2010年06月11日

アビーロードスタジオでのレコーディングに関するコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/51440
RO69
http://ro69.jp/news/detail/35853


NME
***************************************************************
Noel Gallagher: 'Oasis had to pay for last album sessions in cash' – video
Guitarist speaks about recording of 'The Shock Of The Lightning'
June 9, 2010

Noel Gallagher has revealed that Oasis had to pay for the recording of their last album 'Dig Out Your Soul' in cash.

The guitarist, speaking in a new video interview which you can watch on the right, said that they had to fork out the cash because they had previously been banned from Abbey Road studios, where they made the album.

"We decided to go back to Abbey Road, after being kicked out during the [1997 album] 'Be Here Now' sessions for being a bit wild," he said. "They let us back in, but we had to pay in cash. If they threw us out we lost all the money."

He added that he hit a rich vein of songwriting form at the time, saying: "We were in the studio for five weeks or something. I wrote 'The Shock Of The Lightning' and 'Falling Down' in one weekend just sitting at home."

Oasis' singles compilation, 'Time Flies... 1994-2009', is released on June 14.


RO69
*********************************************************
ノエル、『ディグ・アウト・ユア・ソウル』のスタジオ代は現金払いだったと語る

『タイム・フライズ...1996-2009』のリリースにあわせて元オアシスのノエル・ギャラガーが行っている動画インタビューでノエルは最後のアルバム『ディグ・アウト・ユア・ソウル』のレコーディングの費用を現金で支払わなければならなかったことを語っている。

『ディグ・アウト・ユア・ソウル』は有名なアビイ・ロード・スタジオで制作されたのだが、オアシスは以前、このスタジオから出入禁止を食らっていたので、現金で支払わなければならなかったとノエルは説明している。

「『ビー・ヒア・ナウ』(97年)のセッションで、ちょっと乱行が激しくなりすぎて結局途中でつまみ出されることになったアビイ・ロード・スタジオに戻ってみることにしたんだよ」とノエルは説明する。「スタジオ側はやらせてくれたんだけど、その代わりに現金を前金で払わなくちゃならなかったんだ。また、蹴り出されることになったら、それだけの金をすべてパーにすることになるっていう」。

ただ、『ディグ・アウト・ユア・ソウル』の制作時には、ソングライティング的に金脈に行き当たったこともノエルは説明している。「スタジオには5週間くらいいたんだけど。“ショック・オブ・ザ・ライトニング”と“フォーリング・ダウン”の2曲なんか、ある週末のうちにどっちも書いちゃったんだ。自宅で座ってただけで、急に閃いたんだよね」。
posted by おっさn at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Whatever」/「Some Might Say」PV収録時に関するコメント

ソニーインフォ
RO69
http://ro69.jp/news/detail/35811
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000061748


ソニーインフォ
***************************************

オアシス最後のアルバムついに発売!名曲「ホワットエヴァー」ビデオは、実は泥酔状態だった!?知られざる「オアシスの素顔」を初告白した初回盤封入DVDに話題沸騰! (2010.6.9)
=====================================================================================
本日6月9日に“最後”のアルバムとなるベスト盤『タイム・フライズ・・・ 1994-2009』が
日本先行発売されたオアシス、その初回盤に封入されている「当時のエピソードをメンバー本人が赤裸々に語る」
コメンタリー入りのDVDが早くも話題沸騰!
なんと、あの永遠の名曲「ホワットエヴァー」ミュージック・ビデオ撮影時、実はノエル(g,vo)は泥酔状態だった!?
当時の知られざるストーリーが初めて明かされた「オアシスの素顔」に迫る、初回限定盤封入DVDに注目!
=====================================================================================

本日6月9日に“最後”のアルバムとなるベスト盤『タイム・フライズ・・・ 1994-2009』を先行発売したオアシス、その初回盤に封入されているDVDが早くも話題を呼んでいる。なぜなら、当時の知られざるエピソードをメンバー本人が包み隠さずに語っているからだ。
初回限定盤のみに封入されているDVDは、歴代のミュージック・ビデオ全36曲(計38曲)を収録。“現代のビートルズ”と評されるイギリスの国民的ロック・バンド「オアシス」の全ビデオ・クリップがこれ1つで網羅できるだけでも嬉しい内容だが、さらに特筆すべきは、うち26曲分にノエル(g,vo)&リアム(vo)ギャラガー兄弟によるオーディオ・コメンタリーがついていること。作詞を担当した楽曲についてそれぞれがコメントを寄せているのだが、その内容があまりにも赤裸々!例えば、ただいまオンエア中の「佐藤健さん出演CM」でも使用されている、3つのCMソングとしても有名な永遠の名曲「ホワットエヴァー」ビデオ撮影時、なんとノエルは泥酔状態だったことを初告白!

このビデオで 俺は泥酔してる 見てれば分かる
当時 どこに住んでたか 覚えてないけど
撮影の日の朝 目覚めたら 他人の家だった
携帯なんてない 携帯が出る前の話だ
俺が覚えてたのは 前の晩 出かける前に 撮影現場のアドレスを もらってたことだけ
目が覚めて思った  “クソ 今日は撮影じゃないか”
とにかくそこを出て タクシーに乗った
確かエッジウェア・ロードだったと思うけど 俺はバス停で寝てしまった
現場に着いたけど 俺は前の晩 出かけた時と同じ服装
リアムは激怒してた
俺があいつより酔ってたのは この時だけだ
(「ホワットエヴァー」コメンタリーより)

さらに、オアシス史上初の英国チャート1位を獲得した曲「サム・マイト・セイ」に至っては・・・

このビデオは他の作品の寄せ集めなんだ
リアムが撮影に 来もしなかったのさ
俺たちは車で ガソリンスタンドに向かった
朝の8時だぜ まったく
すると “リアムは来ない”と 言われたんだ
何だって?
そう “リアムは来ない なぜなら 台本が気に入らない”と
初のナンバーワン・シングルなのに ビデオがない
仕方なく 他のビデオを かき集めて作り 後で出した
(「サム・マイト・セイ」コメンタリーより)


映像を見ているだけではわからない当時の知られざるエピソードが続々と登場するこのコメンタリーは、オアシス・ファンならずとも必見!
初回限定盤は“売切御免”の完全限定盤。そして通常盤/初回限定盤ともに、初回出荷分には「A賞(応募者全員プレゼント): 日本オリジナル携帯FLASH待受(カレンダー/時計機能付)」、「B賞(抽選で300名様): オアシス日本最後のライヴ“フジロック・フェスティバル’09”フル上映会ご招待」応募券付とさらに豪華!B賞は6/15(火) 24時までの応募となるので、この機会をお見逃しなく!


RO69
****************************************************
ノエル、“ホワットエヴァー”のビデオ撮影時は泥酔状態だった

本日6月9日にリリースされたオアシスのベスト・アルバム『タイム・フライズ・・・1994-2009』。アルバムの初回限定盤に封入されるDVDには、歴代ビデオ・クリップ全36曲が収められているが、そのうち26曲にギャラガー兄弟によるオーディオコメンタリーがついている。

その中でノエルは、“ホワットエヴァー”のビデオ撮影時に泥酔状態だったことを明かしている。「このビデオで俺は泥酔してる、見てれば分かる。当時どこに住んでたか覚えてないけど、撮影の日の朝に目覚めたら他人の家だった。携帯なんてない、携帯が出る前の話だ。俺が覚えてたのは、前の晩出かける前に撮影現場のアドレスをもらってたことだけさ」

ノエルは続ける。「目が覚めて思った。“クソ、今日は撮影じゃないか”、とにかくそこを出てタクシーに乗った。確かエッジウェア・ロードだったと思うけどバス停で寝てしまったんだ。現場に着いたのはいいが俺は前の晩出かけた時と同じ服装、リアムは激怒してた。俺があいつより酔ってたのはこの時だけさ」。

さらにオアシス史上初のイギリス・チャート1位を獲得した“サム・マイト・セイ”に至っては、「このビデオは他の作品の寄せ集めなんだ。リアムが撮影に来もしなかったのさ」とノエルは話す。

「俺たちは車でガソリンスタンドに向かった。朝の8時だぜまったく。すると“リアムは来ない”と言われたんだ。何だって?そう“リアムは来ない。なぜなら台本が気に入らない”と。初のナンバーワン・シングルなのにビデオがないんだ。仕方なく 他のビデオをかき集めて作り、後で出したよ」

今回封入されるDVDのコメンタリーでは、この他にも当時の知られざるエピソードが明かされている。


Barks
***********************************************
泥酔状態、撮影中止…オアシスの知られざる赤裸々エピソード

6月9日、オアシス最後のアルバムとなるベスト盤『タイム・フライズ…1994-2009』が日本先行でリリースされたが、早くもその初回盤に封入されているDVDが話題を呼んでいる。チェックされた方はご存知のとおり、当時の知られざるエピソードをメンバー本人が包み隠さずに語っているのだ。

このDVDには、歴代のミュージック・ビデオ全36曲(計38曲)が収録されている。オアシスの全ビデオ・クリップがこれ1枚で網羅できるだけで高ポイントのアイテムだが、特筆すべきは、うち26曲分にノエル(G、Vo)&リアム(Vo)によるオーディオ・コメンタリーがついているところ。作詞を担当した楽曲について、それぞれがコメントを寄せているのだが、その内容があまりにも赤裸々。

例えば、「ホワットエヴァー」ビデオ撮影時には、ノエルが泥酔状態だったことを初告白している、。

「このビデオで俺は泥酔してる。見てれば分かる。当時どこに住んでたか覚えてないけど、撮影の日の朝目覚めたら他人の家だった。携帯なんてない。携帯が出る前の話だ。俺が覚えてたのは、前の晩出かける前に撮影現場のアドレスをもらってたことだけ。目が覚めて思った。「クソ、今日は撮影じゃないか」。とにかくそこを出てタクシーに乗った。確かエッジウェア・ロードだったと思うけど、俺はバス停で寝てしまった。現場に着いたけど、俺は前の晩出かけた時と同じ服装。リアムは激怒してた。俺があいつより酔ってたのはこの時だけだ」──ノエル・ギャラガー(「ホワットエヴァー」コメンタリーより)

さらに、オアシスが初の英国チャート1位を獲得した曲「サム・マイト・セイ」に至っては、

「このビデオは他の作品の寄せ集めなんだ。リアムが撮影に来もしなかったのさ。俺たちは車でガソリンスタンドに向かった。朝の8時だぜ、まったく。すると「リアムは来ない」と言われたんだ。何だって?そう「リアムは来ない。なぜなら台本が気に入らない」と、初のナンバーワン・シングルなのにビデオがない。仕方なく他のビデオをかき集めて作り、後で出した」──ノエル・ギャラガー(「サム・マイト・セイ」コメンタリーより)

映像を見ているだけではわからない当時の知られざるエピソードが続々と登場するこのコメンタリー、どうにもこうにも面白すぎる。

初回限定盤は売切ゴメンの完全限定だ。このお宝をお見逃しなく。
posted by おっさn at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

『Be Here Now』に関するノエルコメントのNMEニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/51332

*******************************
Noel Gallagher: 'I wish I'd have made 'Be Here Now' shorter' - video
Former Oasis man berates long length of band's 1997 album
June 2, 2010

Noel Gallagher has admitted it was a mistake making Oasis' 1997 album 'Be Here Now' so long.

In a new video interview which you can watch on the right of your screen now, the guitarist says he was asked to edit the album down at the time, though he ignored all requests to do so.

"I can't listen to any of that album, it's too long," he explained, adding: "I wish I'd have exercised a bit more quality control on that and edited the songs down."

However, Gallagher went on to state that that period in Oasis' history was one of his most enjoyable.

"On the flip side of that…it was a fucking great time to be alive in that band. I'll tell you what man, it was the best time ever. Ever!"

Watch the video interview on your right now.

Oasis' singles compilation, 'Time Flies', is released on June 14.


--------------ー----------------
2010年6月5日 22:19追記
RO69
http://ro69.jp/news/detail/35566

*******************************
ノエル、『ビー・ヒア・ナウ』は長すぎたと語る


ノエル・ギャラガーは、『タイム・フライズ...1994-2009』用にアップし続けている動画インタビューのなかで、97年の『ビー・ヒア・ナウ』の内容が長すぎたことを認めている。

インタビューでノエルは、もうちょっと短く編集してほしいという要請もあったのだが、無視したと語っている。

「今となってはこのアルバム自体がもう聴けたもんじゃないよ、長すぎてさ」とノエルは説明している。「あの頃、もうちょっとクォリティ・コントロールをして曲を編集してまとめておきたかったなあと思うな」。

ただ、97年頃はオアシスの歴史の中でも最高に楽しい時期だったことをも語っている。

「その一方でね、あのバンドとしてやっていくことがもう最高に楽しい時期でもあったんだよ。ぶっちゃけね、あの頃ほど楽しかったことはもう二度となかったから。二度とね!」
posted by おっさn at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

New York Timesへのリアムコメントに関するNMEニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/51301

*****************************************
Liam Gallagher: 'Oasis split is the best thing ever'
Plus singer declares he only wants cool people to wear his Pretty Green clothes
June 1, 2010

Liam Gallagher has declared that Oasis' split is the "best thing that's ever happened", after realising it has given him more freedom.

The singer, who is currently promoting his Pretty Green clothing label in the US, told the New York Times he is now relishing his post-Oasis career after initally being "gutted"about the break-up.

"In hindsight it was the best thing that’s ever happened, because we're free to do whatever we want," said Gallagher, who confirmed in the interview he has not spoken to his brother and former bandmate Noel since the break-up last August.

Meanwhile, Gallagher, who recently announced his new band would be called Beady Eye, bemoaned the lack of snappy dressers around at the moment.

He said: "Not a lot of people look cool these days, like my cool. Everybody plays it down, don’t they?"

And he added that he only wanted those who were cool enough to wear his Pretty Green clothes.

"I don't want just anybody wearing it," said the singer. "And people go, 'Oh, beggars can't be choosers.' Well, I ain't a beggar, you know what I mean?"

Meanwhile, Pretty Green recently recruited Paul Weller to design clothes for the label.


-------------------------------------------------------
2010年6月3日 21:24追記
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2003177

****************************
Oasis リアム、オアシスの解散で自由を手に!
元オアシスのリアム・ギャラガーが、バンドの解散はすべてのメンバーにとって最善の結論だったと語った。

'09年8月にノエル・ギャラガーがオアシスを脱退した際の残りのメンバー全員(ベースのアンディ・ベル、ギターのゲム・アーチャー、ドラムのクリス・シャーロック)と共に、新バンド“Beady Eye(ビーディ・アイ)”を結成し、現在、デビュー・アルバムを制作中のリアム。

兄のノエルが抜けたことでオアシスは結局、解散となったが、リアムはこの件について、『ニューヨーク・タイムズ』紙のインタビューで「結果的には、これまでで一番良かった出来事だと思う。なんたって、自分たちのやりたいことが何でもできる自由を手に入れたわけだからな」とコメント。

一方、音楽活動と共に近年、力を入れている自身のファッション・ブランド、プリティ・グリーンについては「誰かれ構わず着てもらいたいとは思わない」と、リアムやオアシスのファンだからという理由で同ブランドの服をありがたく思われるのは本望ではないと主張。

また、「俺はヴィクトリア・ベッカムとは違う」とし、ファッション・ショーに参列して注目を集めるようなファッション・セレブになるつもりはないことをアピールした。
posted by おっさn at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

C&Aに関するノエルコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/51249
RO69
http://ro69.jp/news/detail/35267


NME
**************************************
Noel Gallagher: ''Cigarettes & Alcohol' is social commentary' – video
Plus watch the classic video for the 1994 track now
May 26, 2010

Noel Gallagher has spoken about his love for early Oasis single 'Cigarettes & Alcohol', describing the track as a "social comment".

In a new video interview that you can watch on the right of your screen now, Gallagher explains that the track, which is included on Oasis' new singles collection 'Time Flies... 1994-2009' (released June 14), is "a proper youth anthem".

He said: "Right up until the last gigs, that's when people go fucking apeshit, for that song. It mentions drugs and shagging birds, social comment, boozing and drinking and listening to tunes. You know, what more do you want?!"

Noel Gallagher recently explained the logic behind the 'Time Flies...' tracklisting, suggesting he wanted it to feel like a gig.

http://www.youtube.com/oasisinetofficial#p/a/u/0/s0f8SIAssEk

Watch the interview with Gallagher on the right of your screen now, plus watch the 1994 video for 'Cigarettes & Alcohol' below.


RO69
****************************************
ノエル、“シガレッツ・アンド・アルコール”は社会的なコメントだと語る

ノエル・ギャラガーはオアシス初期のシングル“シガレッツ・アンド・アルコール”について「社会的なコメントだ」として、自身のこの曲への思い入れを語っている。

6月9日リリースとなるオアシスのシングル・コンピ『タイム・フライズ...1994-2009』の収録曲についてノエルがコメントしていくという動画シリーズのうち、この“シガレッツ・アンド・アルコール”の分でノエルはこの曲が「れっきとしたユース・アンセム」だと語っている。

「本当に最後の頃のライブに至ってもなお、お客さんが一番アホになる瞬間、それがこの曲だよね。歌ってる内容は、ドラッグ、女の子とやること、社会的なコメント、酔っ払ったり、酒飲んだり、音楽聴いたり。これ以上になにが必要っていうんだよ?」

「社会的なコメント」というのはもちろん「自分でなにかを起こさなきゃもうだめなんだよ」というコーラスの歌詞のくだりのことだろう。

ノエルはこの一連の動画インタビューで『タイム・フライズ...1994-2009』の曲順についてライブのセットリストを考えるように練ったとも説明している。
posted by おっさn at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

『Time Flies』に関するノエルインタビュー

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=808
NME
http://www.nme.com/news/oasis/51177


オフィシャル
*************************************
TIME FLIES - EXCLUSIVE NOEL INTERVIEW CLIPS & COMPETITION!
21 May 2010

“We’re not arrogant, we just believe we’re the greatest band in the World.” (Noel Gallagher, 1995)

“The fact that we kept it together for so long is testament to our love of the music. It’s from the heart.” (Noel Gallagher, 2010)

Over the next couple of weeks Big Brother Recordings will be releasing a series of exclusive internet-only video interview clips with Noel Gallagher.

Speaking to veteran broadcaster Gary Crowley, Noel gives his take on writing and recording the tracks on the forthcoming singles collection 'Time Flies… 1994-2009', reminisces about career milestones such as the first time he heard Oasis on the radio, choosing the first Oasis single, fan and band favourites such as “lost single” 'Whatever' and much more.

There are a total of 23 clips featuring never-before-seen interview footage that will only be available to view online here at Oasisinet, the band's official YouTube channel and select partners. Each clip features Noel playing the raconteur and takes us on a charming, intimate and witty trip through the band's history.
http://www.youtube.com/oasisinetofficial#p/a/u/0/yFWkMbQ_aQ8

Today also marks the start of a new competition over at the Oasis Facebook page. We've made up a quiz to test your knowledge about the band's history and the prize is a pretty special one. The fan who wins the competition will receive 'Time Flies... 1994-2009' album artwork, we'll frame it for you... and if that wasn't enough, we'll get the guys to sign it and personalise it to you! Check it out HERE!

'Time Flies… 1994 - 2009' is out on June 14th on Big Brother Recordings on LTD CD/DVD BOX, DIGITAL, CD, LP and DVD.

Click HERE to pre-order your copy today!


NME
*****************************************
Noel Gallagher explains logic behind Oasis' 'Time Flies'' running order - video
Songwriter says he was going for the feel of a classic gig
May 21, 2010

Noel Gallagher has explained the reasons behind the running order of Oasis' forthcoming singles collection album 'Time Flies'.

In an exclusive new video interview about his time in the band - which you can view on the right of your screen now - the guitarist explained his choices.

"I tried to look at it like a gig – albeit a very fucking long one," he said. "'Supersonic' seems like a great opener, and 'Falling Down' seems like a great last song in the set."

Gallagher added: "You could do it chronologically, but then all the real iconic stuff is at the front."

A total of 23 new videos featuring Gallagher talking about the compilation will be released online in the coming weeks. See Oasisinet.com for more information.

'Time Flies' is released on June 14. The cover artwork is a shot of one of Oasis' Knebworth gigs in 1996.

The full tracklisting for 'Time Flies' is:

CD1:
'Supersonic'
'Roll With It'
'Live Forever'
'Wonderwall'
'Stop Crying Your Heart Out'
'Cigarettes & Alcohol'
'Songbird'
'Don’t Look Back In Anger'
'The Hindu Times'
'Stand By Me'
'Lord Don’t Slow Me Down'
'Shakermaker'
'All Around The World'

CD2:
'Some Might Say'
'The Importance of Being Idle'
'D'You Know What I Mean?'
'Lyla'
'Let There Be Love'
'Go Let It Out'
'Who Feels Love?'
'Little By Little'
'The Shock Of The Lightning'
'She Is Love'
'Whatever'
'I’m Outta Time'
'Falling Down' /'Sunday Morning Call' (secret track)


-----------------------------
2010年5月26日 22:04追記
RO69
http://ro69.jp/news/detail/35131

ノエル、『タイム・フライズ』の曲順のわけを明かす

ノエル・ギャラガーは近くリリースされるオアシスのシングル・コレクション『タイム・フライズ』の曲順について解説した。

自身とバンドについてNMEに語った動画インタビューのなかでどうやって曲を選んだのかをノエルは説明している。動画はこちらから(→http://www.nme.com/news/oasis/51177)

「俺としてはギグのように考えてみたんだよね。ものすごい長いライブっていう設定でね」とノエルは説明する。「すると“スーパーソニック”はものすごい盛り上がるオープナーだっていうね。で、“フォーリング・ダウン”なんかはラストを締めくくるのに最高な曲だっていう」

「年代順にやるのもひとつのやり方なんだろうけど、でも、そうすると象徴的なトラックがみんな前の方に固まっちゃうからね」

また、この先数週間にわたって、今回のコンピ盤収録曲についてノエルが語る動画が計23本オアシスのHP、Oasisinet.comやオアシスのYouTubeチャンネルなどで公開されることになる。
posted by おっさn at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

ノエルの選挙や子供の名前に関するコメントのニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/50953
RO69
http://ro69.jp/news/detail/34228
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2002835


NME
****************************
Noel Gallagher: 'I'm not voting for anyone in the general election'
But former Oasis man's heart may be swayed by Carlos Tevez
May 5, 2010

Noel Gallagher has said he's not going to vote for any political party in tomorrow's (May 6) general election.

However, the former Oasis guitarist/songwriter joked that if he was able to, he'd vote for Manchester City forward Carlos Tevez.

Scroll down now to watch video footage of Gallagher now.

In an interview with FA TV, Gallagher said: "Me and my missus were going on about [the election], and she's saying, 'Who you voting [for]?' And I said well 'I'm not voting for anyone. I'm just gonna take me voting card and I'm gonna put in massive letters "Tevez is god!"'"

Gallagher, who is a lifelong supporter of Manchester City, added that he's even thinking of naming his and partner Sara MacDonald's forthcoming baby after the Argentinean footballer.

"The new baby, if it's a boy – Sara doesn’t know this yet – its definitely [going to be called] Carlos. Yeah, without a doubt," he declared. "Or just Tevez. Tevez Gallagher. Carlito Gallagher. She doesn't know this, but I'll nip out to the Marylebone Registry Office while she's having a nap."

The guitarist also said that he's unlikely to go to this year's football World Cup, unless England "get to the semis" of the tournament.

"I was planning on going but I went and got my missus pregnant didn't I," he explained. "I should have knocked her up when I got back or something."

Gallagher recently revealed he was Italy's 'lucky mascot' at the last football World Cup.

Watch video footage of Gallagher's interview below.
http://www.thefa.com/video/England/Mens-Seniors/2010/Noel-Gallagher-FATV-Interview


RO69
**********************
ノエル、「6日の選挙では誰にも入れない」と語る

イギリスの5月6日(日本時間では5日夜半以降)に行われるイギリスの総選挙に関して元オアシスのノエル・ギャラガーは特にどの政党にも投票しないと語っている。

しかし、もし誰かに投票できるということなら、現在マンチェスター・シティのフォワードで、アルゼンチン代表のカルロス・テヴェスに投票したいとも語った。

イギリス・サッカー協会の動画サイトFATVに登場したノエルはこう語っている。「俺と奥さんとで選挙の話になって、奥さんに『あんたどうすんのよ?』って訊かれて、俺は誰にも投票しないって答えたんだ。ただ、投票券を持って、ものすごいデカい字で、『テベスは神だ!』って書き付けてやりたいけどな」。

生涯を通してマンチェスター・シティを応援し続けてきたというノエルはサラ・マクドナルドとの間に近く出産を予定している赤ちゃんにもテヴェスにちなんだ名前を考えているという。

「サラにもまだ話してないことなんだけど、今度の赤ちゃんが男の子だったらカルロスでいいんじゃないかと思ってるんだよ。間違いなくいいよね」と宣言している。「それともテヴェスだけでもいいかな。テベス・ギャラガー。カルリートス(テベスの愛称)・ギャラガーっていうのもいいかな。奥さんはまだ知らないけど、ぴゅって忍び出てメリルボーン登録事務所で手続きしちゃうから。奥さんが昼寝とかしてる間に」。

また、今年のワールド・カップに関しては、イングランドが準決勝に残らない限りは観戦に行かないだろうと話している。

「実際には行こうと思ってたんだけど、奥さん妊娠させちゃったから」とノエルは説明した。「どうせ妊娠させるんだったら、観に行ってからにするべきだったよな」。

また、前回のドイツ大会では優勝したイタリア代表のラッキー・マスコットは実は自分で、決勝の観戦では準決勝でドイツをイタリアが破った時に着ていた同じ服を絶対に着るようにとデルピエロから指示されたともノエルは最近公表している。


VIBE
******************************
Oasis ノエル、子供の名前をサッカー選手から拝借!?
元オアシスのノエル・ギャラガーが、まもなく生まれてくる我が子について語った。

パートナーのサラ・マクドナルドとの間の第二子が、9月に誕生予定のノエル。サッカー狂の彼だけに、子供の名前もそれにちなんだものに決めているという。ノエルは「新しく生まれてくる赤ん坊は、もし男の子なら、サラにもまだ知らせてないんだが、絶対に“カルロス”って名前にするつもりだ。ああ、間違いねえな。もしくは単に“テベス”でもいい」とコメント。彼が昔からひいきにしているマンチェスター・シティFCのフォワードで、“神の子”マラドーナから後継者として認められたアルゼンチン出身の名ストライカー、カルロス・アルベルト・テベスの名前をもらい受けることを宣言した。

また、5/6(木)に行なわれた英国総選挙でも、ノエルはテベスに投票するつもりだとジョークを飛ばした。なお、ノエルには前妻のメグ・マシューズとの間に子供が1人おり、彼にとっては次に生まれる子が3人目の子供となる。
posted by おっさn at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

リアムのシングルリリースに関するコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/50562
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/17618


NME
*****************************************************
Liam Gallagher's post-Oasis band planning October single and gigs
Singer planning to hit the road later in 2010
April 8, 2010

Liam Gallagher has said he is planning for his post-Oasis band to release their debut single this October - and play live shows around its release.

The frontman told Shortlist that the band, as-yet unnamed, are recording their album this month during a three-week stint and aim to finish it by June.

"The album is written," he said. "We're recording it in April for three weeks then we have a break, go back in for another four weeks and it'll be done by June. But it won't be coming out 'til next year. But we're pushing to have a single out in October – so hopefully do some gigs around then."

He added that the new material is "a lot more musical than Oasis". He also said that Oasis would "never" reform.

Gallagher's new band features his former bandmates Andy Bell, Gem Archer and Chris Sharrock.


MTV Japan
***********************************************
リアムの新バンド、10月にシングルをリリース

元オアシスのフロントマン、リアム・ギャラガーが、新バンドのデビュー・シングルを10月に発表する意向を明かした。

リアムはWEBサイト「Shortlist」に対し、新生バンドは今月に3週間費やしてアルバムをレコーディングし、6月までに完成させると語っている。

「アルバムの曲はもう書けているんだ。4月に3週間かけてレコーディングして、その後、休みを取ってから、さらに4週間を費やし、6月までに完成させる」とリアムは述べた。

「でも、来年まで発表はしねえんだ。だが、10月にシングルを1枚出す方向だよ。その頃にいくらかライブをやれるといいな」。

リアムいわく、新バンドの音源は「オアシスよりも遥かに音楽的」とのこと。元オアシスのアンディ・ベルとゲム・アーチャー、そしてクリス・シャーロックがメンバーだ。

一方で、6月にはオアシスのシングルを集めたコンピレーション・アルバム『Time Flies』のリリースが決定している。


--------------------------
2010年4月13日 6:01追記
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000060077

***********************************************
リアムのニュー・バンド、10月にデビュー「オアシスよりずっといい」

元オアシスのリアム・ギャラガーは、10月にニュー・バンドのシングルをリリース、その後、ツアーを行なう予定でいることを明らかにした。

Shortlist.comのインタヴューで、いつツアーをスタートするつもりなのか問われたリアムはこう答えた。「2010年の終わりのほうだな。曲は作った。4月に3週間レコーディングする。それから休みを取って、また4週間(スタジオに)戻る。6月までに完成するつもりだ。でも、2011年までは出さない。2010年はオアシスのが出るからな。でも、10月にシングルを出すよ。そのころ、ギグをやりたいって思っている」。

アルバムのインスピレーションを問われると、こう話した。「前と同じだ。どうしようもないミュージックを消し去っている。ほかのクソバンド見てるだけで、インスピレーションがわく。みんな、驚くぜ。オアシスよりずっといい」

また、べつのインタヴュー(live4ever.uk.com)で、現在、GORILLAZのツアーに参加しているジェフ・ウートンがベーシストとして正式に加入したことを認めている。元オアシスのアンディ・ベルはギターをプレイするようだ。バンドにはこのほか、ゲム・アーチャー(G)、クリス・シャーロック(Dr)、ジェイ・ダーリントン(Key)が参加しているとみられている。バンド名はまだ決まっていない。
posted by おっさn at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

新アルバムに関するリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/50406
RO69
http://ro69.jp/news/detail/32665
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2002349


NME
**********************************
Liam Gallagher: 'David Bowie and T.Rex have inspired my post-Oasis album'
Singer also explains his recent comments about U2 and Coldplay
March 27, 2010

Liam Gallagher has revealed that David Bowie and T.Rex have inspired his new post-Oasis album.

The singer told New York radio station RXP that his new group – featuring former bandmates Andy Bell, Gem Archer and Chris Sharrock – are aiming to head into the studio next month with a view to completing the record in June before releasing it next summer.

Watch the video below.

"Andy and Gem are on fire at the moment," he enthused. "There's a bit of T.Rex and Bowie on there, I’m telling you there's a good mix of psychedelia but there’s some good rock 'n' roll tunes on there [as well].

"We're going to record halfway through April, we've got three weeks to do some tunes and if it's all cool we'll go back in June and finish it off. I'd like to have a tune out in October and then put another one out after Christmas and then the album in the summer."

Although he has had several public digs at his brother Noel, who also had his first jovial pop at his younger sibling at his second Teenage Cancer Trust gig at the Royal Albert Hall last night (March 26), he did admit that the pair's new material will be "an exciting time for music".

"He'll go and do his thing and we'll go and do our thing and it'll be an exciting time for music not just in England but worldwide," he said.

But he still had the last word adding: "Noel's record will be good, and ours will be better."

The singer said that they still haven't spoken since Noel quit the band last August but he admitted that they "will at some point".

He also revealed that a new Oasis singles collection will be released in the near future, and he criticised the UK music scene.

"There's a few good bands but there's a lot of bands just making fast food music," he said. "It's not digesting well, they're not making albums. You hear a good tune on the radio and go out and buy the album and it's not all that."

Elsewhere in the interview, Liam explained his recent comments about U2 and Coldplay's dress sense, and he joked that they should go out and buy his own clothing range Pretty Green, which he is currently promoting in the US.

"I've met Bono before and he's a geezer, but someone asked me about fashion and you can see a lot of bands are styled like Coldplay.

"You know they don't buy their own clothes and you should, you should buy Pretty Green," he said before adding: "Coldplay are alright but they don’t do it for me that much, they're not rock 'n' roll enough man. They all live around the corner from me so I don’t want to say too much in case they come round and give me a paper cut."

http://www.youtube.com/watch?v=75ks49pyMnQ
http://www.youtube.com/watch?v=EfhfD_f8kzg
http://www.youtube.com/watch?v=o1qgHl-Top8


RO69
*************************************
リアム・ギャラガー「ニュー・アルバムにはTレックスとボウイの要素がある」

この夏リリース予定の新バンドでのデビュー・アルバムはデヴィッド・ボウイとTレックスから影響を受けている、とリアム・ギャラガーが語っている。

ニューヨークのラジオ局RXPに対し、リアムはアンディ・ベル、ゲム・アーチャー、クリス・シャーロックらと結成した新バンドは来月スタジオ入りし、6月までにはアルバムを完成させる予定だと話している。

「アンディとゲムは今夢中で作業してるよ」とリアムは言う。「アルバムにはTレックスとボウイの要素はいくらかある。いい感じにサイケデリアが混ぜ込まれているってことだけどな。でもよく出来たロックンロール・チューンもいくつか入っているよ」

「4月に途中までレコーディングするんだ。3週間で数曲やる。もしクールなものができれば、6月に(スタジオに)戻って完成させる。10月に1曲、クリスマスの後にもう1曲出したいね。アルバムは夏だな」

彼とノエルが別々に作品をリリースすることは音楽にとっていいことだとリアムは考えているそうだ。

「あいつはあいつのものを作り、俺たちは俺たちのものを作る。音楽にとってはエキサイティングな時期になるだろうよ。イングランドだけじゃなく、世界全体でな」と言うリアムだが、ノエルへの牽制も忘れない。「ノエルのレコードは良い(good)ものになるだろうが、俺たちのはもっと良い(better)ぜ」

リアムはこのインタビューでオアシスの新しいシングル・コレクションが近いうちにリリースされることも明かした。また、イギリスの音楽シーンのことをこう批判している。

「いいバンドも少しはいるが、ファースト・フード音楽を作っているだけのバンドもたくさんいる。そういうのはあまり消化がよくないんだ。奴らはアルバムを作っているわけじゃないからな。ラジオで良い曲だと思ってアルバムを買いに行っても、そんなに良くないのさ」

なおリアム・ギャラガーは3月26日、イギリスの音楽誌「Q」が実施した読者投票で「史上最高のフロントマン」に選出された。これを記念して、現在オアシスの英語版オフィシャル・サイトではリアムのサイン入りタンバリンが1名に当たるキャンペーンを実施中。サイトにユーザー登録することで応募が可能になる。下記「関連サイト」よりお進みください。


VIBE
************************************
Oasis オアシス後の新作はサイケ&ロックンロール!?
リアム・ギャラガーが、オアシス解散後初となるニュー・アルバムについて語った。

昨夏のノエル・ギャラガーの脱退劇を経て、オアシスのギタリストのゲム・アーチャー、ベーシストのアンディ・ベル、ドラマーのクリス・シャーロックと共に、新バンドを始動させたリアム。そんな彼らの新作は、デヴィッド・ボウイやT.レックスに影響を受けているという。

NYのラジオ局RXPのインタビューに応えたリアムは、新バンドおよびアルバムについて「アンディとゲムが今、ヤル気満々でさ。(新作には)T.レックスとかボウイの要素も入ってる。サイケデリックな曲もうまく絡めつつ、イカしたロックンロール・チューンも入れるつもりだ」とコメント。また、今後の活動スケジュールについては「4月半ばくらいにレコーディングして、3週間ほど曲を作って、うまくいけば6月にスタジオに戻って完成させるつもりだ。10月に1曲出して、クリスマス後に次の曲を出して、続いて夏にアルバムを出せたらいいなと思ってるよ」と明かした。

一方、兄のノエルもすでにソロ活動を始めているが、「ノエルの(ソロ・)アルバムもいいだろうけど、俺たちの方がもっと傑作だろうよ」とコメントしている。
posted by おっさn at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいベーシストなどに関するリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/50406
RO69
http://ro69.jp/news/detail/32749
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2002363


NME
***********************************
Liam Gallagher lays into Bombay Bicycle Club and Bloc Party
Plus singer reveals more about new bassist
March 30, 2010

Liam Gallagher has criticised the current British music scene - laying into bands including Bombay Bicycle Club and Bloc Party.

Despite Gallagher admitting to Live4ever.uk.com that he does not know that many new bands, he picked out a few of the acts he despises most. As well as Bloc Party and Bombay Bicycle Club, he also referenced "Fire Flies" (possibly meaning Friendly Fires) and "Arcade" (possibly meaning Arcade Fire).

"Do you want me to say I like Bloc Party?" Gallagher asked. "I don't even know who the new bands are. Do you want me to say I like Fire Flies? Or Arcade… or fuckin' Bombay Bicycle - they can fuck off with that name for a start!

He added: "I'm not gonna pick up Bombay Bicycle's record 'cause of the stupid fuckin' name they've got."

Meanwhile, Gallagher also gave more details about how he met his new bassist Jeff Wootton, who is currently on tour with Damon Albarn in Gorillaz.

He confirmed that the 24 year-old is part of his new band (alongside former Oasis members Gem Archer, Andy Bell and Chris Sharrock), but that the bassist will only play live for the time being.

"He's not going to be playing on their album. Just live. But we'll see how it goes, you know what I mean?" explained Gallagher. "Jeff's an ambitious kid. He's only 24 and he's a fully-fledged musician."


RO69
************************************
リアム・ギャラガー、「ファイアー・フライズ」、「アーケイド」を攻撃

リアム・ギャラガーがブロック・パーティーやボンベイ・バイシクル・クラブなどのイギリスの若手バンドをけなしている。

音楽サイトLive4everのインタビューで新しいバンドのことはあまり知らないと話しているリアムだが、いくつかのバンドの名前を挙げて攻撃した。上記の2組以外にも、「ファイアー・フライズ」(「蛍」の意味。フレンドリー・ファイアーズのことと思われる)と「アーケイド」(アーケイド・ファイアのことと思われる)も好きではないそうだ。

「俺にブロック・パーティーのことを好きだって言わせたいのか?」と最近のバンドのことを訊かれたリアムは答えている。「俺はどれが新しいバンドなのかさえ知らないんだ。ファイアー・フライズやらアーケイドやらのことも好きだって言わせたいのか? くそボンベイ・バイシクルもか? 奴らには名前からしてうんざりさせられるよ!」

「ボンベイ・バイシクルのレコードなんて手に取らないね。阿呆みたいな名前だからな」

また、このインタビューでリアムは新バンドでベースを担当することになったジェフ・ウートン(Jeff Wootton)についても語った。この人物はゴリラズのツアーにも参加することも決まっている(http://ro69.jp/news/detail/32595)。

「あいつは最高のミュージシャンだよ。奴ら(ゴリラズ)のアルバムではプレイしないがな。ライブだけさ。でもこの先どうなるか見てみるつもりだよ、俺の言いたいこと分かるだろ? ジェフは野心的なガキだ。まだ24なのに一人前のミュージシャンだからな。でもそのうち『聞いてくれよ、俺は自分の作品が作りたいんだ』とか言い出すかもな。でも俺たちにはベース・プレイヤーが必要だし、あいつはクールなんだ。ベースも弾ける」


VIBE
******************************
Oasis リアム、得意の毒舌で音楽シーンを斬る!
元オアシスのリアム・ギャラガーが、得意の辛口で現在の音楽シーンを一蹴した。

英サイト、Live4everのインタビューで、リアムは以前賞賛していたザ・ストロークスやブラック・レベル・モーターサイクル・クラブといった米国のバンドについて、「ああ、確かにヤツらは、まあ悪くはないさ。だが今は、マトモな曲を書いちゃいない。名曲ってものを書いてないだろ。ザ・ビートルズとか(ローリング・)ストーンズみたいに、時間が経っても忘れられることのない曲をさ」とバッサリ。

一方で、「それをやってた唯一のバンドが、俺たち(オアシス)だった。そして俺たち(リアムの新しいバンド)が、違った形でそれを今後も続けるのさ」と語った。

また、英国の音楽シーンについては「イングランドのシーンときたら、頼もしいヤツがひとりもいやしない。どいつもこいつも仕事人間になりやがって、ヒット作を1つ持ってるだけの、ファストフードみたいにつまらんヤツらばかりさ」と酷評。

目下、気になる新人バンドはいるかと訊かれると、「俺はくだらない弱小バンドを見るのに時間を費やすことはしない。そういう(新人バンドの)多くは、契約がうまくいくとなれば、人のケツだって舐めるだろうよ。今イングランドにいる、“ロック・スター”と呼ばれてるようなヤツらはみんな、そんなふうにいつでも変身できるのさ。吐き気がするね。今バンドをやってるヤツなんて、半分はそんなもんさ」と吐き捨てた。
posted by おっさn at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

ブリット・アワードでのスピーチに関するリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/50223
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000059318
RO69
http://ro69.jp/news/detail/32186
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/17484

NME
*********************************
iam Gallagher reveals why he snubbed Noel in Brits speech
Singer says he was 'only right to mention the other lads'
March 15, 2010

Liam Gallagher has explained why he snubbed his brother Noel while accepting Oasis' Brit Award for their '(What's The Story) Morning Glory?' album last month.

The singer namechecked all the members of the band who worked on the 1995 album apart from Noel when picking up the Best Album of 30 Years honour at the ceremony.

Now, speaking to blog Stopcryingyourheartout.com, Liam has claimed that he was trying to get his former bandmates more recognition by leaving out Noel, who wrote all the songs on the album, in his speech.

"I'm sick of it all being about me and Noel," he said. "The last couple of months has pretty much been all about me and him so I thought it was only right to mention the other lads who played on the album and the best fans in the world."

He went on to claim that by throwing the award trophy into the crowd following the speech he was simply trying to appease his fans. "I thought it was a nice gesture to give this to the fans," he said. "Obviously it was misinterpreted as per usual."

Liam, who is working on a new album with his ex-Oasis bandmates minus Noel, said the new set-up hadn't decided on their name yet.

He did say that he would consider working with Jay-Z, after the rapper said he would potentially like to hook up with the singer to work on new material. "If the tune's right and its not too far out of my comfort zone, then yeah, fucking right!" Gallagher declared.

Meanwhile, the singer also told Blackbookmag.com that his label, Pretty Green, has done a deal with Clarks to release a new range of shoes.


Barks
**********************************
リアム・ギャラガー、アワーズで兄ノエルの名を挙げなかった理由を語る

2月、ブリット・アワードのスピーチで兄ノエルの名を挙げなかったリアム・ギャラガーがその理由を語った。オアシスの『(What's The Story) Morning Glory?』が、アワーズ30周年を記念し設けられたスペシャル・アワード“BRITs Album of Thirty Years”部門を受賞。ステージに上がったリアムは「(同アルバム制作時にメンバーだった)ボーンヘッド、ギグジー、アラン・ホワイト、それに世界最強のファンに感謝したい」と述べたが、ノエルの名は出なかった。

オアシスのファン・サイトStopcryingyourheartout.comのインタヴューで、リアムはこう話している。「俺とノエルのことにはウンザリしてんだ。この数ヶ月、俺と奴のことばかりだろ。だから、アルバムでプレイしたほかの連中と世界で1番のファンのことを挙げるのは当然だと思ったんだ」

リアムはスピーチの後、もらったばかりのアワードを客席に放り投げているが、このことついては「ファンにやるのはいいジェスチャーだと思ったんだよ。でも、いつものごとく誤解されたけどな」と話している。

ニュー・バンドのアルバムが期待されるリアムだが、まずは自身のファッション・ブランドPretty Greenの新作コレクションを発表する。Prettygreen.comにて3月22日より発売される。同インタヴューでは、マンチェスター、ロンドン、グラスゴーに加え東京でフラグシップ・ショップをオープンすることを考えていると話している。

また同サイトによると、3月に行なわれる<Teenage Cancer Trust>コンサートでのノエルのパフォーマンスに元ストーン・ローゼズ、現プライマル・スクリームのマニがジョインするという。


RO69
********************************
リアム・ギャラガー、ブリット・アウォードでノエルを無視した理由を語るNME
リアム・ギャラガーが、2月16日に開催されたブリット・アウォードの授賞式で兄のノエルのことを無視した理由について語っている。

オアシスの2ndアルバム『モーニング・グローリー』が「過去30年間の最優秀英国アルバム賞」を受賞したこの日、リアムは受賞スピーチでファンとアルバム制作時のバンド・メンバーたちに感謝の言葉を述べたが、その中にノエルの名前はなかった(http://ro69.jp/news/detail/31122)。

リアムはオアシスのファン・サイトstopcryingyourheartout.comに対し、ノエルの名前を省いたのは他のメンバーたちのことを目立たせたかったからだと話している。

「何から何まで俺とノエルのことばかりってのにうんざりしてるんだよ」とリアムは言う。「この2、3ヶ月は特にそれがひどかったから、あのアルバムで演奏している他の奴らと世界中のファンたちのことに触れるのが一番いいと思ったのさ」

スピーチの後にトロフィーを客席に投げ込んだのはファン・サービスだったとリアムは続けて言う。「あれをファンたちに渡すのはいいジェスチャーだと思ったんだ。例によって誤解されたけどな」

また、ジェイ・Zは去年リアムと新曲でコラボしたいと発言していたが(http://ro69.jp/blog/kojima/26406)、これが本当に実現する可能性もあるそうだ。「もし曲が良くて俺の快適なゾーンからそんなに離れていないなら、ああ、やったっていいぜ!」とリアムは言う。

なおリアムはウェブサイトBlackBookに対し、自身のファッション・ブランド「プリティーグリーン」がすでにシューズ・ブランドのクラークスと契約を結んでおり、今後靴のシリーズを発売する計画があることを明かした。


MTV Japan
****************************************
リアム・ギャラガー、兄を無視した理由は?

先月開催された音楽授賞式ブリット・アワードにて、兄ノエル・ギャラガーを無視したことが話題になった元オアシスのシンガー、リアム・ギャラガーが、その真相を語った。

ノエルの脱退を受けて、昨年夏に解散を発表したオアシスは、今年のブリット・アワードにて、1995年に発表した『(What's the Story) Morning Glory?』が「過去30年間における最高のアルバム」に選ばれた。バンドを代表して登壇したリアムは、受賞スピーチでかつてのバンドメンバーたちに感謝の意を述べたが、兄ノエル・ギャラガーの名前は口にしなかった。

これについてリアムはWEBサイト「Stopcryingyourheartout.com」に対し、「俺とノエルばかりが話題になっているのにうんざりなんだ。ここ2ヶ月は俺と奴ばかりが話題になっていたから、あのアルバムで演奏した他の奴らや、世界一のファンたちに触れるのが正しいと思ったまでさ」と語っている。

授賞式では、リアムがスピーチの最後に客席にトロフィーを投げ入れたことも物議を醸したが、「あれをファンにあげることで、好意を示したつもりだった」とのこと。「明らかに、いつも通り誤解されたけどな」と加えた。

また、ノエル以外のオアシスのメンバーと結成する新バンドについては、「全て順調に進んでいる」とリアム。だが、バンド名や曲名など、詳細は明かさなかった。

一方で、ジェイ・Zがリアムとコラボレートしたがっているという報道に関しては、「もし曲が良くて、俺の安全地帯から遠く離れてなければ、ああ、やってやるよ!」とのこと。

しかし、ブラーのデーモン・アルバーン率いるゴリラズとのコラボレートを勧められると、「動物とは絶対に仕事をするな、と何度も言われてきたんだ。危険すぎるぜ」と一蹴している。
posted by おっさn at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

Oasisというバンド名は使わないというリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/49611

**********************
Liam Gallagher ditches Oasis name for his new group
'That was a shit name anyway' says Gallagher
February 6, 2010

Liam Gallagher has revealed that his post-Oasis group will have a new name.

In an interview, the frontman who expects to have a new album released by July, explained how he didn't like the Oasis name anyway.

"No, it's not Oasis, that was a shit name anyway," Gallagher told radio station XFM. "I'm glad to see the back of it."

As for the name of the new band, Liam remained tight-lipped on what the group is going to be called.

"There's a name that we're digging at the moment, but we're going to get on with the music and see how it goes."

Meanwhile, Liam's brother and former bandmate Noel Gallagher, is set to play his first post-Oasis gigs in March for the Teenage Cancer Trust.


---------------------------------------------------
2010年2月9日 6:17追記

MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/17245
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000058164


MTV Japan
*****************************************
リアム・ギャラガー、新しいバンド名は?

元オアシスのフロントマン、リアム・ギャラガーが、新しいバンドには新たな名前をつけるつもりだと明かした。

7月にアルバムをリリース予定のリアムは、ここへ来て、最初からオアシスというバンド名が気に入らなかったのだと毒を吐いている。英XFMラジオの取材に対し、「いいや、オアシスって名前にはしないよ。どっちにしろ、あれはクソみてえな名前だった。なくなってせいせいするよ」と答えた。

新バンドの名前については、「今の時点で、俺たちがはまっている名前があるんだが、まずは音楽を作って様子を見るとしよう」と語っているという。


Barks
*******************************************
リアム・ギャラガー「オアシスの名は使わない」

ノエル・ギャラガーを除いたメンバーで新作をレコーディング中のオアシスだが、リアム・ギャラガーはこのニュー・プロジェクトをオアシスと名乗るつもりがないことを明らかにした。彼はもともと、オアシスという名前が好きではなかったようだ。

リアムはXFMでこう話した。「いや、オアシスじゃない。どっちみち、あれはヒドイ名前だったからな。なくなって、せいせいしてる。いま、検討中のものがある。でも、音楽を作るのが先だ。どんなものができるかがな。もしそれまでにいいものが浮かばなかったら、いま考えているものでいくよ」

デモの制作が順調に進んでいる彼らは、4月にプロデューサーを迎えスタジオに入るそうだ。気になるプロデューサーだが、リアムはこう口を濁している。「いや、教えられない。うまく行かなかったらマズイからな」

もしうまく行った場合、6月か7月にはアルバムをリリースしたいと考えているそうだ。また「2010年ステージに上がる」予定も「間違いなく」あるという。

リアムは以前、このニュー・プロジェクトについて「オアシスよりいいものになると100万パーセント確信している」と自信満々の発言をしている。
posted by おっさn at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

7月までにアルバムを発売するというXFMに対するリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/49457

*********************
Liam Gallagher: 'My post-Oasis album will be out by July'
Plus singer regrets the band's 'poor' workrate
January 28, 2010

Liam Gallagher's new band are aiming to release an album by July.

The singer says that his new group – featuring former Oasis bandmates Andy Bell and Gem Archer – had eight songs, and are aiming to head into the studio soon.

"A lot of these songs I wrote before the band [Oasis] split up," Gallagher told XFM. "I mean, there's a few new ones on there that are coming out now."

He added: "We're going in [the studio] in April with a producer, we're going to do three songs with him and if he doesn't balls it up and we don't balls it up then we'll go in and do the whole album with him."

Gallagher suggested he was keen to get on with the new, still nameless group - saying he regretted the fact that Oasis only made seven albums in the 16 years they had a record deal. He called the amount of music Oasis' put out in their career "poor", and chastised the band for taking so long to produce new material.

"Seven albums for Oasis is not good, I don't think. We've been going 18 years, 16 years or whatever and all we've done is seven albums. Ian Brown's on his seventh solo album. I just think it's poor, really," Gallagher said.

"I'm not going to beat myself up about it, I think we should have made better, bigger albums. Or more albums. Having like four or five years off is just no good," he added. "Obviously Noel (Gallagher) wanted a bit of time off and we don't. The band split in August – we was in the studio in November 'cos we're mad for it."

Elsewhere in the interview, Gallagher said he wants to appear on 'I'm A Celebrity…Get Me Out Of Here or Total Wipeout – but only if no other contestants are involved.

"I'd like to do all that shit," he said, before adding that Total Wipeout is his favourite reality TV programme of the moment. "They do it in Argentina. I'd love to do it on my jaxy, with no one about."

----------------------------------------
2010年1月29日 20:04追記
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/5997.aspx

*********
リアム・ギャラガーの新バンド、4月にアルバム完成の予定

リアム・ギャラガーは、“ポスト・オアシス”の新バンドとしてのアルバムを、7月にリリースすると語った。

英ラジオ局XFMが報じたもので、リアムがオアシスのアンディ・ベル、ゲム・アーチャーらとともに結成したこの新バンドは、すでに8曲が仕上がっているという。「4月にはスタジオ入りして、プロデューサーとともに3曲をレコーディングして、アルバムを仕上げるつもりだ」とリアムは語っており、順調に進んでいる様子。「このアルバムに収録される曲のほとんどは、オアシスが解散する前に書いた曲だ。その後に書いたのは2〜3曲だけだよ」とのこと。

続けてリアムはオアシス時代を振り返り、約16年の活動期間中に7枚のアルバムしか出さなかったことを悔やんでいる。「オアシスがアルバムを7枚しか出さなかったっていうのはよくないよ。俺には考えられないね。18年だか16年だかやってきて7枚なんだぜ。イアン・ブラウンだってもう7枚目のアルバムだろう? お粗末なことだよ、まったく。そのことについて自分を責めるつもりはないけど、もっとよくできたもの、もっとビッグなアルバムを作るべきだったと思うね。あるいはもっとたくさんのアルバムを出すとかね。4〜5年も休みを取るのはいいことじゃないよ」と一気にまくし立てている。

そして最後に「ノエルは休みが欲しかったんだろう。でも俺はそうじゃなかった。バンドは(昨年の)8月に解散して、俺たちは11月にはスタジオに入っていた。俺たちはレコーディングしたくてしょうがなかったからだ」と語り、オアシス時代のアルバムが少なかったのはノエルのせいと言いたげ。解散しても兄への悪口は相変わらずといったところか。ともあれ今の彼は、ニュー・アルバムに向けて絶好調のようだ。


---------------------------------------------
2010年2月1日 5:23追記
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2001638
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000057820

VIBE
**************
Oasis リアム、新体制のもと7月にアルバムをリリース!?
リアム・ギャラガーが、同じくオアシスのメンバーだったアンディ・ベルおよびジェム・アーチャーらと制作しているというニュー・アルバムの進捗状況を明らかにした。

彼らはすでに8曲を完成させており、今年の7月にはアルバムをリリースしたいと考えているという。リアムはXfmに対し、「これらの曲は、オアシスが解散する前に作っていたんだ。4月にはプロデューサーと共にスタジオに入って、楽曲を練り直したりしようかと思ってる」と、今後の計画を明らかに。

一方で、オアシス時代を振り返り、「(オアシスの活動期間の中で)アルバムを7枚しか出さなかったのは十分じゃないね。俺たちは18年くらいやってきたのに、出したのはたった7枚だけ。実にお粗末だよ。自分をせきたてるつもりはないけど、もっと質のいい、壮大なスケールのアルバムを作るべきだと思ってる。もしくは、もっと多くの作品をさ。4、5年も休みを取るのは、いただけないな」と、この先、音楽活動をいっそう活発化させることを示唆している。

ちなみに、現時点では、リアム率いる新プロジェクトの正式名称は決まっていないようだ。


Barks
***********************
リアム・ギャラガー「オアシスはもっとアルバムを出しておくべきだった」

オアシスは1994年から2008年の14年間で7枚のアルバムをリリースしたが、リアム・ギャラガーはこの数を少なすぎると考えているそうだ。もっとアルバムをリリースしなかったことを、さり気なく兄ノエルのせいにしている。

リアムはXfmでこう話した。「アルバム7枚っていうのはよくない。18年かなんかやってて、俺らが作ったのは7枚だろ?お粗末だと思うね。そのことについて自分を責めるつもりはないよ。ただ、もっといいもの、もっとビッグなアルバムが作れたと思うね。それか、もっと多くをな。4年も5年も休むのはよくない」

「当然のこと、ノエルが休みを取りたがってた。俺らは違う。8月に解散して、俺らは11月にはスタジオに入っていた」

その彼ら、すなわちノエルをのぞくオアシスのメンバーが制作中のアルバムだが、7月にはリリースしたいと考えているそうだ。現在ある曲のほとんどは、オアシスが解散する前に書いた曲だという。
posted by おっさn at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

リアムのノエルに対するコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/48692


***********************************
Liam Gallagher: 'I don't wish Noel any bad, I love him to death'

Singer speaks out at the Manchester launch of his clothing line
December 2, 2009

Liam Gallagher has spoken about his love for brother and former Oasis bandmate Noel Gallagher.

Talking at the launch of his Pretty Green clothing line at the Manchester branch of Selfridges today (December 2), the singer revealed his feelings towards Noel, despite previously saying that he had no interest in speaking to him again.

"He's doing his thing, we're doing our thing, I wish him all the best," Liam told Sky News. "I don't wish him any bad, I'm his brother. I love him to death." However, he did warn Noel by saying, "Don't release [your album] the same day [as ours], 'cause we'll ave ya."

Asked whether he had a message to pass onto his brother, Liam cheekily said: "Good luck mate – see you in the next world. Don't be late!"

As previously reported, Liam said his new band "may still be called Oasis", but didn't rule out a new name.

"We're sorta going through the mill of getting a new name, nothing's sticking, so we've drawn the line on the names at the moment," he explained. "People are still gonna go, 'It's still Oasis, but it's not Oasis without Noel' – life's too short to be arsing about with what people think and that. We'll see what happens, we're concentrating on the music at the moment."

As well as promoting his new clothing line, Liam recently announced that his new band had "got a bit of studio time booked after Christmas".


------------------------------------------------
2009年12月6日 21:48追記
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000056055
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2001106

Barks
****************************
リアム・ギャラガー「ノエルを死ぬほど愛してる」

月曜日(11月30日)にロンドンで開かれたサイン会の際には「どうしようもねえニセモノになった」と兄ノエルに対し批判的な発言をしたリアム・ギャラガーだが、数日後にマンチェスターでのサイン会では一転、兄を「死ぬほど愛している」と語った。

リアムはこの日(12月2日)Sky Newsにこう話した。「あいつは自分のやりたいことをやっている。俺らは俺らのやりたいことをやっている。あいつの成功を祈ってるよ。悪いこと、願ってるわけじゃない。俺はあいつの弟だ。死ぬほど、愛している」

マンチェスターはギャラガー兄弟の出身地。その場に母親でもいたのだろうか?

リアムは2日前に行なわれた『Evening Standard』紙のインタヴューでは、ノエルが脱退した理由を「あいつはウンザリしてたんだ。で、新しいことを始めたくなったんだろ。嫌味ってわけじゃないが、あいつはどうしようもないニセモノになっちまったんだ」「18年もささげてきたっていうのに、さっさと見切りをつけて、ラッセル・ブランド(英のコメディアン)や新しい連中とつるみ始めた。これじゃあケヴィン・キーガン(元マンチェスター・シティの監督)だろ」と話していた。

またこのインタヴューで、ノエルがロンドのデパートへリアムのファッション・ブランドPretty Greenのコレクションをチェックしに来たとも明かしている。「わざわざここに来たって聞いたよ。(店員の)誰かが奴をつかまえて“何かお探しですか?”って言ったらしい。そしたら、あいつは嫌そうな顔して立ち去ったんだってよ」

コレクションの発表にともない、兄ノエルやこの先の活動に対し言及することが増えたリアム。一方のノエルは何を言われようとも、沈黙を守っている。


VIBE
******************************
Oasis リアム、「それでもやっぱりノエルが好き」!?
8月末に派手な兄弟ゲンカの末、オアシスを脱退したノエル・ギャラガー。

そんな兄に対し、弟リアム・ギャラガーは先ごろ「俺にとっては(ノエルの脱退は)大したことじゃなかった」とうそぶき、さらに脱退後はろくな活動もせず遊びほうけているノエルを「つまんねえニセモノに成り下がった」と蔑んだばかり。しかし、その舌の根も乾かないうちに、今度はノエルへの兄弟愛をとくとくと語った。

12/2(水)、故郷でもあるマンチェスター市内のデパート、セルフリッジにて行なわれた、自身のファッション・ブランド、プリティーグリーンの出店パーティの席で、リアムは兄への不滅の愛を告白。

「(ノエルは)自分のことをやって、俺たちは俺たちのことをやってるってだけさ。ヤツがうまくいくよう、俺も祈ってる。ヤツの不幸なんて願っちゃいないさ。俺は弟だぜ。兄貴のことは死ぬほど愛してるよ」と一転して兄への思いやりをみせつけた。
posted by おっさn at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

リアムのアルバムをOASISとして出すかもしれないコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/48660

バンド名はどうなるかと思ってたが、個人的にはOASISは使って欲しくないなぁ。
まぁ戻りやすい環境という考え方もできるんだろうけど、、

しかし、ライブではノエルの書いた曲は演らないって書いてるしなぁ、、


***************************
Liam Gallagher: 'My new band may still be named Oasis'
Plus singer says he'll 'always be busy' if Noel calls
December 1, 2009

Liam Gallagher has said that the band he is set to record new material with may still release their album next year under the Oasis name.

The singer said he was "halfway there" in terms of early work on the album with bandmates Gem Archer and Andy Bell, who were also his bandmates in Oasis prior to the departure of his guitarist and chief songwriter Noel Gallagher in August. He also said they had studio time booked for early 2010.

"We're halfway there. We've got all the songs done," he told the Evening Standard. "We've got a bit of studio time booked after Christmas and we're going to get in there, do it quick, with no stewing on it."

Speaking about the name the outfit would adopt, he said: "We're not using it [the Oasis name] at the moment, but if we don't come up with something else by the time we're ready to release the album it'll be Oasis. I'm not going to call myself something ridiculous just for the sake of it."

Liam went on to explain that the band wouldn't play any songs written by Noel when they play live, and that he wasn't even receptive to the idea of speaking to his older brother again.

He stated: "I'm sure he thinks [of Liam], 'I'll do my solo career and if it doesn't fucking pan out the way it's expected I'll give our kid [Noel] a ring because he'll be desperate and he'll do anything for Oasis.'

"Well, I'll say this right now: he's got another fucking thing coming. If he thinks he can ring me up at any given stage in his fucking lifetime, I'll be busy. I'll always be busy when he rings me up."

As well as outlining his album plan Liam recently announced his wish to play live again within "a couple of months".


-------------------------------------------------
2009年12月3日 5:45追記
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/5277.aspx
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16794
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000055975
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2001084

MySpace
****************************
リアム・ギャラガーの新バンド、“オアシス”を名乗る?

リアム・ギャラガーは、来年早々からスタートさせる予定の新バンドの名前について、今度もまた“オアシス”を名乗るかもしれない、と語っている。

リアムはオアシスが事実上消滅した後、オアシスのメンバーだったアンディ・ベル、ゲム・アーチャー、それにサポートで参加していたザック・スターキーとともに、新バンドを結成。今回、英ニュース・サイト『Evening Standard』が報じたところによると、リアムは「俺たちは今レコーディングに向かっているところで、すでにすべての曲ができあがっているよ。クリスマス以降、ほんの少しの時間スタジオを予約してあるから、そこで煮詰まらない程度に素早く仕上げるつもりだ」と語っており、作業は順調のようだ。

そしてその新バンド名について聞かれると「俺たちは今、その名前(オアシス)を使ってはいない。しかし、このアルバムがリリースされるまでに他の名前を思いつかなかったら、それはオアシスになるだろうね。俺自身、なにかおかしな名前を付けるつもりもないからな」とのことで、つまりはノエル抜きでも“オアシス”を名乗る可能性があるという。

しかしリアムは、このバンドでライヴをやる時にノエルが作った曲はいっさい演奏せず、またノエルとは二度と話すことはない、と語っている。「ノエルは“ソロ活動で結果が出なかったら、破れかぶれになってリアムに電話するかもしれない、オアシスのためならなんでもする”って考えているだろうね。そう確信しているよ。その時に俺は“俺には別の、もっとすごいものがあるんだ”って言うだろう。ヤツのクソッタレな人生の中で、俺に電話してくる時があっても、その時に俺はいつも忙しいだろうよ」とのことで、なんともキツ〜イお言葉。

それにしてもリアムの新バンドが“オアシス”を名乗るとなると、なにかと波紋を呼びそうだが…。沈黙を守るノエルは、この発言をどう聞いたか?


MTV Japan
**************************
リアム・ギャラガー、新バンド名も“オアシス”?

先日オアシスの解散を発表したリアム・ギャラガーが、来年にアルバムを発表予定の新バンドについて、オアシスという名前になるかもしれないと語っている。

8月にリアムの兄ノエル・ギャラガーが脱退し、解散に追い込まれたオアシス。リアムは現在、残りのメンバーであるゲム・アーチャーとアンディー・ベルと共に新たなバンドとしての新作を準備中で、2010年初頭にはスタジオ入りする予定だ。

リアムは英「イヴニング・スタンダード」紙に、「(アルバムの準備)作業は半分まで進んだ。全曲を書き終えたよ。クリスマスのあとにスタジオを押さえてあるんだ。スタジオ入りして、素早く、煮詰まることなく完成させる」と伝えている。

新バンドの名前については、「今のところは(オアシスという名前は)使っていないけど、アルバムのリリースまでに他の名前が間に合わなかったら、オアシスにするよ。ただ名前が必要だからと、何か馬鹿げた呼び名を使うことはしたくねえからな」と説明している。

決別した兄については、「きっと奴は、"ソロのキャリアを始めて、もし期待通りに進まなかったら、うちのガキに電話してやろう。あいつは絶望的で、オアシスのためなら何でもやるだろうからな"と思っているんだろう」と述べ、「でも、今のうちに言っておくよ。もしあいつが人生のいかなるときに電話してきても、俺は忙しいんだ。あいつが電話してくるときは、俺はいつでも忙しくしているのさ」と毒づいた。


Barks
********************************
リアム・ギャラガーのニュー・バンド、「オアシスと名乗るかも」

リアム・ギャラガーが、元オアシスのバンド・メイト、ゲム・アーチャー(G)、アンディ・ベル(B)と共にスタートしたニュー・プロジェクトについて語った。2010年夏にアルバムをリリース予定だが、もしそれまでにいいバンド名が思い浮かばなければ、オアシスを名乗ることもあり得るという。

リアムは『Evening Standard』紙にこう話した。「いま、その名前は使ってない。でも、アルバム・リリースの準備ができるころまでに何も思いつかなかったら、オアシスになるだろう。そのためだけに、へんてこな名前をつけるつもりはない。いま、いろんな名前をトライしてるとこだが、ピンとくるものがない」

アルバムの制作は「半分まできている」という。「曲は全部、出来た。全部、ノエルなしでだ。俺とアンディとゲムでやっている」「クリスマス後にスタジオを押さえている。素早く演っちまうつもりだ。悩むことはない。自信があるんだ」

ノエル抜きとあり、オアシス・ファンの間では賛否両論が上がっているが、リアムはそれを承知の上こう続けた。「もちろん、ノエルがいないんだから、違うものになる。ノエルのファンはバカにするだろうよ。でも、俺らの音楽が好きじゃないんなら、買うな。ギグに来るな。“Don't Look Back In Anger”を聴くことはないからな。でも俺は、ネブワース(での公演。1996年)に来てくれた25万人はノエルだけを見に来たわけじゃないって思いたいよ」

アルバムは2010年7月のリリースを予定しているという。

リアムはインタヴューが行なわれた日(11月30日)、ロンドンのデパートSelfridgesにて、自身のファッション・ブランドPretty Greenの製品を購入した人向けにサイン会を開いた。水曜日(12月2日)にはマンチェスターのSelfridgesにて同様のサイン会を行なう。


VIBE
**************************
Oasis リアム、ノエルは今や「つまんねえニセモノ」
オアシスのリアム・ギャラガーが、8月末にバンドを脱退した兄ノエルについて語った。

状況に「耐えがたく」なったとして、「新たな活動の場を求める」べくバンドを去ったノエル。そんな兄を、リアムは「18年間もこのバンドにすべてを捧げておきながら、あっさり手を引いて(コメディアンで親友の)ラッセル・ブランドや新しい仲間たちと出歩くようになるとはね。それじゃキーガンと同じじゃないか」と、地元サッカー・クラブのマンチェスター・シティをプレミアリーグ昇格へと導きながら、全盛期の'05年にチームを辞めてしまったケヴィン・キーガン監督を引き合いに出して非難。

一方で、ノエルの脱退は「俺にとっては大したことじゃなかった。自分の足の爪のほうが、俺にしてみたらよっぽど大きなトピックだね」と強気の発言も。

「アイツはとにかく出ていきたかっただけなんだよ。こういう内輪モメにウンザリして、新しいことをやりたくなったってわけさ。イヤミじゃないぜ。ただ、つまんねえニセモノに成り下がったなと思ってさ」と斬り捨てた。

なお、ノエルはしばらくオフをとった後、ソロ・アルバムの制作に取り掛かるものとみられている。一方のリアムは、オアシスの残りのメンバーたちとニュー・アルバムをレコーディング中だ。
posted by おっさn at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

新曲には自信があり、来年7月にはアルバムを、というリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/48451

Oasisじゃないってゆってるが、新しいバンド名があるんだろうか?

*****************************
Ex-Oasis Liam Gallagher reveals solo album plan - video
Singer says he's a 'million percent confident' his songs are better than Oasis
November 18, 2009

Liam Gallagher has revealed plans to start recording his first solo album in the New Year.

The ex-Oasis frontman said he has been demoing a host of new tracks with fellow ex-Oasis members Gem Archer, Andy Bell and Zak Starkey in a new MTV Italy video interview. Watch it by clicking below.

Gallagher said he was a "million per cent" confident the new songs were better than anything his former band have done.

"We've been demoing some songs that we've had on the quiet," he said. "After Christmas we might go in the studio and record it and hopefully have an album out in July.

"We'll do it in a different kind of way now. I'll try and reconnect with a new band, new songs and I'm feeling confident about the songs. I'm feeling a million per cent confident that they could be better than Oasis."

The singer also admitted that he still thinks a lot of his brother Noel, and said he was sad to see his old band split.

"I love him [Noel] to bits but we just don't get on," he explained. "Me and our kid have never been that close anyway. Alright, we were in the band but we kept ourselves to each other, he'd do his thing and I'd do my thing, I've got my friends, he's got his friends.

"We'd only sort of hang out when we were on tour. We didn't have a solid relationship, but we both thought Oasis was great."

Gallagher also said he is continuing to promote his clothing range Pretty Green, with a view to opening a store in the UK next year.

"Music is where it's at," he added. "Music is first, clothes are second. If it all goes well hopefully we can maybe get a shop in London. If it goes really well we'll get a shop in Italy. I want it to be all over the world."

Gallagher's comments come just days after he said he will play his first solo gig in a couple of months.

MTV Italyインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=2zXeGtGmU7A


------------------------------------
2009年11月20日 5:54追記
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/5151.aspx
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2001000

MySpace
***********************************
リアム・ギャラガー、来年7月にアルバムを出す?

リアム・ギャラガーは、先日オアシスのノエル以外のメンバーとともに新バンドを結成すると語ったが、そのバンドのアルバムを来年早々から開始するという。リアム自身がMTVイタリアのビデオ・インタヴューで語っている。

インタヴューによれば、リアムは元オアシスのゲム・アーチャー、アンディ・ベル、それにサポート・ドラマーとしてオアシスに参加していたザック・スターキーという顔ぶれで、すでに新曲のデモにとりかかっているという。リアムはこれらの曲がかつてのオアシスの曲よりも「100万%」いいものになる、と確信しているそうだ。

「まわりには何も言わないで、新曲のデモをいくつか作っていたんだ。クリスマスの後にはスタジオ入りして、レコーディングすることになるよ。できれば7月にはアルバムを出したいね。レコーディングはこれまでと違った方法でやることになるよ。このニュー・バンドと新曲に集中したいし、自信もある。オアシスよりも100万%いいものになると確信しているよ」とリアムは語っている。

また彼は、今も兄ノエルのことをたびたび思い出すそうで、終焉してしまったオアシスのことを思うと寂しくなるらしい。「彼のことはとても好きなんだ。でもうまくいかなかった。同じバンドにいたけど、それぞれのことをするだけで交わることがなかったんだ。彼は彼のことをやって、俺は俺のことをやった。俺には俺の友達がいて、彼には彼の友達がいたってことさ。せいぜい、ツアーの時にちょっと一緒にブラついたりするくらいでね。俺たちの間にしっかりした関係というものはなかった。でもお互いにオアシスのことは偉大だと思っていたよ」とのこと。

さらにリアムは今年、自身のファッション・ブランド=プリティー・グリーンを立ち上げているが、それについては「大事なのは音楽だ。音楽が一番で、服は二番目だ。もしすべてがうまくいったら、ロンドンで店が持てるかもしれないけどね。さらに本当にうまくいったら、イタリアにも店が持てるかもしれない。世界中に展開していきたいと思っているよ」と語っている。


VIBE
***********************
Oasis リアム、ソロ・アルバムに自信満々!
オアシスのリアム・ギャラガーが、新年早々ソロ・デビュー・アルバムのレコーディングを開始するつもりでいることを明らかにした。

8月末に兄のノエルがオアシスを脱退して以来、活動休止状態となっていた彼らだが、このたびリアムがMTVイタリアのインタビューで、ゲム・アーチャー、アンディ・ベル、ザック・スターキーといったオアシスの残りのメンバーと共に、新曲を準備中であることを告白。

「何曲かデモを録っているところなんだ。こっそりとな。クリスマスを過ぎたら、スタジオに入ってそれらをレコーディングするかもね。できれば7月にはアルバムを出したいと思ってるんだ」と明かした。

また、新作については「(これまでとは)違ったやり方で作るつもりだ。新しいバンドと再結合して、まったく新しい曲をやろうと思っている。今回の新曲には自信があるぜ。オアシスよりもいい作品になりそうだっていう100万パーセントの自信がね」と鼻息も荒く語っている。
posted by おっさn at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

数ヵ月後にはギグの予定、そして仲違いについてのリアムコメ

NME
http://www.nme.com/news/oasis/48361

*******************************
Liam Gallagher: 'I'll play my first post-Oasis gigs in a couple of months'
Singer also confirms new band details
November 13, 2009

Gallagher has vowed to play his first solo gigs "in a couple of months'" time.

The former Oasis frontman made the admission during a radio interview with Italian station Radio Deejay this morning (November 13). During the interview, he also gave more details about what caused Oasis to split.

Asked by presenters whether he was missing touring since the band split in September, Gallagher responded: "I'll be back doing that [playing live] within a couple of months. I've just done a tour, I always miss singing songs. I miss the people."

He added that he isn't keen on playing smaller venues for the gigs, before confirming that he's currently writing new material with his former Oasis bandmates, minus brother Noel.

"We're sort of doing things at the moment. Not Oasis, Oasis is done. Everyone except for Noel," Gallagher explained.

Talking about Oasis's split, Gallagher said he thinks his brother had wanted to leave the band for some time.

"To be quite honest, I think our kid [Noel Gallagher] wanted out. But you'll have to ask him when he comes in and does his little solo thing. We had an argument – but we've had bigger ones, about more important people. Basically, I think he wanted out, wanted something different, but he hadn’t got the bollocks to tell the band or the fans."

The singer also went into specifics about the argument that lead to Noel Gallagher announcing he was leaving Oasis in August, confirming that both brothers had smashed each other's guitars.

"I didn't smash it [the guitar] on him, I wish I had, man. He sort of… treated my guitar poorly, which was a present off my wife," he said. "So I thought it was only fair to pay the compliment [back] so I smashed one of his," Gallagher explained, adding: "It sounds ridiculous, like a pair of old women."

However, the frontman added that he regrets smashing Noel Gallagher's guitar, as it was Oasis' property.

"That guitar of mine was mine. The guitar that I smashed of Noel's was Oasis' guitar. Part of the thing that I pay for. So I shouldn't have smashed it really!"


-----------------------------------------------------
2009年11月17日 5:57追記
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16690
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000055392

MTV Japan
**************************************************
リアム・ギャラガー、2ヶ月以内に再始動

13日、元オアシスのフロントマン、リアム・ギャラガーがイタリアのラジオ番組に出演し、2ヶ月以内にソロ・ライブを行う予定だと明かした。

英「NME」誌によると、9月の解散後、ツアーがなくて寂しいかと訊ねられたリアムは、「2ヶ月以内にまた(ライブを)やるから。ツアーはやったばかりだが、いつも歌を歌いたいんだ。人が恋しいね」と答えたという。

リアムは現在、ノエル以外のオアシスのメンバーと共に曲作りをしているとのこと。「今はいろいろやっているんだ。オアシスではないよ、オアシスは終わりさ。ノエル以外のみんなでね」と説明している。

オアシスの解散については、「正直言って、うちのガキ(ノエル)は辞めたかったんだと思う」とリアムは解説した。

「でも、あいつがちょこちょこソロでやりに来るときに、本人に訊いたほうがいいよ。俺たちは言い争いになってさ。でも過去には、もっと大事な人たちについて、もっと大きなケンカをしたこともあるんだぜ。つまり、あいつは辞めて他のことをやりたかったんだけど、バンドやファンに言えるだけのタマがなかったってことさ」。

ノエルが脱退するきっかけとなった8月のケンカでは、兄弟が互いのギターを壊しあったそうだ。

「あいつに向かってギターを叩き壊したわけじゃねえんだ。そうすればよかったよな。あいつは俺のギターを粗末に扱いやがった。あれは妻からのプレゼントだったんだ」とリアム。「だから挨拶を返すのが公平だと思って、あいつのギターを叩き壊してやった。アホみてえだろ?オバさんのケンカみたいだよな」。

しかし、リアムはギター選びを間違えたようだ。彼が壊したギターは、オアシスの資産だったという。

「俺のギターは俺のものだった。だが俺が壊したノエルのギターは、オアシスのギターだった。俺も金を出しているものだよ。やっちまったな!」


Barks
*********************************************
リアム・ギャラガー「数ヶ月以内にギグをやる」
リアム・ギャラガーは、兄ノエルを除くオアシスの元メンバーと曲を制作中で、数ヶ月以内にギグをやりたいと考えているそうだ。イタリアのラジオ局Radio Deejeyのインタヴューで明かした。

まず、ノエルにギターを投げつけたというのは本当かと問われたリアムはこう話している。「あいつにギターは投げつけてない。そうしときゃよかったけどな。あいつが俺のギターを荒っぽく扱ったんだ。カミさんからもらったやつをな。だから、お返ししてやってもいいと思って、あいつのギターを叩き壊してやった。バカみたいだろ。オバサン2人(のケンカ)みたいで」

リアムはさらにこう付け加えている。「言っとくけど、俺のギターは俺のもんだ。でも俺が壊したノエルのギターはオアシスのもんだった。俺が金を払ったんだ。シンガーだから、みんな、マイクとタンバリンしか俺のもんじゃないって思ってるだろうけど…。だから、本当は壊すべきじゃなかったよ(笑)」

そして、ソロでパフォーマンスする予定はあるかと問われると「数ヶ月以内にやるつもりだ」と答え、いま曲を書いているのかとの質問に「俺ら、いまその最中だ」と話した。ここで「俺ら」と言及したため、「オアシスという意味か?」と訊かれると「オアシスじゃない。オアシスは終わった。ノエル以外の奴らだ」と話したため、オアシスの残りのメンバー、ゲム・アーチャー(G)、アンディ・ベル(B)と活動を共にしているのではないかとみられている。

ニュー・プロジェクトがどういうもので、どういう形でギグを行なうのかは不明なものの、「クラブなど小さな会場で?」との質問には「Nah(ノー)」と答えている。

リアムは先週(11月7日)ロンドンで、自身のファッション・ブランドPretty Greenの打ち上げパーティーを開催。ザ・ヴァーヴのリチャード・アシュクロフト、カサビアン、プロディジーのメンバーらが出席している。


------------------------------
2009年11月18日 5:51追記
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/5111.aspx
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2000963
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000055430

posted by おっさn at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ソロを楽しみにしているというノエルのコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/48012


******************************
Noel Gallagher confirms solo career plan
Ex-Oasis man 'looking forward' to getting new music out
October 23, 2009

Noel Gallagher has confirmed that he plans to embark on a solo career following the break-up of Oasis in August.

The guitarist told the Daily Mirror that he was looking forward to releasing music of his own now he was free of the band's shackles.

"I'm looking forward to doing my own thing, bringing out my own music," he said. "I'm glad that's what people want to hear. I am not thinking about much else, Oasis or Liam, I'm just having a good time."

Liam Gallagher recently said that he too would continue to make music, but not under the Oasis guise, as had previously been rumoured.


--------------------------------
2009年10月27日 5:38追記
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000054513
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16520

Barks
*************************
ノエル・ギャラガー「楽しい時間を過ごしてる」
短いコメントではあるが、ノエル・ギャラガーがオアシス脱退後、初めて近況を語るコメントを発した。

ソーホーにあるレストラン/クラブChinawhiteの新装オープニング・セレモニーに現れたノエルは『Daily Mirror』紙にこう話したという。「いい時間を過ごしてるよ。それにファンからのサポートも素晴らしい。自分の好きなことをやる、俺自身のミュージックを発表するってことを楽しみにしている。みんなが聴きたいって思っているっていうのも嬉しい。それ以外のこと、オアシスやリアムのことはあまり考えてない。ただ楽しい時間を過ごしている」

オアシスを脱退して以来、公けの場にノエルが姿を現したのはこの日が初めてだといわれている。セレモニーには彼のほか、ロイヤル・ファミリーのベアトリス王女、元ロン・ウッドの奥さんジョー、ナタリー・インブルーリアも出席していたそうだ。

オアシス時代から曲は書き溜めていると話していたノエル。ソロ・アルバムなりプロジェクトが発表されるのもそう遠い日ではないかもしれない。


MTV Japan
**************************
ノエル・ギャラガー、ソロ活動計画を認める
月にオアシスからの脱退を発表したノエル・ギャラガーが、ソロ活動を開始する計画を認めた。英「デイリー・ミラー」紙に対し、バンドの制約から逃れた今、自分の好きな音楽を発表することを楽しみにしていると語ったという。

「自分の好きなことをやるのが楽しみだよ。自分らしい音楽を発表するのがね」とノエルは述べた。

「みんなが聴きたいと思ってくれて嬉しいよ。今はオアシスについてもリアムについても、他のことについては考えていないんだ。楽しい日々を過ごしているよ」。

一方のリアムは先日、音楽は続けるものの、オアシスとしての活動は行わないと語っていた。


----------------------------------------
2009年10月28日 5:54追記
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4839.aspx

***********************
ノエル・ギャラガー「ソロとしてやっていきたい」

ノエル・ギャラガーは、オアシス脱退表明以降沈黙を守っていたが、初めて近況を語るコメントを出した。英タブロイド紙『Daily Mirror』が報じている。

ノエルはソーホーにあるレストラン“Chinawhite”の新装オープニング・セレモニーに現れ、その際にこう語っている。「今はいい時間を過ごしているし、ファンからのサポートも素晴らしい。俺は自分自身のことをやっていきたいし、俺自身の音楽を発表していきたい。それをみんなが聴きたいって言ってくれるのもうれしいことだ」とのこと。オアシス在籍時もソロ活動への意欲を語っていたノエルだが、脱退してその思いがいっそう強まっているようだ。

またオアシスや弟リアム・ギャラガーについて聞かれると「自分以外のこと、オアシスやリアムのことはあまり考えていない。今はただ、単にいい時間を過ごしているというだけだ」と答えるにとどまっている。

リアムの方も先日、今後のソロ活動を匂わせることを言っていただけに、ギャラガー兄弟はともにソロへの道を進んでいくことが濃厚になった。オアシスとしては正式な解散宣言を未だにしておらず、リアムなどはオアシス復活の可能性がゼロではない旨の発言をしているが、現状では事実上の解散状態といえそうだ。
posted by おっさn at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ノエルの脱退とファッションについてリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47788


*******************
Liam Gallagher: 'I'm gutted about Oasis' split'
He also takes a swipe at Noel Gallagher for dressing 'like Liz Hurley's son'
October 12, 2009

Liam Gallagher has spoken again about Oasis splitting up, admitting he's "gutted" the band have come to an end.

Last week, the singer said that "Oasis is no longer" , after Noel Gallagher quit the band in August, and has now told the Daily Mail that he still can't bear to to speak about the split in-depth.

"It's only just been a month and I have to sit down and work it out because as far as I'm concerned my comments would be on my musical headstone," Gallagher said.

He added: "But I'm gutted. I love being in Oasis. When I'm ready, you will hear my side of the story."

In the interview – which saw Gallagher speaking about his clothing label Pretty Green – he also takes a swipe at Noel Gallagher's fashion sense.

"He dresses like Liz Hurley's son," Gallagher said. "He's on the posh vibe. Loves a cardigan and all that. He had some of the Pretty Green gear when we were almost on speaking terms, but I don't think he's happy about it. A few of my mates were backstage wearing it and he was like 'Why are you wearing that?' And my mates were like 'Cos you bloody can't'. What does he know anyway? His fashion sense is massively overrated."

Gallagher went on to reveal that he has given up drugs in order to become a better father.

He said: "I've knocked all that [drug use] on the head since last November. I'll have a drink now and again. But not for the time being – I'm having a rest.

"You must remember, though, that I've caned it for 20 years and not just on the sauce but with all sorts. I've had a great time and now I'm having a break. It doesn't work with kids, man. You wake up the next day after a session and you're looking for bits of your kids' homework and football boots. You're all over the place – it's rubbish."


-------------------------
2009年10月14日 5:24追記
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16442
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000054021


MTV Japan
*********************************************
リアム・ギャラガー、オアシスの解散にがっかり

8月に兄のノエル・ギャラガーが脱退を発表したことについて、先週英「ザ・タイムズ」紙に対し、「オアシスは終わった」と発言したリアム・ギャラガー。今度は英「デイリー・メール」紙に対し、いまだに解散を語ることがつらいと心境を明かした。

「まだ1ヶ月しか経っていないし、ゆっくり落ち着いて整理する必要があるんだ。俺に言わせれば、俺のコメントは自分の音楽的墓石になってしまいかねないからね」とリアムは述べた。「でもがっかりだよ。俺はオアシスのメンバーでいることが大好きだったんだ。心の準備が出来たときに、俺側のストーリーを話すよ」。

自身のファッションブランド「Pretty Green」について語ったこのインタビューの中で、リアムはノエルのファッション・センスをばっさりと斬っている。

「あいつはエリザベス・ハーレーの息子のような服装をするんだ。ポッシュなヴァイブでね。カーディガンとかそういったもんが好きなんだ」とリアムは語った。

「ギリギリ話をするような仲だった頃に、あいつもPretty Greenのアイテムを持っていたけど、気に入ってはいなかったと思うね。バックステージで俺の友だちが着ていたら、 "なんでそんなの着ているんだ?"って言っていたよ。友だちは"お前が着られねえからさ"って感じだったけどな。あいつに何がわかるっていうんだ?奴のファッション・センスは物凄く過剰評価されているよ」。


Barks
*****************************************
リアム・ギャラガー、オアシスの解散、ファッションを語る

自身が立ち上げたファッション・ブランドPretty Greenより初のフル・コレクションを発表した元オアシスのリアム・ギャラガーが、ファッション、そしてオアシス解散について語った。

『Daily Mail』紙のインタヴューに答えたリアムは、Pretty Greenのスタイルについてこう話した。「トレンチ・コートやパーカー、デザートブーツ、カシミアなんかクラシックなものだ。ワイルドなもんはない。流行っていうよりスタイルだよ。俺がやってんだから。俺はトレンドなんか気にしてないからな。流行なんか知るか」「俺はスタイルのあるもんが好きなんだ。ちゃんとしたスタイルがな」

彼のスタイル・ヒーローは、元ザ・ビートルズのジョージ・ハリソン&ジョン・レノン、元ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズ、それにポール・ウェラーだという。兄ノエルのファッション・センスはこう評価している。「(女優)リズ・ハーレイの息子みたいな格好してるだろ」「あいつは上品ぶっているとこがある。カーディガンとかが好きなんだ。まだだいぶ会話が成立していたとき(ノエルが)Pretty Greenの服を持っていたこともあるけど、気に入っていたとは思えない」「あいつのファッション・センスは過大評価されすぎている」

そして避けては通れない、この話題。オアシスの解散について問われたリアムはこう話した。「その話をしたいとは思っている。でも、できない。18年もオアシスにいて…、まだこの状況についてちゃんと考える時間を持ってないからだ。まだひと月しか経ってない。じっくり考えてみる必要がある。俺のコメントは音楽的な墓石になりかねないからな。でも、俺はガッカリしてる。オアシスにいるのが好きなんだ。準備ができたら、俺の側からの話を聞くことができるだろうよ」

Pretty Greenの秋冬コレクションは11月より店頭やオンラインで販売開始。間もなくオフィシャル・サイト(Prettygreen.com)にてそのコレクションがプレビューできるが、メディアで紹介された一部は、トレンチ・コート(£420/約6万円)、ウールのコート(£675/約9万7,000円)、レザー・ジャケット(£1050/約15万円)と決してお安くはない。
posted by おっさn at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

リアムの「oasisは終わった」発言のニュース、、

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47725
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16430


NME
*********************************
Liam Gallagher planning 'next step musically' as 'Oasis are no longer'
Singer finally breaks his silence on split
October 8, 2009

Liam Gallagher has declared that "Oasis is no longer" – ending speculation that he would continue the band without his brother Noel.

After the guitarist left the group following an altercation backstage in Paris there had been a suggestion that the singer would continue on with the band as the lone Gallagher.

However, speaking to The Times, Liam has declared the group is finished.

"Well, Oasis is no longer. I think we all know that. So that's done," he explained. "It's a shame, but that's life. We had a good run at it. The thing about Oasis is no-one... we ended Oasis. No-one ended it for us. Which was pretty, kind of... cool. I'm thinking of what the next step is musically, which is all my mind's on."

The singer, who is launching a new collection of his clothing label Pretty Green, hinted that he would continue with his Oasis bandmates while Noel pursues a solo career.

"People will be able to buy his records. People will be able to buy our records. So everyone's happy," he explained, adding that he hoped in future to recover his relationship with Noel. "Well, that’s a long way off yet, man, but who knows?"


MTV Japan
*******************************************
「オアシスは終わった」 リアム・ギャラガーが宣言

兄のノエル脱退後もオアシスを続けると推測されていたフロントマンのリアム・ギャラガーが、「オアシスは終わった」と宣言をしたことが明らかになった。

8月にリアムの兄でギタリストのノエル・ギャラガーが脱退を発表した後、バンドはノエル抜きで活動を続けると推測されていた。だが、先日リアムは英「ザ・タイムズ」紙に対し、オアシスは終わったと伝えた。

「オアシスは終わったよ。それは俺たち全員がわかっていると思う。だから、終わりなんだ」とリアムは説明した。

「残念だが、それが人生さ。俺たちは十分にやってきたよ。俺たちがオアシスを終わらせたんだ。他の誰かが終わらせたのではない。それはかなり…ある意味、クールなことだと思う。俺は今、次なる音楽活動について考えている。俺の頭にはそれしかないよ」。

ファッション・ブランド「Pretty Green」を準備中のリアムは、ノエルはソロ活動を行い、自身はオアシスのメンバーと活動を続ける意向をほのめかした。

「みんなが彼のレコードを買うことができるようになる。それに、俺たちのレコードも買うことができるだろう。だから、誰もが幸せになるはずさ」と語ったリアムは、将来的にノエルと仲直りをしたいと加えた。

「それはずっと遠い先のことだが、どうなるかは誰にもわからねえだろ?」


--------------------------------------------
2009年10月13日 6:27追記
Barks
http://www.barks.jp/artist/?id=1019802
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4594.aspx

Barks
***************************
リアム・ギャラガー「オアシスは終わった」

兄ノエルがバンドを脱退して以来、沈黙を守ってきたリアム・ギャラガーが、『The Times』紙のインタヴューに答え「オアシスは終わった」と宣言した。

リアムはこう話した。「オアシスはもうない。みんな、わかっているはずだ。これまでだ」「間違いない。残念だ。でも、それが人生だ。俺ら、よくやったよ。オアシスは誰かがってんじゃなく…、俺らがオアシスを終わらせたんだ。誰かが俺らのために終わらせたわけじゃない。それって、まあクールだよ。俺はいま音楽的に次のステップを考えている。いま頭の中にあるのはそれだけだ」

ツアー中に起きた兄弟ゲンカが元となりノエルが脱退したわけだが、リアムはオアシスのツアーについてこう思い返している。「いつも、スゴク楽しかった。俺はいつも楽しんでた。だから、俺にとってハードー・ワークだったことはなかったよ」

ファンには悲しいオアシス終結宣言だが、リアムは「みんな、あいつ(ノエル)のレコードを買える。俺らのレコードも買える。だから、みんな、ハッピーだ」と話した。そして、「そのうち、(ノエルとの)関係も変わるのではないか?」との質問に「その通りだ!まだまだ先の話だがな。でも、そうかもしれないな」と答えた。

リアムは10月、彼のファッション・ブランドPretty Greenから初のフル・コレクションを発表。音楽とファッションは彼にとって「全く同じレベル」にあるという。「だから、死ぬその日まで俺は音楽をやり続ける。そして死ぬその日までこれ(ファッション)もやる。できることならな」


MySpace
******************************
リアム・ギャラガー「オアシスはもう終わった」

ノエル・ギャラガーが8月下旬にオアシスからの脱退宣言をして以来、他のメンバーは沈黙を守っていたが、弟のリアム・ギャラガーが英紙『The Times』で「オアシスはもう終わった」などと語っている。

リアムは「オアシスはもう終わりだよ。みんなもうわかっていることだ。ここまでだ」と、オアシスの終結を宣言。続いてこう語っている。「とても残念なことだ。でもそれが人生なんだ。俺たちはよくやったよ。オアシスは他の誰かがではなく、自分たちの手で終わらせることができた。それはとてもいいことだし、クールなことだったんじゃないか。俺は音楽活動での次のステップを考えているところで、今頭の中にはそれしかない」とのことだ。

リアムは、自身が立ち上げたファッション・ブランドのPretty Greenの新しいコレクションを10月に行なうことになっている。彼がソロ活動を行なう一方で、オアシスのメンバーとともに活動する可能性もほのめかしているそうだ。「みんなヤツ(ノエル)のレコードを買える。俺たちのレコードも買える。それで誰もがハッピーだ」とリアム。また将来、ノエルとの関係が修復される可能性について聞かれると「まあ、それはかなり先のことになるだろうけどね。でも何が起こるかわからないだろ?」と含みを持たせた発言をしている。

さらにリアムは、音楽とファッションについて「俺にとってファッションと音楽は、まったく同じレベルのものだ。俺は死ぬまで音楽をやり続けるだろうし、それまでこれ(ファッション)も続けるだろう。できることならね」と語っている。さて、これでオアシスは本当に終わってしまうのか…?
posted by おっさn at 06:23| Comment(0) | TrackBack(1) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

二人の衝突に関するJETのコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47145


*************************
Jet 'not surprised' about Oasis split
Aussie rockers apparently saw fall out coming in 2005
September 6, 2009

Jet have stated they are "not surprised" about the Oasis split.

Singer Nic Cester told The Sun: "If anything I'm shocked they managed to make it work for so long. I'd say it's definitely the end. They didn't get on."

His brother Chris, meanwhile, blamed a clash of personalities for the fall out, stating Noel Gallagher is "one of the funniest people I've ever met" while describing frontman Liam as "mental".

"I have never seen them have one conversation together the whole time I've known them. Avoiding each other was best," he told the newspaper, which claimed Jet saw the split coming as far back as 2005.

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.


-------------------------------------
2009年9月8日 6:25追記
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16243

*******************
ジェット、オアシスの脱退騒動を予測していた

オーストラリアが誇るロック・バンド、ジェットは、オアシスのノエル・ギャラガーの脱退に「驚かなかった」そうだ。

シンガーのニック・セスターは英「ザ・サン」紙に、「どちらかといえば、ここまで長く続いていたことに驚いたよ。俺に言わせれば完全に終わりだろうね。彼らは前から仲が悪かったんだ」と伝えた。

一方で弟のクリスは、ケンカの原因に性格の違いを挙げた。ノエルについては「俺がこれまでに出会った中で1番面白い人」と語ったが、フロントマンで弟のリアムについては「狂っている」と説明している。

「知り合ってからずっと、彼らが会話をしているのを1度も見たことがないよ。互いを避けることが最善だったんだ」とクリスは同紙に伝え、ジェットは彼らの分裂を2005年から予測していたと語った。
posted by おっさn at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

ノエルのリアムを馬鹿呼ばわりしたコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47055

*******************
Noel Gallagher in Oasis 'moron' blast against Liam
New details on split emerge in tabloids

August 31, 2009

Noel Gallagher has branded his brother Liam a "fucking moron" as details on Oasis' collapse continue to leak.

Gallagher snr is said to have made the remarks in the immediate aftermath of the massive argument he had with Liam in Paris on Friday (August 28), an argument that led to Noel announcing he was quitting the band.

"They say never work with children an animals. No one mentioned fucking morons though, did they," said Noel to a pal, according to The Sun newspaper.

He then launched a broadside at Liam's Pretty Green clothing line.

"I think all the modelling malarkey has gone to his head. It's a pleasure to give him time and space to work on his autumn/winter collection."

It has also been reported that Friday's argument flared when Liam travelled alone to the show in Paris on the Eurostar and arrived drunk. Noel, it is claimed, confronted his brother about being unprofessional and also said he was disappointed with management and security for not challenging the volatile singer before. The frontman is said to have "exploded in rage" and started saying things about Noel's children. When Liam hurled his guitar at Noel, the guitarist caught it, stamped on it then smashed it to pieces. And then he walked away.

There are parallels with Oasis previous big split in 2000. Then, in Barcelona, the band were forced to cancel a show because the drummer Alan White's arm seized up. After an all-day boozing Liam sparked a massive argument making remarks about Noel's daughter Anais. Then, Noel said he was giving up over-seas tours with the band and guitarist Matt Deighton was parachuted in until a fractious return for Noel at Dublin's Lansdowne Road stadium in July that year.
posted by おっさn at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエルブログの脱退理由に関するニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47016
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052510
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4104.aspx
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16209
CD Journal
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=25951
Listen Japan
http://listen.jp/store/musicnews_27744_all.htm


NME
*******************************
Noel Gallagher reveals why he quit Oasis
Guitarist releases full statement blaming 'lack of support from management and bandmates' for departure
August 29, 2009

Noel Gallagher has issued a full statement blaming "lack of support and understanding from my management and bandmates" as the reason why he quit Oasis yesterday (August 28).

The new statement appeared on the guitarist's blog at Oasisinet.com this afternoon (29).

"Dearly beloved, it is with a heavy heart and a sad face that I say this to you this morning," he wrote.

"As of last Friday, August 28, I have been forced to leave the Manchester rock 'n' roll pop group Oasis.

"The details are not important and of too great a number to list. But I feel you have the right to know that the level of verbal and violent intimidation towards me, my family, friends and comrades has become intolerable. And the lack of support and understanding from my management and bandmates has left me with no other option than to get me cape and seek pastures new.

"I would like firstly to offer my apologies to them kids in Paris who'd paid money and waited all day to see us only to be let down AGAIN by the band. Apologies are probably not enough, I know, but I'm afraid it's all I've got.

"While I'm on the subject, I'd like to say [sorry] to the good people of V Festival that experienced the same thing. Again, I can only apologise - although I don't know why, it was nothing to do with me. I was match-fit and ready to be brilliant. Alas, other people in the group weren't up to it.

"In closing I would like to thank all the Oasis fans, all over the world. The last 18 years have been truly, truly amazing (and I hate that word, but today is the one time I'll deem it appropriate). A dream come true. I take with me glorious memories."

He concluded by telling fans: "Now, if you'll excuse me, I have a family and a football team to indulge. I'll see you somewhere down the road. It's been a fuckin' pleasure."

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.


Barks
********************************
ノエル、オアシス脱退に対しさらなる声明を発表

金曜日(8月28日)、オアシスを脱退すると表明したノエル・ギャラガー(G)が翌日(29日)、さらなる声明を発表。「細かいことは重要ではない」としながらも、彼が辞めるにいたった理由に触れた。

ノエルはバンドのオフィシャル・サイト(Oasisinet.com)にこう記している。「8月28日金曜日の時点で、俺はマンチェスターのロックンロール・ポップ・グループ、オアシスを去らざる得なくなった。細かいことは重要ではないし、いちいち上げるには多過ぎる。でも、君らには知る権利があると思っている。俺や家族、友人、仲間に対する言葉や暴力による脅しが耐え難いレベルに達した。それにマネージメントやバンドメイトからのサポート、理解がないために、俺にはここを離れ新しい場を見つける以外の選択肢がなかった」

ノエルは、金曜日のフランスでのフェスティヴァルおよびVフェスティヴァルをキャンセルしたことを謝罪するとともに、オアシスのファンへ感謝の言葉を述べた。「最後に、世界中のオアシス・ファンへ感謝したい。この18年間は本当に本当に素晴らしかった(俺はこの言葉が嫌いだが、今日だけはピッタリだ)。夢が実現した。輝かしい思い出が残っている」

先週末(8月23日)Vフェスティヴァルのパフォーマンスをキャンセルした時点で、オアシス解散危機説を唱えていた『The Sun』紙によると、彼らは金曜日のフランス公演前にバックステージで大喧嘩をしていたそうだ。関係者の話によると、「最初は軽い言い合いだったものが、すぐに手のつけられないものとなり鬱積していた怒りが爆発した」という。

そして、ノエルの堪忍袋の緒が切れる致命的なことが起きたらしい。リアムが彼のギターを叩き壊したのだという。関係者は「ノエルは温厚な性格だが、誰にだって限界はある」「これまでだ。ノエルの怒りは極限に達した」と話している。

ギターが壊されたというのは、事実のようだ。同じフェスティヴァルへ出演していたエイミー・マクドナルドもTwitterで「リアムがノエルのギターを壊した、もんのすごい喧嘩よ!」と記していた。

フランス公演は、このすぐ後“言い争い”を理由に出演をキャンセル、続いてノエルの脱退宣言が発表された。


MySpace
*********************************
オアシスを脱退したノエル、その理由を明かす

ノエル・ギャラガーがオアシスからの脱退を表明した件で、ノエルは後日、オフィシャル・サイトでその理由について「俺や家族に対する言葉の脅しが耐えられないレベルに達したからだ」などと明かしている。残されたオアシスのメンバーは、今後ノエル抜きで続けていくかどうかを検討しているという。

この件はまず8月28日、ノエルがオフィシャル・サイトでオアシス脱退を表明。「いくばくかの悲しみと大きな安堵をともなって、俺は今夜オアシスから脱退する。いろんなことを書かれたり言われたりするのだろうが、単純なことで、俺はこれ以上1日たりともリアムと一緒にいることはできないということだ」としている。オアシスは28日にパリで行なわれたフェス〈Rock en Seine festival〉に出演予定だったが、そのライヴ前にノエルとリアムが激しい言い争いをした結果決裂し、この脱退宣言に至ったようだ。英紙『The Sun』によると、この時リアムは飲酒していたらしく、誰も彼を止められなかったことから、ノエルと衝突してしまったらしい。

これに続いて翌29日には、ノエルは脱退についてのより詳細な胸の内をオフィシャル・サイトにアップ。「8月28日の時点で、俺はマンチェスターのロックンロール・ポップ・グループ、オアシスから離れなければならなくなった。細かいことは重要ではないし、全部挙げるのは多すぎる。でも、みんなには知る権利があるだろう。俺や家族、友人、仲間に対する、言葉の暴力による脅しが、耐えられないレベルに達したということだ。それにマネージメントやバンド・メンバーからのサポートや理解もなかったことから、俺はここを離れて新しい活動の場を見つけていくしか選択の余地がなかった」としている。そして「去るに当たって、世界中のオアシス・ファンに感謝したい。これまでの18年間は本当に、本当に素晴らしかった(俺はこの言葉が大嫌いだが、時にはしっくりくる時もあって、今日がそうなんだ)。この先、またどこかで会うことになるだろう」と、彼にしては珍しく感傷的に綴っている。

このノエル脱退劇について、英メディアでは取材合戦が勃発。まず『Sunday Mirror』はギャラガー兄弟の母ペギーのコメントを掲載。「彼らはお互いに愛し合っているのに、いつも仲違いするようになってしまった。私はこれがオアシスの終わりにならないことを願うわ。ちょうどツアーが終わったところで、彼らは疲れているのよ」とのこと。またBBC Newsでは、元クリエイション・レコードの創立者でオアシスを発掘したアラン・マッギーがこう語っている。「今日(28日)は音楽にとってとても嘆かわしい日になってしまった。でも5年もすれば、また再結成してツアーをするんじゃないかな。だって彼らは愛し合っているからね。愛し合っているのならば、いつも仲直りするってもんだ」とのこと。

オアシスはまだヨーロッパ2公演が残っているが、このままキャンセルする見込み。またオアシスのスポークスマンによると、今後ノエル抜きでオアシスを存続させるかどうか、残りのメンバーで話し合っているところだという。「今後続いていくのかどうかということについて、ここ数日で決まると思う」としている。


MTV Japan
*************
オアシスのノエル、脱退の詳しい理由を明かす

28日に脱退を発表したオアシスのノエル・ギャラガーが、29日に公式サイトのブログで理由を詳しく明かした。声明の内容は以下の通り。

「大切なみんなへ、今朝このメッセージを、重い心と悲しい顔と共に君たちに伝える。8月28日金曜日付で、俺はマンチェスターのロックンロール・ポップ・グループ、オアシスを脱退せざるをえなくなった」。

「詳細は重要ではないし、リストにするには長過ぎる。だが、俺や俺の家族、友人や同僚に対する言葉や暴力による脅迫が、耐えきれないレベルに達していたということを、君たちには知る権利があると感じている。そして、マネージメントや他のメンバーからのサポートや理解の欠如により、俺にはここを飛び立ち、新たな活動の場を探すしか選択肢が残されていなかった」。

「まずは、金を払って1日中俺たちのことを待っていたのに、またバンドに裏切られてしまったパリのキッズに謝罪したい。謝罪だけでは恐らく十分ではないことはわかっているが、残念ながら、今の俺にはそれしかできないのだ」。

「ついでに同じことを経験したVフェスティヴァルの良い人たちにも、(ごめんなさいと)言いたい。理由も知らないし、俺には関係ないことだったとはいえ、ここでも俺には謝罪することしかできない。俺は準備万端で、最高のライブをするつもりだった。悲しいかな、グループの他のメンバーにはその気がなかったのだ」。

「最後に、世界中のすべてのオアシスのファンにありがとうと言いたい。この18年間は、本当に、本当にアメージングだった(この言葉は大嫌いだが、今日だけは適切だとみなそう)。夢が実現したのだ。俺は輝かしい思い出を連れて行くよ」。

「さて、失礼させてもらおう。俺には従事すべく家族とサッカーチームがあるのだ。この先、いつかどこかで会おう。スゲエ楽しかったよ」。


CD Journal
*********************
ノエル、オアシス脱退の理由を語る!

 先日、オアシス(OASIS)からの脱退を表明した、リーダーのノエル・ギャラガー。「リアムとはやっていけない」という思いと最新作『ディグ・アウト・ユア・ソウル』(写真)のワールド・ツアー最終地、フランスでの全公演などをキャンセルしたことについての謝罪のメッセージを出していたノエルが、さらにその脱退の経緯について、オフィシャル・サイトにコメントを発表しました。
 “いつもの兄弟喧嘩”とも言い切れないような言葉の数々に、ファンは衝撃を受けるかもしれませんが、また愛すべきギャラガー兄弟がオアシスとして演奏してくれる日を心待ちにしましょう。
 
以下、ノエルからのコメントです。
 
「大切なファンのみんな、今朝、このことを君たちに伝えるのは、心が重いし、とても悲しい。
 
先週金曜の8月28日、俺はマンチェスターのロックンロール・バンドオアシスを辞めざるを得なくなった。
 
細かい理由はそう重要じゃないし、挙げるとしたらいくらでもある。でも、君たちは知る権利があると思う。俺や俺の家族、友人、仲間に対する言葉の、または暴力的な脅かしが耐えられないほどになってきたということをね。それにマネジメントやバンド・メンバーたちの理解が欠けていたから、新しい活動の場を探す以外に選択肢はなくなってしまった。
 
何より先に、ギグの日を待ち続けたのにまたバンドにがっかりするに終わったパリのファンたちに謝りたい。謝るだけじゃ足りないよな、わかってる、でも俺ができるのはそれだけなんだ。
 
そして、V Festivalで同じ思いをした人たちにも謝る。やっぱり、謝ることしかできない――どうしてだかわからない、俺のせいじゃないのに。俺の調子は完璧だったし素晴らしいギグを見せる準備も万全だった。悲しいことに、他のメンバーたちが乗り気じゃなかったのさ。
 
最後に、世界中の、すべてのオアシス・ファンへお礼を言いたい。この18年間は本当に、本当に素晴らしいものだった(この言葉は嫌いなんだが、今日だけはふさわしいと思う)。夢は叶う。この輝かしい思い出とともに生きていくよ。では、すまないけど、俺には家族とフットボールチームを世話しないとならないので。
 
また他の機会に会おう。楽しかったぜ。
 
本当にありがとう。
 
さようなら。
 
NG.」


Listen Japan
******************
オアシスからノエル・ギャラガーが脱退!2日連続で声明を発表
先日V Festivalをキャンセルし解散報道が流れるなど去就が心配されて来たオアシスだが、8月28日、ノエル・ギャラガーがオフィシャルサイトで正式に脱退を表明した。

28日にパリで出演予定だった音楽フェスへの出演をキャンセルした後に、オフィシャルサイトで出された声明でノエルは「今夜オアシスを脱退したことを発表する、今は悲しみと安堵の気持ちである。俺はこれ以上リアムと活動を続けて行くことは出来ない」と、リアム・ギャラガーとの確執によりバンドを脱退する事を明確にし、これまでも何度か兄弟ゲンカに端を発した脱退、解散報道が幾度と無く噂されて来たオアシスだが今回の声明でノエルの脱退が決定的となった。

さらに翌日追加発表されたノエルの声明では、脱退理由は兄弟ゲンカから「マネージメントとバンドメイトのサポート不足」という表現と使っている。
またライヴをキャンセルした、Vフェスとパリのファンへの謝罪の言葉と共に、「(こういう言い方は好きではないが、今回は適切だろう)ファンに感謝したい、オアシスでの18年間は素晴らしいものだった。夢が叶ったし、素晴らしい想い出となった。」
さらに「俺には家族もいるしサッカーチームもあるし、またどこかでお会いすることもあるだろう。」と結んでいる。

ノエルの去就だがソロアルバムを制作中で楽曲は今年前半に完成し、すでにソロライヴなどを行っていたことから、間もなくソロ・キャリアをスタートするのでは?というのが大方の見方だ。

posted by おっさn at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル脱退に関する母ペギーのコメント

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052586


********************
ギャラガー母「子供のときはケンカなんてしてなかったのよ」

兄弟間のいさかいが原因で、兄ノエル・ギャラガーがバンドを脱退することになったオアシス。その兄弟を1番よく知る母親が、今回の出来事について語った。

ファン同様、ノエルの脱退宣言を受け入れがたいペギー・ギャラガーは『Sunday Mirror』紙でこう話している。「あの子達はお互いを愛し合っている。でも、いつだって全く違う性格だった。おかしなことに、子供とのときはケンカなんてしてなかったのよ。バンド始めるまでケンカしたことなかったわ」

「これがオアシスの終わりでないことを願っている。そうじゃないと思ってるわ。ツアーの終わりで疲れていただけだと思う、これまでもケンカはあったけど、乗り越えてきたもの」

ノエル抜きでバンドを続けるかどうか検討中といわれてるオアシス。パリでのケンカ/脱退宣言の後、ノエルはすぐにイギリスへ戻ったようだが、リアムは週末、家族、そしてベースのアンディ・ベルとそのガールフレンドと共にイタリアで休暇を取った。
posted by おっさn at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル脱退に関するアラン・マッギーのコメント

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052521
MTV
http://www.mtvjapan.com/news/music/16217

Barks
*****************
アラン・マッギー、ノエルの脱退は“音楽にとって悲しい日”

オアシスを発掘した元クリエイション・レコーズの創立者、アラン・マッギーが、ノエル・ギャラガーのオアシス脱退について語った。マッギーは、ノエルの脱退を“音楽にとって悲しい日”と表した。

ノエルが脱退を表明する直前、弟リアムが兄の大切にしていたGibsonのギターを叩き壊したといわれている。マッギーは「手の負えない兄弟ゲンカはこれまでにもあったが、いままでで最悪の争いになったのだろう」とBBCニュースに話している。しかし2週間ほど前、リアムと話したとき「ノエルの話が出て、彼を愛してるかと聞いたら、(リアムは)そうだと同意していた」という。

「彼らは愛し合っている。またカンバックするだろう」と予測するマッギーだが、一方で、ノエルは自分のやりたいことをやるべきだとも話している。「電気工であろうとロックンロール・スターであろうと、自分のやりたいことをやり、自分がなりたいものになることができる。ノエルもみんなと同じだ。彼は(オアシスを)もうやりたくなかったから、辞めたんだ。いまはみんな、やりたくないことはやらないものだ」

そして、ショック真っ只中のオアシス・ファンにとってそんな先のことは考えられない/どうでもいいだろうが、こんな発言も。「5年もすればリユニオン・ツアーがあるだろう。彼らは愛し合ってる。愛し合ってる場合、いつだって仲直りするものだ」

ノエル脱退により、バンドそのものの存続が心配されるオアシスだが、スポークスマンは現在、リアムと残りのメンバーはノエル抜きで続けるかどうか検討している最中だとコメント。この数日で決定が下されるみこみ。


MTV Japan
*******************
アラン・マッギー、ノエル脱退を語る

オアシスのリード・ギタリスト、ノエル・ギャラガーの脱退発表は、世界中のファンにショックを与えている。バンドのスポークスパーソンによると、弟でシンガーのリアム・ギャラガーを含む残りのメンバーは、ノエル抜きでバンドを続けていくか否か検討しているとのこと。ソングライターとして、ヒット曲の多くを生み出したのはノエルだった。

オアシスを発掘し、自身のレコードレーベル「クリエーション・レコード」と契約したアラン・マッギーは、ノエルの脱退について「音楽にとって悲しい日」と語った。今回の脱退劇は、これまでになくシリアスなものだという。

「彼らはこれまでにもかなりひどいケンカをしてきたが、今回は明らかに今までで最悪のケンカだ」とマッギーは英BBC Newsに伝えた。「だが、彼らは愛し合っているし、いつか一緒に戻ってくるはずだ。きっと5年もすれば再結成ツアーに出ると思うよ。彼らは愛し合っている。愛し合っていると、人は必ず仲直りするものさ」。

マッギーいわく、ノエルはこれ以上、バンドに居る義務はないと感じたとのこと。

「電気工だろうが、ロックスターだろうが、人は自分がやりたいことしかできないし、なりたい者にしかなれないのさ」とマッギーは語った。「彼も他のみんなと同じだよ。もうこれ以上やりたくなかったから、やめた。人はやりたくないことはやらないものだ」。

リアムとは2週間前に話したという。「元気だったよ。ノエルについて話していて、"彼を愛しているか"と訊いたら、愛していると言っていた」とのこと。

マッギーは、ギャラガー兄弟が仲直りする前に、それぞれソロ・アルバムを制作するのではないかと予測している。ノエルのソングライティングをニール・ヤングやボブ・ディラン、ジョン・レノンと比較し、「尊敬されるだけのことはある」と称賛した。

さらに兄弟は難しい性格の持ち主だといい、「オアシスをコントロールすることはできないよ。彼らはやりたいことをやる。それがあのバンドの美しさであり、スキルなんだ」と説明している。

ケンカが絶えないことで知られていたノエルとリアムだが、脱退を正式発表したのは今回が初めて。バンドからは今週中にも何らかの発表がされる模様だ。
posted by おっさn at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアムの義姉の解散しないというコメント

ノエル脱退声明前のニュース。今となっては、、

MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4090.aspx
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052472


MySpace
***************************
リアムの義姉「オアシスは死ぬまで解散しない」

オアシスは8月23日のUKフェス〈Vフェスティヴァル〉への出演をキャンセルしたことから解散説が流れていたが、リアム・ギャラガーの義理の姉が「オアシスは死ぬまで解散しないわよ」などと否定のコメントを語ったという。英タブロイド紙『Daily Mirror』が報じている。

〈Vフェスティヴァル〉でオアシスは初日の22日には出演したものの、2日目の23日はリアム・ギャラガーのウィルス性喉頭炎のためキャンセル。同フェスは1年間に及ぶワールド・ツアーのイギリスでの最終公演だったため、ギャラガー兄弟の不仲説や解散説が再燃し、初日の出演がオアシスの最後のライヴになるのではないかといわれていた。これに対しオアシス側は25日、オフィシャル・サイトで「オアシスはヨーロッパでワールド・ツアーの残りの日程を終えたら、休暇に入り、その後次のアルバムやツアーについて考えることになります」というコメントを出し、解散説を否定している。

これに続いて今度は、リアム・ギャラガーの奥さんであるニコール・アップルトンの姉のナタリー・アップルトンが、こう語っている。「オアシスは死ぬまで解散しないわよ。彼らはおじいちゃんになるまで続けるわ。噂なんて絶対にデタラメよ。リアムは病気でベッドに寝ている時でも、ステージに戻るって誓っていたしね」とのこと。

さらにVフェスでオアシスがキャンセルした後、スノウ・パトロールやキーンがステージでオアシスの曲をカヴァーしたことについて「リアムはスノウ・パトロールとキーンがカヴァーしていたのをとても喜んでいて、素晴らしいって言ってた。フェスティヴァルの精神が生きているって、すごく感動していたのよ」と語っている。

オフィシャル・サイトの声明だけでなく身内の強力な“擁護”も飛び出して、オアシス解散説もひとまずは沈静といえそうだ。


Barks
************************
オアシス義姉「彼らは死ぬまで解散しない」

今ツアー最後のUK公演(Vフェスティヴァル)をキャンセルしたため兄弟不仲説から解散危機説まで流れたオアシスだが、スポークスマンに続きフロントマン、リアム・ギャラガーの奥さんニコール・アップルトンの姉ナタリーが「彼らはおじいちゃんになるまで続く」と解散説を否定した。

ニコール同様、元オール・セインツのメンバーでプロディジーのリアム・ハウレットの奥さんでもあるナタリーは『Daily Mirror』紙にこう話した。「オアシスは解散する前に死んでるわよ(=死ぬまで解散しない)。おじいちゃんになるまでずっと続くわ」

ニコールによると、体調不良(ウィルス性の咽頭炎)のためショウをキャンセルしたリアムは、具合が悪いながらもステージに上がると頑張っていたそうだ。「噂はデタラメもいいとこよ。リアムは具合悪くて寝ていながらも、ステージへ戻るって言い張ってたのよ」

スノウ・パトロールが彼らの代役を務め、彼らのほかキーンもパフォーマンスでオアシスのトラックをカバーしたが、リアムはそれを喜んでいたという。「リアムはスノウ・パトロールとキーンが(オアシスを)カバーしたのを喜んでた。サイコーだって思ってた」

リアムは公演キャンセル数日後、Twitterにて謝罪の言葉を述べるとともに、オアシスをカバーしたバンドに対し「たとえ、それが俺が過去にこき下ろした連中であっても、リスペクトする」と感謝の気持ちを示している。
posted by おっさn at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

Vフェスキャンセルに関するリアムのコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/46894

**************
Liam Gallagher breaks silence on Oasis' V Festival cancellation
Silent singer users Twitter to apologise to fans
August 24, 2009

Liam Gallagher has broken his silence after Oasis were ruled out of V Festival yesterday (August 23).

Having played the Staffordshire leg of the event, the band pulled out of Chelmsford after Liam Gallagher caught viral laryngitis.

Using Twitter, the singer apologised to fans and bemoaned his inability to sing.

"The voice may of disappeared but I'm still here," he wrote. "First things first V I'm gutted, you're gutted. I'm sorry, what can I say? Fuck all at the moment."

He added: "Secondly, respect to those bands who covered Oasis last night, even though I might of given some of you shit in the past."

Snow Patrol, Keane and MGMT all played Oasis covers at the Chelmsford leg of V Festival last night (August 23).

Gallagher also dismissed tabloid speculation that the band were set to break-up.

"Finally reports in smartarses' column about Oasis last British gig ever," he concluded. "The kid's talking out his arse, I mean Rkids, beware of darkness."

For more on this year's V Festival, including dozens of photos from each day go to NME.COM/festivals.

What do you think about Oasis' none-show? Join the debate and have your say by commenting here.


--------------------------------------------------
2009年8月26日 5:38追記
オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=772
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4055.aspx

オフィシャル
**********************
LIAM ON V FESTIVAL
25 August 2009

As many of you may be aware, Liam took to his private Twitter page yesterday to apologise for Oasis not being able to play at Sunday's V Festival and quash tabloid trash about it being the last ever Oasis UK gig:

"The voice may of disappeared but I'm still here.1st things first V I'm gutted your gutted,I'm sorry what can I say fuck all at the moment.

"Secondly, respect to those bands who covered Oasis last night, even though I might of given some of you shit in the past...

"Finally reports in smartarses column about Oasis last british gig ever. The kids talking out his arse, I mean rkids, bware of darkness. LG"

V Festival was always scheduled as the last UK gig for this ‘Dig Out Your Soul’ World Tour. Oasis will complete the rest of the world tour in Europe and then take some well-earned time off before they begin to think about the next album and tour.


MySpace
***************************
Vフェスをキャンセルしたオアシス、リアムが謝罪のコメント

オアシスは8月22〜23日に行なわれたUKフェス〈Vフェスティヴァル〉に出演予定だったが、リアム・ギャラガーの体調不良で23日の公演をキャンセルした。この件に対してリアムは「ごめんよ、僕はなんて言えばいいんだろう?」などとするコメントを発表している。

2日間のフェスのうちオアシスは22日には出演したものの、翌23日になるとリアムがウィルス性喉頭炎のためドクター・ストップがかかり、キャンセルに至ったという。このフェスは『ディグ・アウト・ユア・ソウル』にともなうワールド・ツアーのイギリスでの最後のライヴだっただけに、ファンからも落胆の声が続出したようだ。オアシスのスポークスマンは「1年間にわたるツアーで、メンバーの病気によるキャンセルが出てしまったのは今回が初めてで、私たちはとても落胆している」とのコメントを発表している。

この件に関してリアムは当初沈黙していたが、24日にTwitterでファンへの謝罪を書き込んでいる。「声を出せなかったが、でも僕はここにいる。初めての〈Vフェスティヴァル〉で僕はとてもがっかりした。みんなもがっかりしただろう。ごめんよ、僕はなんて言えばいいんだろう? 今はすべてがクソッタレって気分だよ」とのこと。

またオアシスがキャンセルになった日は、オアシスの前に出演予定だったスノウ・パトロールがヘッドライナーを務め、さらにその前のキーン、MGMTなどとともにフェスを盛り上げ、オアシスの不在を補ったようだ。これについてリアムは「夕べオアシスをカヴァーしてくれたそれらのバンドに対して、リスペクトして欲しい」と配慮を示している。

最近のリアムは兄ノエルのソロ活動を批判するなど毒舌に拍車がかかり、また兄弟の状態悪化がささやかれていたが、さすがに今回はリアムもしょんぼりの様子。なおオアシスはこの後8月28日にパリ、29日ドイツ、30日イタリアと各フェスでライヴが残っており、これらは予定通り出演することになっている。
posted by おっさn at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

NME8月19日号掲載リアムインタビューからのNME記事

NME
http://www.nme.com/news/oasis/46774

Photo Gallery - Liam Gallagher's 50 funniest quotes
http://www.nme.com/photos/liam-gallagher-s-50-funniest-quotes/149335/1/1


****************************
Oasis' Liam Gallagher: 'I'm happy if Noel wants to do a solo album'

However, the singer says he'd rather do a new Oasis album in 'six months'
August 19, 2009

Oasis' Liam Gallagher has told NME.COM he would not stand in the way of his brother making a solo record.

The band's guitarist and main songwriter Noel Gallagher has previously suggested he would like to work on a solo record once Oasis finished touring current album 'Dig Out Your Soul', and the frontman said he won't object as long as it makes his sibling happy.

"Who knows, man, maybe he needs to go and do his solo record… fucking hell, I don't know, I really don't know," declared Liam, who has his own 'solo project' fashion label, Prettygreen.com. "If it [doing a solo album] makes him happy, yeah, if it makes him happy. It would sound very civilised I reckon… [that's] a fucking awful thing - but maybe it's a good thing for him."

However Liam, whose group will wrap up their 13-month world tour at the weekend by headlining V Festival (August 22-23), added that he would prefer to get cracking with another Oasis record.

"If it was up to me I'd have six months off and then get straight back in the studio and make records," he declared. "That's what I'm in Oasis for. I'm not here to fucking sit around for five years twiddling my thumbs."

For the full cover story interview, plus a preview of this year's V Festival, get this week's issue of NME, on UK newsstands now.

NME.COM will be covering this year's festival live from both V Festival sites over the weekend (August 22-23), so tune in for the latest news, setlists, video interviews, blogs and picture galleries.


------------------------------------------
2009年8月20日 21:37追記
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/3990.aspx

*****************************
オアシスのリアム、ノエルのソロ制作を皮肉で批判

オアシスのリアム・ギャラガーは、今後ソロ・アルバムの制作に入るといわれている兄ノエル・ギャラガーに対し「彼がハッピーならいいんじゃない?」などと皮肉混じりに語ったという。NME.comが報じている。

オアシスは8月22日〜23日の〈V Festival〉にヘッドライナーとして出演し、この公演で約1年にわたるワールド・ツアーが終了する。ノエルはこのツアーが終わったら自身のソロに取りかかり、オアシスの新作は今後5年間出さない、と公言していた。

これに対してリアムはこう語っている。「彼がソロ・アルバムを作ることは知っているよ…、まあクソッタレって感じで、俺は全然わからないけどな。でも、ソロを作ることで彼がハッピーになるんならいいんじゃない? ほんとにハッピーになるんならね。まあすごくひどいサウンドになるんじゃないかと、俺は予想しているけど」とのことで、納得はしていないもののしょうがない、といった様子。

と言いつつ、リアムはツアーが終わったらオアシスのニュー・アルバムに取りかかりたいらしい。「俺次第なんだったら、オアシスを6ヵ月オフにして、その後スタジオでレコーディングに入るだろうな。俺がなんのためにオアシスにいるかっていうと、そういうことだよ。5年間も手持ちぶさたでなにもせずぶらぶらしているために、俺はここにいるわけじゃない」と彼は語っている。

リアム自身もファッション・ブランドの“Prettygreen”を立ち上げるなど、個人活動は盛んに行っているが、“オアシス愛”は兄ノエルよりも上ということか。さてノエルは、この発言をどう聞いたか。
posted by おっさn at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

7月28日のノエルブログに関するニュース

VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=00381876

*********************
Oasis ノエル「俺ってトム・ハンクス似?」
オアシスのノエル・ギャラガーが、ハリウッド俳優のトム・ハンクスに似ているかどうか、ブログを通じてファンに問い掛けた。“FUJI ROCK FESTIVAL ’09”に出演するため、日本行きの飛行機に乗り込んだノエル。その後、空港である女性ファンにTシャツをプレゼントされたことが、この疑問を生む結果につながったようだ。「空港でその女の子が待ち構えてたんだ。“Noel Or Die(ノエルか死か)”ってスローガン(のTシャツ)を作った子がさ。(そのTシャツは)俺が(TVアニメの)『シンプソンズ』のキャラクターに見立ててあるヤツなんだけど、(俺よりも)トム・ハンクスに似てるんだよ!! 俺ってそんなにトム・ハンクス似かよ?」とブログで訴えたノエル。ちなみに、オアシスは5日間にわたった今回のアジア遠征で、7/24(金)にフジロック初日のヘッドライナーを務めた後、7/26(日)には韓国のチサン・ヴァリー・ロック・フェスティバルにも大トリとして出演し、大盛況を収めている。
posted by おっさn at 21:54| Comment(1) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。