2015年05月14日

Noel Gallagher Soars With His High Flying Birds at Webster Hall

http://blogs.villagevoice.com/music/2015/05/noel_gallagher_high_flying_birds_live.php

It may be the title of his latest work, but Noel Gallagher is hardly chasing yesterday.

Some might view the former Oasis songwriter's yearling band, Noel Gallagher's High Flying Birds, as an interim project while brotherly bad blood with younger sibling Liam settles, a stopgap while Oasis take a break. Maybe Oasis will come back one day, but with two notable albums under his belt with the Birds, the latest being the winter-released Chasing Yesterday, the elder Gallagher isn't looking over his shoulder. 

Taking the stage at Webster Hall, the 47-year-old Gallagher looked sharp and slim in a black T-shirt and jeans. His band was similarly humbly attired and quietly comported: Guitarist Tim Smith took leads with no showy display; bassist Russ Pritchard's boldly melodic bass rose in the mix on some songs, and his backing vocals added fine-tuning to Gallagher's; drummer Jeremy Stacey pounded with a precise heft; and keyboard player Mikey Rowe, studiously encased in two banks of keyboards, administered layers of sound, from a symphonic Mellotron whoosh to plinking pub-rock piano. What with some new songs taking a soul bent, a three-piece horn section picked up stateside was so new that when it came time for introductions later in the performance, Gallagher said, "I don't know their names, no idea who the fuck they are....It's New York, they're probably connected to the Mafia. But they're fuckin' brilliant, whoever they are. Ah, they're Mob Scene." He wasn't wrong about the "brilliant" part.

If it took Oasis breaking up to actually hear and experience Gallagher's music outside of an arena's sonic horror and emotional disconnect, then there's a blessing right there. Oasis was clearly in their hearts of the Webster Hall crowd, which was mostly older, even middle-aged folks bent on singing and swigging. But it wasn't quite the Union Jack–sporting expat Brit rally you might have expected. Still, as much as this arduous crowd got behind the songs, there did seem to be an unspoken distance: Gallagher tried to greet and chat with them, but all he got was the kind of vacant murmuring you'd hear in a pub: "For fuck's sake, say something!" he admonished. Perhaps no one wanted to speak out of turn and be skewered by Gallagher's blunt-force retorts.

Gallagher seemed genuinely engaged, though, talking about New York, and declaring the music going on downstairs at Webster Hall as "sounding like shit." When a technical hitch very briefly delayed a song, he urged that it be fixed, saying, "C'mon, they paid to see this shit." A way with fine words, Gallagher hasn't, but even when he sounds wrong, he's right.

It was a no-nonsense kind of evening. Either by luck, instinct, or some kind of genius show savvy, the set was perfectly paced and politically astute: Kick off with a new song ("Do the Damage"), split the set between the new record and the debut, and punctuate it with Oasis songs, both deep cuts and big hits. Fleshed out live, the new songs took on a vivacity − particularly the out-and-out rocker "Lock All the Doors," which the band played on the Tonight Show Wednesday night − and meshed perfectly with their forebears. The swooning "Riverman," an album standout, and "Ballad of the Mighty I," perhaps its finest cut, were matched by the ballsy Birds' "Dream On" and "Broken Arrow," and Oasis's "Fade Away" and "Champagne Supernova," the latter causing the room to fill with a skunk odor as the pot smokers hit up their spliffs. Where were you when we were getting high? The floor at Webster, apparently.

Vocally, Gallagher's never been better. He doesn't grandstand, he just lets the songs do the work. That really is his calling card: a well-written song, something that can't be argued whether Britpop's your bag or not. It's not like he's the greatest lyricist, but when he combines plainspoken words with a keen melody and gives them a structure in which to breathe, the simple becomes resounding. For the encore, "What a Life," with its firm dance-y beat, was followed by the Oasis anthem "Don't Look Back in Anger," with all its stiff-upper-lip nostalgia. It was, unsurprisingly, a serious sing-along, note-perfect even, and the usually poker-faced Gallagher almost cracked a smile. Any looking back he's doing is with pride of place, and that of a job well done.



posted by おっさn at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

ノエル・ギャラガーのNYライブ。床が抜ける勢いの盛り上がり。TVライブ&ベストロックインタビュー賞受賞映像(笑)

http://sp.ro69.jp/blog/nakamura/123699

ノエル・ギャラガーが、日本でのツアーを終えてアメリカツアーを開始。5月7日に、NYウェブスターホールでのライブを観てきた。

ライブでも言っていたけど、その前にTV番組”Tonight Show"に出演して”Lock All the Doors”を披露。映像はこちら。
http://www.rollingstone.com/music/news/watch-noel-gallagher-revive-oasis-demo-lock-all-the-doors-on-fallon-20150507

さらに、ローリング・ストーン誌が、ノエルに、”ベスト・ロック・インタビュー賞”なるものを授与。ピート・タウンゼントよりも、キース・リチャーズよりも、ボノよりも、あまりに頭が良くて、めちゃくちゃ面白くて、タイトルとなる発言に溢れるノエルのインタビューは、「ロック史上最高」であると、トロフィーと花束が贈呈。半分ギャグでやっているようにも見えるけど、実際そうなのは、日本のファンの皆さんも同意するだろう。こちらがその映像。

https://m.youtube.com/watch?v=2kmWPPGI70g

ノエルの受賞コメントは、「母に、こういうくそ生意気な態度を与えてくれたことに感謝。それから父親に、恐らく……世界一失礼な言葉使いを与えてくれたことに感謝」している(笑)。

ライブのほうは、NYにも関わらずウェブスターホールは、ノエルにしたらあり得ないくらい小さいキャパ(2000人)。なので、チケットが取れたファンはラッキーすぎ。外にも、「チケットありますか〜」という人が大量にいた。超貴重な1枚をいただいて本当に感謝だ。

実際中に入ったら、何度も行ったことある会場だけど、本当にぎちぎちのパンパンで。しかもアメリカ人って、どんな貴重なライブでも、飽きたら平気で帰っちゃう正直な人達なんだけど。この日は、もう最後の最後までひっとりも帰らないぎちぎちさで、しかも、大大大合唱は当然、あまりに床が揺れて、壊れて抜けたらどうしようという恐怖感すら感じるくらいの盛り上がりだった。ノエルが途中で「イギリスから来た人?」って訊いたけど、思ったより大量に手が挙らなかったので、アメリカ人のファンが多かったのだと思う。ノエル、さすがのスターパワーだ。帰る時に見た機材のトラックも、この会場で見たこともない巨大さだったし。

日本でも見た人によると、セットリストの並び方が弱冠変わっているということ。この日は、こういう内容。北米では、”Don't Look Back in Anger”で終わるというパターンになっている。

1. Do the Damage
2. (Stranded On) The Wrong Beach
3. Everybody's on the Run
4. Fade Away
5. In the Heat of the Moment
6. Lock All the Doors
7. Riverman
8. The Death of You and Me
9. You Know We Can't Go Back
10. Champagne Supernova
11. Ballad of the Mighty I
12. Dream On
13. The Dying on the Light
14. The Mexican
15. AKA...Broken Arrow
16. Digsy's Dinner
17. If I Had a Gun...

encore
18. The Masterplan
19. AKA...What a Life!
20. Don't Look Back in Anger

ノエルは、北米ツアーを約20カ所でやり、来月頭にはフェス、ガバナーズボールで、再びNYに戻ってくる。その後世界中でフェスに出演し、予定表でみると、その最後を締めくくるのが日本のフジロックとなっている!セットリストがまだまだ進化中なので、世界中のフェスで試された後の最強の形でフジのライブを行うはずだ。
posted by おっさn at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、3年ぶり待望のジャパンツアーがスタート! オアシスも含めキャリアを堪能できる究極のライヴ!

http://www.barks.jp/news/?id=1000114419#utm_source=tw_itm_barks&utm_medium=social&utm_campaign=tw_auto


アルバムの全世界セールスが累計7000万枚以上を誇る世界的ロックバンド、オアシスでほぼ全ての主要楽曲のソングライティングを手掛けるノエル・ギャラガーによるソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ。その最新アルバム『チェイシング・イエスタデイ』のリリースに伴い、ソロ1作目となる前作『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』リリース時のツアー及びヘッドライナーとして出演した『FUJI ROCK FESTIVAL 2012』以来となる3年ぶりのジャパンツアーが、4月6日(月)大阪・フェスティバルホールよりスタートした。

隅々まで観客で埋め尽くされたフェスティバルホールには、開演を待ち侘びる独特の高揚感が漂う。SEが止むのと時を同じくして、様々なホーンの音色と地鳴りのような効果音がクロスフェードし、暗転と共に満場のオーディエンスは総立ち! ギター、ベース、ドラム、鍵盤、そして3人のホーンセクションを従え、シンプルなネイビーのカットソーにジーンズ姿で、トレードマークのチェリーレッドのギブソン355を手にクールにプレイしていくノエル。ステージ後方に設置された巨大スクリーンには『チェイシング・イエスタデイ』のジャケットが映し出され、最新シングル「バラード・オブ・ザ・マイティ・アイ」(MV⇒ http://youtu.be/bzQYtpjMjSo )「イン・ザ・ヒート・オブ・ザ・モーメント」(MV⇒ http://bit.ly/1nIolta )など曲の進行に合わせ以降も代わる代わる表情を変えていくのは、視覚的にもドラマティック。セットリストも『チェイシング・イエスタデイ』のリリースツアーとは言え、前作から「イフ・アイ・ハッド・ア・ガン」「ドリーム・オン」「デス・オブ・ユー・アンド・ミー」等のヒット曲も惜しみなく投入されたメニューで、ソロとしての世界観が存分に堪能出来るのも嬉しい限りだ。

音響の良さには定評のあるフェスティバルホールというのもあるだろうが、ノエルのボーカルも絶好調で、とにかく歌が、ギターが鳴っている。また、『チェイシング・イエスタデイ』では、ホーンがフィーチャーされた『リヴァーマン』等で新たな一面を見せているが、ライヴでもホーンはその楽曲を彩るのに随所で一役買っている。そして、時より客席から寄せられる「ノエルー!」「兄貴ー!」といった歓声には、「今、マイクを交換するからファッキン静かにしろ」などといつものノエル節をかましながら、ステージ上はいたってリラックスムード。このツアーに向け心身共にバンドがしっかりとチューンナップされているのが分かる。

そして、やはり気になるところはオアシスの楽曲、というところだが、アコースティックギターを手にイントロをかき鳴らせば、会場からは待ってましたの大歓声が…!というシーンは幾度となく用意されているのでご安心を。瞬く星空をバックに大合唱する、「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」には何とも胸を揺さぶられる!ソロはもちろん、オアシスのレパートリーも鉄板。自身のキャリアをたどる新旧の名曲群で、たっぷりと魅せてくれたノエルだった。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのジャパンツアーは、大阪公演2日目となる4月7日(火)フェスティバルホール、9日(木)広島文化学園HBG ホール、11日(土)Zepp Fukuoka、13日(月)Zepp Nagoya、15日(水)・16日(木)日本武道館まで続く。


posted by おっさn at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル・ギャラガー最新ライヴ@London O2 Arena

http://sp.ro69.jp/blog/kojima/120352

★ノエル・ギャラガー兄貴のソロ最新作『チェイシング・イエスタディ』が、
またもや全英アルバム・チャートの1位!!!(オアシス時代から通算するとノエルが創ったアルバムは9作連続で全英1位!ということになる。凄ぇ〜)になっただけではなく、
「2015年の英国で最速・最多売り上げ記録!!!」まで作ったのは皆さんもご存知かと思いますが、

英国時間の3月10日、
3月3日@ベルファーストからキック・オフされたUK&アイルランド・ツアーがついにロンドンへ到着♪♪♪

というわけで、気分もマンチェ・モードに切り替えて行ってきました@ロンドンO2アリーナ。

★ますは当日のセトリから。


Noel Gallagher Live@London O2 Arena, 10th March 2015.

1, Do the Damage
2, ( Stranded On ) The Wrong Beach
3, Everybody's on the Run
4, Fade Away
5, In the Heat of the Moment
6, Lock All the Doors
7, Riverman
8, The Death of You and Me
9, You Know We Can't Go Back
10, Champagne Supernova
11, Ballad of the Mighty I
12, Dream On
13, The Dying of the Light
14, The Mexican
15, AKA...Broken Arrow
16, Digsy's Dinner
17, If I Had a Gun

Encore
18, Don't Look Back in Anger
19, AKA...What a Life!
20, The Masterplan

最新作からの選曲がYou Know We Can't Go Back"と”Do the Damege(”In the Heat of the
MomentのB面曲。しかもオープニングとして!)が加わった8曲、
オアシス曲コーナーがまさかの”マスタープラン”と”シャンペンスーパーノヴァ”が加わった5曲、
という構成が最近のセトリの傾向になりつつある模様(嬉♪)。

★当日のライヴ動画も。

Champagne Supernova
http://www.youtube.com/watch?v=3ZGyHXuwVrU

Do the Damage
http://www.youtube.com/watch?v=WBZAxbcQAIs

★上の写真を見ていただいてもお分かりのように、
今回のツアーは、バンドのパフォーマンスもステージ構成も(ど派手なライト・ショーや巨大スクリーンに映し出されるどサイケな映像など)、
凝りに凝りまくった気合の入ったものになっている。
4月の来日ライヴに参加される方々も大いに期待してください。
posted by おっさn at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、4/15武道館公演を速報レポート!

http://sp.ro69.jp/news/detail/122311
「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」名義での2作目にして初の完全セルフ・プロデュース作となるニュー・アルバム『チェイシング・イエスタデイ』を今年2月にリリースし、現在来日ツアーを敢行中のノエル・ギャラガー。

RO69では、昨日4月15日(水)に行われた東京・日本武道館公演初日のオリジナル・レポート記事を公開しました。

―――――――――――――――――――――――
【ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ @ 日本武道館】

赤裸々なまでにロックンロールなノエルがいた。3月のUK・ベルファストで幕を開け、日本では4/6の大阪・フェスティバルホール(追加公演)を皮切りに広島、福岡、名古屋と巡って来た『チェイシング・イエスタデイ』のツアー。そして迎えた東京・日本武道館の初日である。前作ツアーでは、最終的に超プロフェッショナルなポップ・スペクタクルへと到達していたノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズだが、サウンドの新局面も覗かせた新作のライヴは、意外なほど熱く、ハミ出すほどに衝動的なヴァイブを受け止めさせる内容だった。翌4/16には武道館での追加公演を控えているので、そちらを楽しみにしている方は以下、本文の閲覧にご注意を。

“Tomorrow Never Knows”の爆音SEが鳴り止むと、場内が暗転して大歓声の中バンド・メンバーが登場する。レコーディングにも参加しているジェレミー・ステイシー(Dr)やマイク・ロウ(Key)含め、お馴染み5人のロック・バンド編成。プラス、今回のツアーでは公演ごとに異なる現地調達ホーン・セクションがステージの所々に加わるという、ユニークな趣向が持ち込まれている。総勢8名で手応えを確かめるように、新作ボーナス・トラックの“Do The Damage”を切り出すオープニングだ。ノエルの歌も抑制を利かせた印象だったが、3曲目、眩しい太陽が昇るCGアニメーションを背景に繰り出される“Everybody’s on the Run”辺りから、いよいよ芯の強いメロディを軸に、NGHFBのサウンドが本領を発揮し迫り来る。

ノエルがアコギを抱えると、この序盤のうちにほっこりとした穏やかなアレンジで披露されてしまうオアシス曲は“Fade Away”だ。B面曲にしてこの大歓声。オアシス曲の抗い難い影響力が伺える。そして、旋律がしなやかだからこそイーヴン・ビートの推進力が映えるシングル曲“In the Heat of the Moment”を挟み、一夜の情熱的な恋をノイジーなロックで駆け抜ける“Lock All the Doors”へと向かう。これらの新作曲ではとりわけ、シンプルなアレンジのホーン・サウンドが加わり、楽曲にふくよかさをもたらしている。ただし、それ自体は新鮮なオプションではあっても、この新作ツアーの最重要ポイントではなかった。

“Riverman”を経たところで、前線のファンが掲げるプレゼントの包みに気付いたノエル。「なにそれ? フェイスマスク? それよりTシャツとか買ってくれよ! 俺にはフェイスマスクなんて必要ないけど、でもありがとう」と、相変わらず歯に衣は着せないが旅路の出会いを楽しんでみせる。そして“The Death of You and Me”は、トボケた哀愁を漂わせるトランペットのミュートが、絶妙に嵌るパフォーマンスだ。重厚なピアノの演奏に導かれた“You Know We Can’t Go Back”のロックンロールな無敵感は、間違いなく前半のハイライトだったろう。

オアシス初期から一貫して、スリリングな逃避行を求める魂と、逃げ切れないまま重くのしかかる現実の虚無感を歌い続けてきたノエル。中盤で披露された“Champagne Supernova”はかつての栄光には違いないが、今の彼にとっては重くのしかかる現実そのものだろう。ノエルはその「逃れられなさ」を熟知しているから、この曲をプレイする。ただし、あの終盤のギター・ソロを、もはや自らの手では弾かない。今の“Champagne Supernova”はノエルの手を離れ、既にファンのものになっている名曲だからだ。逃避を求める魂と、逃れられない現実がせめぎあい、するとどうなるか。吹き上がるエモーションはより熱く、激しくなる。メロディが強烈な加速感をもたらす“Ballad of the Mighty I”にしても、やたらBPMが速い“Dream On”にしても、ステージ後半のNGHFBは、ロックンロールのスリルでしか描けないものを伝えていった。

“The Mexican”は、思い切り楽曲をブーストアップするホーン・サウンドが最高だ。そして“AKA...Broken Arrow”を歌い切ると、ノエルはこう語る。「1994年、オアシスのクアトロ公演に来た奴はいるか? 君らにこの曲を捧げるよ、クソッタレ」。まさにブチかますような、痛快無比の“Digsy’s Dinner”である。こんなヤケクソ気味のメンタリティさえも掬い上げてしまうところに、ノエルが残して来た名曲群の「逃れられなさ」はあるのだろう。そして本編ラストは、“Don’t Look Back in Anger”。頭から大合唱ではあったけれども、コーラス部分に突入しようというとき、ノエルは客席を指差してスタンド・マイクから大きく離れてしまう。ファンが歌う名曲だからだ。でも、今度は終盤に、エモーショナルなギター・ソロを弾いていた。

アンコールに応えると、NGHFBのファーストから2曲、そして「今日は、来てくれてどうもありがとう。次が最後の曲、“The Masterplan”だよ。また会おうぜ」と告げて、ステージを締め括ったノエル。ファーストから7曲、新作からボートラ含め8曲、オアシス曲が5曲。《We let love get lost in anger, chasing yesterday...》というノエル史上の名フレーズを誇る“While The Song Remains The Same”が披露されなかったことは唯一の心残りだが、ただプロフェッショナルなショウマンの座に甘んじることなく、欲望と現実の狭間で踠き、全力でロックンロールするノエルは堪らなく愛おしかった。3年前がそうだったように、今夏フジロックでは更にパフォーマンスの精度を上げて来るだろう。楽しみだ。(小池宏和)

[SET LIST]
1. Do The Damage
2. (Stranded On) The Wrong Beach
3. Everybody’s on the Run
4. Fade Away
5. In the Heat of the Moment
6. Lock All the Doors
7. Riverman
8. The Death of You and Me
9. You Know We Can’t Go Back
10. Champagne Supernova
11. Ballad of the Mighty I
12. Dream On
13. The Dying of the Light
14. The Mexican
15. AKA...Broken Arrow
16. Digsy’s Dinner
17. Don’t Look Back in Anger

En1. If I Had A Gun...
En2. AKA...What a Life!
En3. The Masterplan
―――――――――――――――――――――――

「NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS Japan Tour 2015」は本日16日(木)の日本武道館公演でファイナルを迎える。ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズはこの後アメリカ、ヨーロッパでのツアーを予定しており、7月26日(日)には新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催されるFUJI ROCK FESTIVAL '15に出演することも決定している。
posted by おっさn at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、武道館初日終了! 本日最終公演直前にその見どころをお届け


ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが、昨日4月15日、日本武道館にて来日公演を行った。

 4月6日より続いている、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの新作『チェイシング・イエスタデイ』を引っさげた今回の来日ツアー。昨日はそのトリを飾る東京公演の初日となった。本記事は本来ならライブ・レポートということで、起こった出来事を仔細に記したいところだが、まだ最終日の4月16日ーーつまり、本日!ーーの公演が残っているということで、ネタバレを避けるべく、ここではライブのポイントに触れるのみに努めたいと思う。それでも、一切の情報も入れずにライブを観たいという方は、ぜひ今はブラウザを閉じて、終演後に振り返りがてらにでも見返して頂きたい。

 また、本記事のアップ後、数時間後に始まる最終公演は、当日券も出るとのことなので、まだ迷っているという方はぜひご一読頂きたい。もちろん、もうチケットを確保し、参加することを決めているという人も、この記事を読んでから会場に向かって貰ったほうが、ライブを一層楽しめるはず。ということは念押ししておく。あと、可能な限り煽り記事のようにならないよう努めたいが、書かないことが存在する以上、どうしてもそういう側面が出てしまうということも念頭に置いて読んでもらった方が良いだろう。

 以上のような前提で書いている記事のため、もちろんセットリストの詳細についてはここでは触れない。(とは言え、いまどき少しネット検索すれば、ここ数日のセットリストはすぐに分かるだろうけど。)

 ただ、それでも、第一に言えることは、今のノエルと彼のバンドが絶好調だということだ。昨日の公演では、ノエルの声もバッチリ出ていたし、バンドのアンサンブルも鉄壁。曲を演奏し、観客聴かせるという、バンドの基本的な役割に対する精度という点で言えば、現在のノエルとそのバンドのレベルはオアシスの比ではないだろう(もちろん、あのバンドにあった“魔法”を否定するわけではないけど)。その意味で、今回の来日ツアーはノエルにとっては、キャリア史上最も充実したライブの一つに数えられるはずだ。

 第二に、ノエルのソロ作の楽曲が非常に良いということ。曲によっては、録音バージョンよりも遥かに曲本来の魅力が伝わってくると感じた。ソロ以降のノエルは、サウンド的には、ほんのりサイケ・フォーク風のモッズ路線、ブルーアイドソウル路線を突き進んでいる、と筆者は考えている。だが、楽曲の魅力という点から言えば、やはり他のアーティストとの最大の差異になっているのは、キャッチーでアンセミックなフックやコーラスと、そのサウンドの絡ませ方だ。8ビートのパンキッシュな曲だろうが、ファンキーな16ビートの曲だろうが、とにかくどの曲にも聴き手の耳を捉えて離さないフックがあり、その完成度はまさに職人的という言葉が相応しい。そして、その強度を文字通り“体感”するという意味で、やはりライブほど最適の場所はないのだ。「ノエルの書く曲の良さなんて十分に知っているよ」という人ほど、気付きと発見の多いライブになるはずだ。

 あと、これは流石に多くのファンが知っていることだと思うので書いてしまうと、オアシス時代の曲も演奏する。もちろん、みんなが大好きなあの曲もやるし、ちょっと意外なあの曲やあの曲もやる。ただ、その選曲以上に個人的に印象的だったのが、現在のノエルの志向やバンドに合わせて改めてアレンジされたあの曲。原曲長大なサイケ・ロック風のアレンジから、カントリー的とも言えるフォーク・ロック風のアレンジに切り替わっていて、ソロ以降のノエルが音楽家としてのポテンシャルの枝葉を伸ばし切ろうとしていることを改めて痛感した。こうした肥沃で芳醇な音楽的充実は、ソロという小回りの利く環境でこそ追求できるものだったろう。その意味で、寂しくはあるが、オアシスを止めてまで活動するその必然性が感じられるライブでもあった。

 冒頭でセットリストには触れないと言いつつ、これだけは書かせて欲しいのが、「Do The Damage」は聴いておいた方が良いだろうということ。新作『チェイシング・イエスタデイ』のデラックス版にしか入っていないこの最高のモッズ風トラックは、今回のセットリストのとても重要な位置に置かれている。もちろん、全く未聴の曲でもその場で聴いて楽しめるということもあるだろうが、やはり事前に知っておきたいという人も多いだろう。『チェイシング〜』通常版で買ったという人は。この曲だけでもダウンロードするなりして聴いておくと、楽しみが広がるはずだ。

 と、ここまで基本的には良いことばかり書いて来たが、ひとつ気になったことを挙げるとすれば、若干会場の音響面、特にベースの低音が物足りなく感じたということ。これはアリーナの中央のやや前方という筆者の立ち位置や、武道館という建物の構造上、仕方がない部分があるのかも知れないが、それによってやや魅力が目減りしていると感じる曲があったのが残念だった。ただ、この点は昨日もライブが進むにつれ良くなっていたし、2日目の今日、さらに改善されているということも大いに期待できるだろう。

 さらに言えば、ここまで出来るだけ演奏曲には触れずに書いて来たが、ツアー最終日、しかも東京公演2日目となれば、これまでの公演とは異なるセットリストになるということもあり得るだろう。その場合は、筆者の配慮もただの徒労だった、ということになるが、それならそれで構わない。ぜひ会場で、出来るだけ真摯に、ノエルが「いまここ」で奏でている音楽に、耳を向けて欲しい。

posted by おっさn at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル・ギャラガーが3年ぶりの武道館公演…マンCサポも多数来場、バロテッリの登場に喜び?

http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/302623.html
イギリスのロックバンド、oasisを脱退後、Noel Gallagher's High Flying Birdsとして活動しているノエル・ギャラガーが、2枚目のアルバムとなる『Chasing Yesterday』を引っさげ、3年ぶりとなる日本でのツアーを実施。15日には日本武道館でパフォーマンスした。

 6日の大阪を皮切りに、広島、福岡、名古屋でのライブを経て、東京に来たノエル。今回のツアー期間中の12日にはノエルの愛するクラブ、マンチェスター・Cと“宿敵”マンチェスター・Uによる大一番“マンチェスター・ダービー”があった。

ダービー直前の11日の福岡でのライブでは、「3−1でシティが勝つ。アグエロの2得点とヤヤの1点だな。マン・ユナイテッドの1点はオウンゴールだ!」と、マンチェスター・Cの勝利を予想していた。

 試合当日の12日、ノエルは名古屋市内のスポーツバーで観戦したが、願いもむなしく、結果は4−2でマンチェスター・Uの勝利。現在4位のマンチェスター・Cは、3位の宿敵との勝ち点差が4に拡大してしまった。

 翌13日の名古屋公演は「ノエルの機嫌がかなり悪いんじゃないか?」と心配する声がファンの間でささやかれたが、無事開催。公演中には“勇気ある”ファンがノエルにマンチェスター・Uのことを投げかけるも、「マン・ユナイテッド? 誰だ、そいつは?俺はそんな名前のヤツは知らねぇ」と一喝した。

マンチェスター・Cのサポーターとしても幅広く知られているため、各会場にはユニフォーム姿やクラブのエンブレムが入った旗を持つファンが数多く来場。15日の武道館公演でもセルヒオ・アグエロやヴァンサン・コンパニといった選手たちの名前が刻まれたユニフォーム姿のファンや、クラブエンブレムが書いてあるイングランドの旗を振るファンの姿が。

1万人の観衆が詰めかけソールドアウトとなったライブは新譜の『Chasing Yesterday』の楽曲を中心に構成。前作からも『The Death Of You And Me』などを披露した。さらにはoasis時代の名曲も織り交ぜると、武道館のオーディエンスは大興奮。

名曲「Don’t Look Back In Anger」では奇しくも(?)スクリーンに映し出されたマンチェスター・Cのクラブカラーである水色を基調とした映像を背景に熱唱。ファンも大合唱で会場が歌声で包まれた。

 ライブ中のMCでは、もちろんサッカーの話題も。アリーナ席前方にいたマリオ・バロテッリとアグエロのお面をつけたファンが特に気になったようで、「そこにいるバロテッリとアグエロに次の曲を捧げるよ」と歌の直前に話したり、ラストソング直前のMCでも「来てくれて、ありがとう」と感謝の言葉に続き、「そこのバロテッリとアグエロも楽しんだだろう」といじっていた。
posted by おっさn at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ武道館公演初日!1万人が大熱狂、大合唱の夜!

http://www.sonymusic.co.jp/artist/noelgallagher/info/452977

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ3年振りのジャパンツアーの最終地、日本武道館にて昨夜行われ、約1万人を動員した大熱狂の東京初日公演の最速レポートが到着!


 アニキ、カッコ良すぎである。ソロ2枚目の最新アルバム『チェイシング・イエスタデイ』を引っ提げた、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの3年振りとなる来日公演。大阪、広島、福岡、名古屋を巡ったツアーの最終地、東京は超満員の日本武道館で、佇まい的にもぐっと精悍さを増したノエルが見せたのは、ライヴ・アクトとしてより洗練され、屈強になり、さらにはワイルドさ、もっと言えばセクシーさまで纏った完全無欠な姿だった。

 『チェイシング・イエスタデイ』で、サイケからディスコ、ニュー・ウェイヴ、スペース・ジャズまで横断する驚異的な音楽的進化を遂げたノエルは、パフォーマンスにおいてもネクスト・ステージへと達していたのだ。 そもそも、1曲目に「ドゥ・ザ・ダメージ」を持って来ることからしてニクい。個人的にはソロになってからのノエル曲のベスト5に挙げたいロックンロール・ナンバーで、これがシングルのカップリング&アルバムのボーナス・トラックというのがまたすごいと思っていたのだが、やはり楽曲としてのパワー、インパクトは絶大。実際に3人のホーン・セクションをフィーチャーして披露されるや、一瞬にして会場に火が点いた。なんせ名曲の宝庫のノエルである。ここからの展開はあまりに豪華。激渋の「エヴリバディズ・オン・ザ・ラン」、アコギを持ってのオアシス曲「フェイド・アウェイ」、ハード・ドライヴィンな「ロック・オール・ザ・ドアーズ」に「ユー・ノウ・ウィ・キャント・ゴー・バック」、ここでやるかという絶妙なタイミングで挟まれたオアシスの鉄板バラード「シャンペン・スーパーノヴァ」、ノエルがギター・ソロを弾きまくる「バラード・オブ・ザ・マイティ・アイ」、ダンス・ビートが鮮烈な「ザ・メキシカン」と、随所にホーン隊を交えた骨太且つきらびやかな演奏で繰り出されるマスターピースの数々に、時にため息が出るほど聴き惚れてしまった。それを演出する、バックの巨大なLEDヴィジョンにも目を奪われる。そして、何十回、何百回やろうとも決して予定調和になることはない、もはや聖歌と化したオアシスの大合唱アンセム「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」。ノエルはサビでさり気なくオーディエンスを指差し、マイクから離れる。武道館にこだまする♪ソー・サリー・キャン・ウェイト♪の声、声、声。こんな幸せな光景の一員となれる僕らは、本当にラッキーだ。鮮やかに花吹雪が舞い踊る映像をバックに、オアシス「ザ・マスタープラン」でアンコールをドラマティックに締め括ったノエルは、「シー・ユー・スーン」という言葉を残し、オーディエンスに拍手を送ってステージを後にした。そう、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは今年のFUJI ROCK FESTIVALに出演する。今度は苗場の雄大でスピリチュアルな自然に包まれながら、この感動を味わうことができるのだ。今日の余韻を噛み締めながら、夏が来るのを待つとしよう。  


posted by おっさn at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NGHFB Live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。