え、俺のプロ意識に疑問を投げかけるものだ」と話しており、今回も黙ってはいないかもしれない.
posted by おっさn at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

Noel Gallagher - The British Masters Season 2 - Chapter 1

https://m.youtube.com/watch?v=-5tu8tFsv_Q

Noel Gallagher reveals he has 'destroyed' the master recording of Amorphous Androgynous album


Noel Gallagher has discussed his shelved space-rock album with production duo Amorphous Androgynous, as well as his friendship with both Johnny Marr and Damon Albarn, in a new interview.

Gallagher collaborated with Amorphous Androgynous prior to his debut solo album, 'Noel Gallagher's High Flying Birds', in 2011. Their joint record was never released, although two collaborations with the pair – 'The Right Stuff' and 'The Mexican' – did eventually feature on Gallagher's latest album 'Chasing Yesterday', which was released in March.

After the duo's Garry Cobain recent claimed that Gallagher is "too afraid to be weird" and would rather "do things exactly the same as ever", Noel has now responded in a new video interview with Noisey. He said, "The album got finished. We spent a lot of time working on it, but the way that they work is that they get me in and I play all day then they take it away. Then the next thing you hear, you go 'Well, that's not what I was thinking'. It became apparent that they weren't making a record for me but I was making a record for them. You know me, that's not going to fucking work."
posted by おっさn at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

Noel Gallagher Soars With His High Flying Birds at Webster Hall

http://blogs.villagevoice.com/music/2015/05/noel_gallagher_high_flying_birds_live.php

It may be the title of his latest work, but Noel Gallagher is hardly chasing yesterday.

Some might view the former Oasis songwriter's yearling band, Noel Gallagher's High Flying Birds, as an interim project while brotherly bad blood with younger sibling Liam settles, a stopgap while Oasis take a break. Maybe Oasis will come back one day, but with two notable albums under his belt with the Birds, the latest being the winter-released Chasing Yesterday, the elder Gallagher isn't looking over his shoulder. 

Taking the stage at Webster Hall, the 47-year-old Gallagher looked sharp and slim in a black T-shirt and jeans. His band was similarly humbly attired and quietly comported: Guitarist Tim Smith took leads with no showy display; bassist Russ Pritchard's boldly melodic bass rose in the mix on some songs, and his backing vocals added fine-tuning to Gallagher's; drummer Jeremy Stacey pounded with a precise heft; and keyboard player Mikey Rowe, studiously encased in two banks of keyboards, administered layers of sound, from a symphonic Mellotron whoosh to plinking pub-rock piano. What with some new songs taking a soul bent, a three-piece horn section picked up stateside was so new that when it came time for introductions later in the performance, Gallagher said, "I don't know their names, no idea who the fuck they are....It's New York, they're probably connected to the Mafia. But they're fuckin' brilliant, whoever they are. Ah, they're Mob Scene." He wasn't wrong about the "brilliant" part.

If it took Oasis breaking up to actually hear and experience Gallagher's music outside of an arena's sonic horror and emotional disconnect, then there's a blessing right there. Oasis was clearly in their hearts of the Webster Hall crowd, which was mostly older, even middle-aged folks bent on singing and swigging. But it wasn't quite the Union Jack–sporting expat Brit rally you might have expected. Still, as much as this arduous crowd got behind the songs, there did seem to be an unspoken distance: Gallagher tried to greet and chat with them, but all he got was the kind of vacant murmuring you'd hear in a pub: "For fuck's sake, say something!" he admonished. Perhaps no one wanted to speak out of turn and be skewered by Gallagher's blunt-force retorts.

Gallagher seemed genuinely engaged, though, talking about New York, and declaring the music going on downstairs at Webster Hall as "sounding like shit." When a technical hitch very briefly delayed a song, he urged that it be fixed, saying, "C'mon, they paid to see this shit." A way with fine words, Gallagher hasn't, but even when he sounds wrong, he's right.

It was a no-nonsense kind of evening. Either by luck, instinct, or some kind of genius show savvy, the set was perfectly paced and politically astute: Kick off with a new song ("Do the Damage"), split the set between the new record and the debut, and punctuate it with Oasis songs, both deep cuts and big hits. Fleshed out live, the new songs took on a vivacity − particularly the out-and-out rocker "Lock All the Doors," which the band played on the Tonight Show Wednesday night − and meshed perfectly with their forebears. The swooning "Riverman," an album standout, and "Ballad of the Mighty I," perhaps its finest cut, were matched by the ballsy Birds' "Dream On" and "Broken Arrow," and Oasis's "Fade Away" and "Champagne Supernova," the latter causing the room to fill with a skunk odor as the pot smokers hit up their spliffs. Where were you when we were getting high? The floor at Webster, apparently.

Vocally, Gallagher's never been better. He doesn't grandstand, he just lets the songs do the work. That really is his calling card: a well-written song, something that can't be argued whether Britpop's your bag or not. It's not like he's the greatest lyricist, but when he combines plainspoken words with a keen melody and gives them a structure in which to breathe, the simple becomes resounding. For the encore, "What a Life," with its firm dance-y beat, was followed by the Oasis anthem "Don't Look Back in Anger," with all its stiff-upper-lip nostalgia. It was, unsurprisingly, a serious sing-along, note-perfect even, and the usually poker-faced Gallagher almost cracked a smile. Any looking back he's doing is with pride of place, and that of a job well done.



posted by おっさn at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアム・ギャラガー、ノエル抜きオアシス再結成を画策の報

http://sp.ro69.jp/blog/miyazaki/123910

The Sunが、リアム・ギャラガーが兄ノエル・ギャラガー抜きのオアシス再結成を画策していると報じている。

その報道によれば、リアムはオアシスの再結成をオリジナル・メンバーであるボーンヘッド、ギグジー、トニ・マッキャロルと行おうとしているが、メイン・ソングライターであり兄であるノエルは抜きなのだという。

情報筋の話によれば、この動きはまだ始まったばかりではあるものの、リアムを始めとした3人は興味を持っていて、今後の推移を見守っているのだとか。もちろん、ノエル抜きの再結成はファンが認めないとする向きもあるだろうが、気にしていない様子なのだという。

なお、この件についてNMEがリアムサイドに問い合わせたところ、ノー・コメントだったとか。

果たしてノエル抜きで「オアシス」を名乗れるのか、クリアすべき法的な問題もあると思われる。
posted by おっさn at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | News memo after 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

ノエル・ギャラガー、米RS誌「ロック界で最高のインタヴュー

http://sp.ro69.jp/blog/kojima/123803

★ノエル・ギャラガー兄貴の「Fワード&どぎつい突っ込みギャグ満載」の発言のおもしろさは、オアシス時代からここUKでも定評がありましたが、

ついにアメリカでもその実力(舌力?笑)が評価されたようだ。

これまでキース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)やU2のボノ、ピート・タウンゼント(ザ・フー)など錚々たるスター達を相手に取材をしてきたあの米ローリング・ストーン誌が、

現在USツアー中のノエル兄貴に「ロック界で最高のインタヴュー相手」賞を授与!!!!!!!!!

以下のリンクから、その際のノエル兄貴の受賞スピーチ動画が見れます♪♪♪

http://www.rollingstone.com/music/videos/watch-noel-gallagher-accept-the-rolling-stone-award-for-best-rock-interview-20150508

受賞スピーチをかるく訳すとこんな感じ。

「うわ!信じられねー。見てのとおり俺は(この栄誉に)圧倒されてる。

俺はまず”好戦的なアティチュード”を与えてくれた俺のオフクロに感謝したい。
さらにロック界でたぶん最も”失礼で粗野な舌”を与えてくれた俺の親父にも感謝したいし、
こんな俺の実生活にも長く耐えてくれている俺の妻と子供たちにも感謝したい。
そしてもちろんこの賞を与えてくれたローリング・ストーン誌にも感謝したい。これってかなり特別なことだよね」。

にしても、ああいう”英北部人”特有のどSなユーモア感覚の面白さは絶対アメリカ人には伝わらないだろうな、、、と思ってたけど、
おめでとう兄貴♪♪♪
posted by おっさn at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

ノエル・ギャラガーのNYライブ。床が抜ける勢いの盛り上がり。TVライブ&ベストロックインタビュー賞受賞映像(笑)

http://sp.ro69.jp/blog/nakamura/123699

ノエル・ギャラガーが、日本でのツアーを終えてアメリカツアーを開始。5月7日に、NYウェブスターホールでのライブを観てきた。

ライブでも言っていたけど、その前にTV番組”Tonight Show"に出演して”Lock All the Doors”を披露。映像はこちら。
http://www.rollingstone.com/music/news/watch-noel-gallagher-revive-oasis-demo-lock-all-the-doors-on-fallon-20150507

さらに、ローリング・ストーン誌が、ノエルに、”ベスト・ロック・インタビュー賞”なるものを授与。ピート・タウンゼントよりも、キース・リチャーズよりも、ボノよりも、あまりに頭が良くて、めちゃくちゃ面白くて、タイトルとなる発言に溢れるノエルのインタビューは、「ロック史上最高」であると、トロフィーと花束が贈呈。半分ギャグでやっているようにも見えるけど、実際そうなのは、日本のファンの皆さんも同意するだろう。こちらがその映像。

https://m.youtube.com/watch?v=2kmWPPGI70g

ノエルの受賞コメントは、「母に、こういうくそ生意気な態度を与えてくれたことに感謝。それから父親に、恐らく……世界一失礼な言葉使いを与えてくれたことに感謝」している(笑)。

ライブのほうは、NYにも関わらずウェブスターホールは、ノエルにしたらあり得ないくらい小さいキャパ(2000人)。なので、チケットが取れたファンはラッキーすぎ。外にも、「チケットありますか〜」という人が大量にいた。超貴重な1枚をいただいて本当に感謝だ。

実際中に入ったら、何度も行ったことある会場だけど、本当にぎちぎちのパンパンで。しかもアメリカ人って、どんな貴重なライブでも、飽きたら平気で帰っちゃう正直な人達なんだけど。この日は、もう最後の最後までひっとりも帰らないぎちぎちさで、しかも、大大大合唱は当然、あまりに床が揺れて、壊れて抜けたらどうしようという恐怖感すら感じるくらいの盛り上がりだった。ノエルが途中で「イギリスから来た人?」って訊いたけど、思ったより大量に手が挙らなかったので、アメリカ人のファンが多かったのだと思う。ノエル、さすがのスターパワーだ。帰る時に見た機材のトラックも、この会場で見たこともない巨大さだったし。

日本でも見た人によると、セットリストの並び方が弱冠変わっているということ。この日は、こういう内容。北米では、”Don't Look Back in Anger”で終わるというパターンになっている。

1. Do the Damage
2. (Stranded On) The Wrong Beach
3. Everybody's on the Run
4. Fade Away
5. In the Heat of the Moment
6. Lock All the Doors
7. Riverman
8. The Death of You and Me
9. You Know We Can't Go Back
10. Champagne Supernova
11. Ballad of the Mighty I
12. Dream On
13. The Dying on the Light
14. The Mexican
15. AKA...Broken Arrow
16. Digsy's Dinner
17. If I Had a Gun...

encore
18. The Masterplan
19. AKA...What a Life!
20. Don't Look Back in Anger

ノエルは、北米ツアーを約20カ所でやり、来月頭にはフェス、ガバナーズボールで、再びNYに戻ってくる。その後世界中でフェスに出演し、予定表でみると、その最後を締めくくるのが日本のフジロックとなっている!セットリストがまだまだ進化中なので、世界中のフェスで試された後の最強の形でフジのライブを行うはずだ。
posted by おっさn at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル・ギャラガー、23年越しの新曲"Lock All the Doors"の成り立ちについて語る

http://sp.ro69.jp/news/detail/123702
現在、アメリカ・ツアー中のノエル・ギャラガーは5月6日にテレビのトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演し、パフォーマンスも披露することになった。

同番組でノエルはバンドと"ロック・オール・ザ・ドアーズ"を披露するとともに、この曲の成り立ちについても語っている。ノエルはロッキング・オン6月号でのインタヴューでもこの曲がオアシスに加入する前から書いてあった曲だと触れているが、ずっと仕上げられないままだったということを『ザ・トゥナイト・ショー』で次のように説明している。

「このアルバムには書き上げるのに23年かかった曲があって、それが"ロック・オール・ザ・ドアーズ"という曲なんだ。このもとの曲の一部はケミカル・ブラザーズと90年代に"セッティング・サン"を共作した時にそっちに提供したんだけど、残った部分についてはずっといつか仕上げようと思ってたんだ。それでコーラスはずっと懐で温めてたんだけど、どうしてもコーラスと合うようなヴァースが閃かなくてね。それがある日、地元のメイダヴェイルにあるスーパーのテスコからふらっと出てきた時に、どういうわけだかはわからないんだけど、来たんだよね、角を曲がって薬局チェーンのブーツに差しかかろうとしたくらいに、いっぺんに全部閃いたんだよ。この曲はオアシスでリリースすることもなかったけど、コーラスがあまりにもよかったから、絶対に諦める気にはならなかったんだ」
posted by おっさn at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ノエル・ギャラガー 3/24ベルギー公演のライヴ映像4本をオフィシャル公開

http://amass.jp/56159/

ノエル・ギャラガーのソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher's High Flying Birds)が3月24日、ベルギーのラジオ局Studio Brussel主催ライヴに出演。当日のパフォーマンスから4曲分のライヴ映像が同局のYouTubeチャンネルにてオフィシャル公開されています
posted by おっさn at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル・ギャラガーが「Leave My Guitar Alone」をオフィシャル公開

http://amass.jp/56178/

ノエル・ギャラガーのソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher's High Flying Birds)が「Leave My Guitar Alone」をYouTubeチャンネルにてオフィシャル公開。試聴可。この曲は最新アルバム『Chasing Yesterday』の日本盤ボーナス・トラック曲で、海外では7インチ・シングル「Riverman」のB面に収められています

posted by おっさn at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドの動向に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。