2015年05月14日

リアム・ギャラガー、ノエル抜きオアシス再結成を画策の報

http://sp.ro69.jp/blog/miyazaki/123910

The Sunが、リアム・ギャラガーが兄ノエル・ギャラガー抜きのオアシス再結成を画策していると報じている。

その報道によれば、リアムはオアシスの再結成をオリジナル・メンバーであるボーンヘッド、ギグジー、トニ・マッキャロルと行おうとしているが、メイン・ソングライターであり兄であるノエルは抜きなのだという。

情報筋の話によれば、この動きはまだ始まったばかりではあるものの、リアムを始めとした3人は興味を持っていて、今後の推移を見守っているのだとか。もちろん、ノエル抜きの再結成はファンが認めないとする向きもあるだろうが、気にしていない様子なのだという。

なお、この件についてNMEがリアムサイドに問い合わせたところ、ノー・コメントだったとか。

果たしてノエル抜きで「オアシス」を名乗れるのか、クリアすべき法的な問題もあると思われる。
posted by おっさn at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | News memo after 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

RO69ニュースROUND UP:今週のギャラガー問題:2016年オアシス再結成とは何ぞ

http://sp.ro69.jp/news/detail/122819

毎週毎週ひっきりなしに続くプロレス、もといギャラガーズの兄弟喧嘩とオアシス再結成説、今週はとりわけビッグなゴシップとして「2016年にオアシス再結成?」なるニュースが飛び込んできた。

◆ノエルとリアムがオアシス再結成のために紳士協定? 英デイリー・ミラー紙が伝える(2015/4/20)
http://ro69.jp/news/detail/122506

この報道を受けて脊髄反射するリアムとスルーのノエル、というところまで含めてもはや様式美。

◆リアム・ギャラガー、2016年オアシス再結成の報道に対し「ノー・コメント」(2015/4/21)
http://ro69.jp/news/detail/122530

ニュース・ソースが悪名高きタブロイド「Daily Mail」な時点でいろいろお察しではあるけれど、「紳士協定」という単語が妙にキャッチーでじわじわくるネタではあった。ちなみにノエルが今オアシスをどう考えているのか、そしてそこからオアシス再結成の可能性がいかに低いが読み取れるノエル・ギャラガーのインタヴューは5月1日発売のロッキング・オンにて。

ちなみにこのインタヴューでは、2016年のネブワース20周年記念リリースについてもノエルに訊いている。この件に関しては箝口令が敷かれているそうで、詳細は未だ言えないということだったけれど、来年にネブワースに関するリリースがあること自体は確実だ。

さらに先走ったゴシップとして、今年のグラストンベリーのヘッドライナーの最後の1枠がノエルとリアムが合体、すなわちオアシス?!なんていう話にも。

◆オアシスが今年のグラストンベリーで再結成!?説がまた浮上!!!(2015/4/24)
http://ro69.jp/blog/kojima/122791

もはやオアシス再結成ネタは季節の風物詩もとい通年行事みたいなものとして捉えつつ、我々日本のファンはグラストンベリーだかなんだかはともかく、フジロックのノエルを全力で迎え撃つべし!
posted by おっさn at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | News memo after 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

Oasis: Is A Gallagher Reunion In The Works? If So, Here's How It Might Play Out



Could it be? Noel and Liam Gallagher have reached a "gentleman's agreement" to reform Oasis next year, according to a newspaper report this weekend. Noel, who has consistently said it's not going to happen unless someone gives him half a billion pounds/condoms/teabags, recently released the UK's fastest-selling album of the year. He also has his biggest ever solo shows to look forward to this summer. Why drop all that for a potentially bumpy, though lucrative, ride down memory lane, you might ask. He's spent two albums, and five years, now attempting to step out of the shadow of his previous band. To step back into that shade, as his solo career continues to gather momentum, with a third solo album reportedly written and ready to record, seems unlikely, yes. Unlikely, but not out of the question.

This much we know: the Gallaghers' relationship is less frosty than it was a few years ago. Only a few weeks ago, Liam tweeted from his brother's High Flying Birds show, while Noel seems less irked by questions about Liam in interviews of late. Discussing Beady Eye's recent split, instead of taking the opportunity to gloat or underline how difficult his sibling is to be in a band with, as he has in the past, Noel has sounded sympathetic. It's been a reminder that they are family, after all. 

So if the rumours are true and a reunion is imminent, how would it play out? Pulp, Blur and the Stone Roses have each resurrected themselves to grand acclaim. For Pulp, reunion shows were something of a victory lap: one last time around the block, digging out the hits to celebrate their underrated legacy. Blur, on the other hand, have proved determined to push things forward, exploring new territories, both musically and geographically, on Hong Kong-inspired new album 'The Magic Whip'. Which path would an Oasis reunion follow?


That said, the thought of new Oasis material is tantalising and might be a way of the group exorcising ghosts of old. Paul Weller has warned Noel Gallagher about reforming Oasis, with Noel hinting he might have to move abroad if it happened because Weller would "put my windows in". One way of reforming while still winning Weller's approval would be to abandon what had gone before and move on with completely fresh material. Weller famously broke up The Jam at their height and moved on, and did it again with The Style Council and solo career, waiting until 2002's 'Days Of Speed' tour to even perform songs from his back catalogue. It'd be a huge step for Oasis – even Noel's solo shows include seven or eight Oasis tunes – but it would be interesting to see them reform without relying on old songs and ignoring their history. 

If they did choose to work on new material, it might help to bring in a mediator - a producer able to both update their sound for modern times and calm any arguments that flare in the studio. Since Oasis, Liam has worked with brass-loving experimental producer Dave Sitek and Noel has recorded with psych specialists Amorphous Androgynous. Both Gallaghers have showed signs of wanting to move forward and dip their toes in new waters (alright, the Amorphous album has been scrapped, but still). In 2016, Oasis could choose an adventurous producer to work with, a bit of a curveball, to shape their comeback. Someone like James Ford or Brian 'Danger Mouse' Burton might be an interesting choice. Or even - whisper it - Damon Albarn. He and Noel buried the hatchet and become friends since performing together in 2013 alongside Paul Weller. Noel even recently remarked how euphoric he found Albarn's Royal Albert Hall show. As well as having become a seasoned producer in the years since Oasis were last active, having just finished Blur's album 'The Magic Whip', Damon might also be able to give a few tips on bringing back a band massive in '90s and make them relevant in 2015. 

Oasis' heyday was a rosy time for the British economy. Returning in 2015, maybe new songs would see Noel make good on his recent moans that there are no working class musicians at the moment fighting against the bleakness of it all. Or maybe the band would try to recreate the fizzing formula that made them Britpop legends in the first place. What direction would you like the band go, should they reunite? Leave your thoughts in the comment section below, and vote in our poll. 
posted by おっさn at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | News memo after 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Liam Gallagher declines to comment on speculation regarding possible Oasis reunion

http://www.nme.com/news/oasis/84724
Liam Gallagher has offered "no comment" when asked to confirm or deny rumours that Oasismay reunite in 2016. 

The rumour that Liam and brother Noel may reunite next year first emerged over the weekend with the pair said to have reached a 'gentleman's agreement' to reform the Britpop outfit.

Representatives for both Liam and Noel have been reached for comment by NME with Liam confirmed as "unavailable for comment" at the present time. A spokesperson for Noel has yet to respond at the time of writing. 
posted by おっさn at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | News memo after 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オアシスが2016年再結成に向けて始動か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000047-mvwalk-movi
今年に入ってから再結成の噂に拍車がかかっていたオアシスが、ついに来年の再結成に向けて動き出したと英紙ミラーが伝えている。

オアシスは2009年にノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガー兄弟の不和で解散したが、今年3月にリアムがノエルのライブのバックステージパスを掲げて自撮りした写真を公開して話題になった。

写真と共に「家族の中だけにとどめておこう」という思わせぶりなツイートをしたため、今年のグラストンベリー・フェスティバルでオアシスが再結成するという噂が浮上し、大騒ぎになっていた。

しかし、2人と近しい立場にある関係者が英紙ミラーに明かしたところによれば、ギャラガー兄弟はもっと時間をかけて再結成への準備を行うつもりだという。

「ノエルは何枚もソロでアルバムを出し、ツアーも売り切れになったりして成功しているが、リアムのキャリアはぱっとしない。リアムは昨年の秋にビーディ・アイを解散したし、過去の仲たがいは水に流して、ノエルと一緒にステージに立ちたいと思っている」

「当然ながら、2人とも莫大な収入が得られるのは間違いないし、ライブのチケットは飛ぶように売れるだろう。再結成の詳細についてはまだ話し合いを始めたばかりだが、2人は和解して、また一緒にやる気になっている」

「契約に署名したわけではないが、2人の間で男同士の約束が取り交わされている」と関係者は語っている。

ノエルは今年1月に行われたインタビューで「金のためならオアシス再結成もあり得る」と発言していた。ノエルが経済的に困っているとは考えにくいが、リアムは昨年隠し子問題が発覚し、離婚した元妻との離婚調停や、隠し子の母親に払う養育費で悩んでいると伝えられ、「今のリアムは滅茶苦茶な状態」とノエルも発言していた。
posted by おっさn at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | News memo after 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。