2015年06月09日

Noel Gallagher criticises amateur band for giving him an unlabelled demo CD

http://www.nme.com/news/noel-gallagher/86038




週末(6月6日)米ボストンで開かれた公演で、ノエル・ギャラガーがファンからデモCDを渡され、いつものごとく、機知に富んだジョークで会場を沸かせた。

オーディエンスの中に彼へCDを手渡そうとしているファンがいることに気づいたノエルは、パフォーマンスを中断し、それを受け取った。そして、その2枚のCDを見分した後、「自分のどうしようもないCDやるときは…」とデモの正しい送り方を手引きした。

「これ、誰のだか、なんて呼ばれているのか、名前さえ書いてないじゃないか。電話番号も、なんにもない。曲のタイトルもないじゃないか。なんにもだ(笑)。サイケデリックのアルバム・プロジェクトじゃない限り、これじゃあ、どこにもたどり着けないよ」

そして、そのファンにバンドの名前を尋ねると、「透明人間? なに、ザ・メモ? それがどれだけ皮肉なことか、わかってんのか? なにも書かれていないCDが、メモって奴によるものなのか! なんてこった」と返した。

この的確な指摘にオーディエンスは大笑い。デモを渡した本人も、自分のウッカリを笑うしかなかったことだろう。ただ、これがきっかけで“ザ・メモ”の名が知れ渡ったのは確かだ。一体何者なのか、彼らの音楽と共に紹介するメディアも現れた。
posted by おっさn at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

ライヴが生配信決定

http://amass.jp/57109/
時間は日本時間。
●Noel Gallagher's High Flying Birds
House of Blues Cleveland, Cleveland, OH
6月3日(水)午前9時10分〜
https://screen.yahoo.com/live/event/noel-gallaghers-high-flying-birds

posted by おっさn at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

ノエル・ギャラガー、米RS誌「ロック界で最高のインタヴュー

http://sp.ro69.jp/blog/kojima/123803

★ノエル・ギャラガー兄貴の「Fワード&どぎつい突っ込みギャグ満載」の発言のおもしろさは、オアシス時代からここUKでも定評がありましたが、

ついにアメリカでもその実力(舌力?笑)が評価されたようだ。

これまでキース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)やU2のボノ、ピート・タウンゼント(ザ・フー)など錚々たるスター達を相手に取材をしてきたあの米ローリング・ストーン誌が、

現在USツアー中のノエル兄貴に「ロック界で最高のインタヴュー相手」賞を授与!!!!!!!!!

以下のリンクから、その際のノエル兄貴の受賞スピーチ動画が見れます♪♪♪

http://www.rollingstone.com/music/videos/watch-noel-gallagher-accept-the-rolling-stone-award-for-best-rock-interview-20150508

受賞スピーチをかるく訳すとこんな感じ。

「うわ!信じられねー。見てのとおり俺は(この栄誉に)圧倒されてる。

俺はまず”好戦的なアティチュード”を与えてくれた俺のオフクロに感謝したい。
さらにロック界でたぶん最も”失礼で粗野な舌”を与えてくれた俺の親父にも感謝したいし、
こんな俺の実生活にも長く耐えてくれている俺の妻と子供たちにも感謝したい。
そしてもちろんこの賞を与えてくれたローリング・ストーン誌にも感謝したい。これってかなり特別なことだよね」。

にしても、ああいう”英北部人”特有のどSなユーモア感覚の面白さは絶対アメリカ人には伝わらないだろうな、、、と思ってたけど、
おめでとう兄貴♪♪♪
posted by おっさn at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

ノエル・ギャラガー、23年越しの新曲"Lock All the Doors"の成り立ちについて語る

http://sp.ro69.jp/news/detail/123702
現在、アメリカ・ツアー中のノエル・ギャラガーは5月6日にテレビのトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演し、パフォーマンスも披露することになった。

同番組でノエルはバンドと"ロック・オール・ザ・ドアーズ"を披露するとともに、この曲の成り立ちについても語っている。ノエルはロッキング・オン6月号でのインタヴューでもこの曲がオアシスに加入する前から書いてあった曲だと触れているが、ずっと仕上げられないままだったということを『ザ・トゥナイト・ショー』で次のように説明している。

「このアルバムには書き上げるのに23年かかった曲があって、それが"ロック・オール・ザ・ドアーズ"という曲なんだ。このもとの曲の一部はケミカル・ブラザーズと90年代に"セッティング・サン"を共作した時にそっちに提供したんだけど、残った部分についてはずっといつか仕上げようと思ってたんだ。それでコーラスはずっと懐で温めてたんだけど、どうしてもコーラスと合うようなヴァースが閃かなくてね。それがある日、地元のメイダヴェイルにあるスーパーのテスコからふらっと出てきた時に、どういうわけだかはわからないんだけど、来たんだよね、角を曲がって薬局チェーンのブーツに差しかかろうとしたくらいに、いっぺんに全部閃いたんだよ。この曲はオアシスでリリースすることもなかったけど、コーラスがあまりにもよかったから、絶対に諦める気にはならなかったんだ」
posted by おっさn at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

ノエル・ギャラガーが米TV番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』に出演しパフォーマンスを披露




ノエル・ギャラガーのソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher's High Flying Birds)が米TV番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』に出演しパフォーマンスを披露。曲は「Lock All the Doors」。映像あり
posted by おっさn at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

ノエル・ギャラガー、最新ロンドン公演のフルセット・ライヴ映像1時間をオフィシャル公開

http://amass.jp/55986/
ノエル・ギャラガーのソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher's High Flying Birds)の最新フルセット・ライヴ映像約1時間がオフィシャル公開。2015年ロンドン公演の映像。英ネットラジオAbsolute RadioのYouTubeチャンネルにて公開されています。




posted by おっさn at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

Noel Gallagher jokes that High Flying Birds and Beady Eye will never unite as BirdsEye


Noel Gallagher has spoken about the recent Oasis reunion rumours, denying that his band High Flying Birds and brother Liam's former Beady Eye project would "do a McBusted" and form a supergroup called BirdsEye.

Appearing on Channel 4 show Chatty Man, which will be broadcast tonight (May 1), Gallagher was quizzed by presenter Alan Carr about the prospect of him joining forces with Liam for the comically-named band, a reference to the frozen food company of the same name.

Gallagher replied, "Well, as enticing as that sounds, I don't think it's going to happen. Sorry." He added: "No. No. What more can I say? I've got nothing more to say on it that I haven't already said. It's not going to happen. No, I can't be arsed."

15 Reasons Why Oasis' 'Definitely Maybe' Is Definitely Amazing

Last month, reports emerged that the siblings have reached a 'gentleman's agreement' to reform the Britpop outfit.

While Noel had previously not addressed the rumours, Liam Gallagher decided to offer a no comment statement on the matter.

Oasis acrimoniously split in 2009 with Noel citing an inability to work with his brother as the key reason. There has, however, seemingly been a thawing in the pair's relationship lately. Last month saw Liam taking to Twitter to post a photo of himself holding a backstage pass to one of Noel's gigs, who in turn has publically encouraged his younger sibling to record a solo album.

13 Revealing Images From Oasis's 'Chasing The Sun' Exhibition
posted by おっさn at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

ノエル・ギャラガー、日本ツアーを振り返る

http://sp.ro69.jp/news/detail/122831

ノエル・ギャラガーは自身のツアー・ブログで日本ツアーについて振り返っている。

ノエルは日本滞在中、ブログをまるで更新していなかったことを詫びていて、毎日スケジュール通りに行動していてかなり単調だったため更新する気にならなかったと説明している。ただ、唯一変化があるとしたら、ライヴでの出来事で、「観客の中に『今日は何色の下着をはいていますか』っていうプラカードを掲げてるやつがいてさ」とそんなエピソードを披露している。

「それでライヴをやる時には下着ははかない主義なんだって言ったらしーんと静まり返っちゃってね。マドンナがピン芸人に挑戦したお笑い劇場よりもドン引きになっちゃったから(あれ観た? とんでもねーよな〔マドンナはアメリカのトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演して隠れコメディアンなのだと明かすと、司会でコメディアンのジミー・ファロンに是非にと要請されてネタを披露したが出来はかなり厳しかった〕)。ひょっとして、あの時、俺以外に俺のコメントに気づいた人は誰もいなかったのかもしれないな。でも、あの日本のファンのみんなからは本当にものすごい贈り物をもらったりしたよ。誰かにプレゼントを突きつけられて『ギフト・フォー・ユー!』って叫ばれない日なんてないからね。しかも、『ギフト・フォー・サラ!』『ギフト・フォー・ユア・チルドレン!』って続くんだからさ」

「プラカードのあんちゃんはツアーの全日来てくれてて、毎回プラカードは替えてたっていうか、少なくとも俺にはそう思えたんだけどね……俺的に一番がよく出来てたと思うのは、パンツ1枚だけの絵を描いて『何色?』って書いたやつだったね。ロックオンしてたから!」

「それと取材についてはご想像におまかせするけど、俺としてはなかなかユニークなものだったと思うよ。

ある取材では『今度の勃起』についてどう思うかって訊かれたからね(取材の通訳か記者がイギリスの総選挙について質問した際にelectionとerectionを間違えたかと思われる)。『ええ? 今度のなんだって?』っていう。でも、そもそもそんなこと気にしてるやつなんかいると思う? 年度収支の74パーセントがどうだとか、年度成長率の2.4パーセントがどうだとか、支出、削減、貸与、建設、ぐだぐだぐだぐだ、ファッキンごたくを並べやがって。てめーらのような情けない連中の方こそなんかもっと過激なことを言ってみろっていうの。

と、失礼しました。どこまで行ったっけ……そうそう、東京の武道館。ツアーの締めとしては最高のセッティングだったね。二晩やったんだよ。

どちらも素晴らしいライヴだったけど、初日の方が俺にはよかったかな。後光まで差してたくらいだよ。素晴らしい! 日本のファンのみんな、きみたちは間違いなく世界中でも一番妙に変わってて、それでいて風変わりなほどに普通な感覚のファンだと思うよ。

もろもろほんとにありがとう……フジロックまでね……さよファッキンなーら!

というわけで現在、俺は自宅のキッチンにいるところ。ナンシー(妻サラのレゲエ・ネーム)と王子二人も一日サファリ・パークに行ったまんまだし。猫までお出かけ中だよ!! しーんとしてなにも聞こえないね……ちょっと大阪のライヴみたいかも!!

元気にやってくぜ?

ごきげんよう。

追伸:このツアーでよく聴いてたのは
"サンディ・シャイニング"/フィンリー・クエイ
"シンバライン"/ピンク・フロイド
"狂人の嘆き"/ケヴィン・エアーズ
"エヴリバディーズ・ガット・トゥ・クラップ"/ルル
"ゴーイング・マイ・ウェイ"/ポール・ウェラー(新曲)
"ジャスト・ワン・タイム"/ジューシー・ルーシー
"Work Your Body"/ムーンブーティカ
"Guöngyhaju lány"/オメガ

これらはファッキン聴いてみて!」
posted by おっさn at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

Tales from the middle of nowhere: for Japan 2015

Tales From The Middle Of Nowhere Vol 3: The Good The Bad And The Bubbly

20.04.2015

Now then... What's happening? Anything exciting? No? Excellent!!!!

I didn't bother sending regular updates from Japan as the days to tend to be quite similar over there... MITHER, FUSS, MITHER, FUSS, PROMO, FUSS, SOUNDCHECK, MITHER, MORE PROMO,

MITHER AND FUSS, GIG, FUSS AND MITHER, HOTEL, FUSS, BULLET TRAIN, MITHER, MITHER, MITHER...repeat. Didn't seem any point bothering you with it.

Here then is a quick round up:

Every day is the same... hassled in hotel lobbies... chased through train stations... arrive at the gig... marvel at the latest brass section... There was one particularly shit mob in. Can't remember now but they were awful...funny almost.

Some guy at one of the shows had a placard held what said: "WHAT COLOUR UNDERPANTS ARE YOU WEARING?". I'd like to say the crowd were stunned into silence when I told them I don't wear underwear onstage, but as it was quieter than a comedy club that Madonna's doing stand up at (did you see that thing? Holy shit balls!!) I'm not sure anyone noticed, least of all me!

Been given some truly wonderful gifts by that mob. Not a day goes by that someone's not thrusting something or other at you shouting "GIFT FOR YOU!!" or  "GIFT FOR SARA!!" or  "GIFT FOR YOUR CHILDREN!!"

Bless you and thanks by the way if any of those people were you.

I did get a bit concerned when someone give me this bag of...stuff. In amongst it was a box with, what I would describe as, quite shouty Japanese writing on it. Being curious and all that I decided to open it up and see what was in it. Turns out it was individually wrapped little mini chocolate bars. BINGO!! I put the kettle on and sat down to sample the delights of yer oriental fun size snack. I'm on about my 3rd little shouty chocolate things when I start examining the box and I notice that underneath the shouty Japanese writing is, written in shouty English, "The legend: BLACK THUNDER!!" Black thunder? I'm thinking... Oh fuck these better not be laxatives!!

The lad with the placard followed the entire tour with different variations on his original sign, at least I think it was him... My favourite being him holding up a sign with just a pair of underpants drawn on with the words: "WHAT COLOUR ARE THEY?" He was obsessed!

The interviews were as you might imagine... Unique I think is the best way to put it.

Someone asked me about our "upcoming erection?"... 'Scuse me? Who gives a fuck about that anyway? 79% of the fiscal this...2.4% growth of the annual that, spend, cut, borrow, lend, build...blah, blah FUCKING BLAH. Say something radical you utterly contemptible bastards.

Sorry about that. Where were we? Yes... Tokyo, The Budokan, a great way to end the tour... 2 nights.

Excellent shows. First night was my favourite. The sun even came out. Lovely!

Japanese fans you are without doubt the most strangely strange yet oddly normal people in the whole world.

Thank you for everything... until Fuji Rock... SAYO-FUCKIN'-NARA!

You currently find me at home, alone, in our kitchen. Nancy and the 2 princes have gone out for the day to a safari park. Even the cat's gone out!!

The silence is deafening...bit like in Osaka!!

 

Keep it livid yeah?

 

GD.

 

PS:on that tour I listened mostly to:

Sunday Shining by Finley Quaye.

Cymbaline by Pink Floyd.

Lunatics Lament by Kevin Ayres.

Everybody's Got To Clap by LuLu.

Going My Way by Paul Weller.

Just One Time by Juicy Lucy.

Work Your Body by Moonbotica.

Guöngyhaju lány by Omega.

 

Get the fuck on that lot!!

posted by おっさn at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。