2010年02月25日

CROSSBEAT '10年4月号

まだ手にとって見てないが、、
徹底検証ブリットポップ15周年!!って特集があって、
OASIS
いきなり頂点へ──デビュー当時から「俺たちはNo.1」と豪語してきたオアシスの原点
ってコーナーがあるようです。

ちょっとのぞいてみんと。

CB1004.jpg
posted by おっさn at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jeff Langを観てきた

2010年2月24日@渋谷クラブクアトロ

フジロックの映像を観て、「観てみたいなぁ」と思い、招待券が
手に入ったので、Jeff Langを観てきた。

正直、フジの映像を観た以外は全く知識ゼロ。
ジャンル的にも好みではない(ジャンルでしばりにくいかもしれない)が、
パフォーマンスはホンマGreatだった。

演奏終了後、ビールがドリンクメニューから外されているのに
がっくりしたが、コーラを片手にステージが片付けられて
いくのを椅子に座って見ながら、「そういえば15年くらい前に
クラブクアトロで演ってたんだなぁ」と思いふけっていた。

やはりLiveはいい。
posted by おっさn at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タブロイド紙に関するオフィシャルのニュース

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=794
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000058604

オフィシャルupdate
***********************************
NOEL GALLAGHER: UPDATE
21 February 2010

On Sunday one of the UK tabloids carried a story that Noel made derogatory comments about Liam's new band. The claims made in the article and the quotes attributed to Noel were untrue. Noel has never made any comment regarding Liam's new band. The newspaper concerned has subsequently withdrawn the story and apologised to Noel for their error.

Barks
**********************************
ノエル・ギャラガー、新聞記事にご立腹

ノエル・ギャラガーが、ファンと交わした会話の中で弟リアムのニュー・バンドを皮肉ったと報道した英タブロイド紙『News Of The World』の記事に憤慨している。

同紙は日曜日(2月21日)、ノエルがリアムのブリット・アワーズでのスピーチに対し「あいつが俺のバンドの手柄を自分のものにしたいってんなら、それはあいつ次第だ。でも、ファンなら事実を知っている」、元オアシスのメンバーによるニュー・バンドを「(UKのガールズ・グループ)シュガーベイブスみたいじゃないか。今度はアンディ・ベルを追い出して、代わりに足の長いブロンドを入れるんだろうよ」などとディスったと伝えていた。

これに対し、ノエル側は同日、オアシスのオフィシャル・サイト(Oasisinet.com)に声明を発表、記事は事実無根だと反論した。「記事の内容、ノエルによる言及は、まったくのデタラメだ。その上、この記事を書いたのは“特ダネ”と称し、リアムが女性ベーシストをバンドに加入させたと報じたのと同じジャーナリストだ。記事の中にあった女性は、ファン・サイトのエディターで、報道がなされた後数時間もたたずに全面否定し新聞に恥をかかせている」

ノエルは、この記事に対し弁護士に相談中だという。

オアシスはこれまでもタブロイド紙の常連中の常連で、中には事実とは思えない記事も数多くあったが、この程度の内容でわざわざ声明を発表するのはめずらしいのでは。オアシス脱退以降、沈黙を守っている彼。3月、チャリティ・イベントでパフォーマンスする予定だが、そのとき、ノエル側のストーリーを語ってくれるのだろうか。
posted by おっさn at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

英EMI、「アビイ・ロード」スタジオ売却へのニュース

「アビー・ロード」を売却か=英EMIが経営難で

ビートルズがレコーディングを行ったスタジオ「アビー・ロード」が売却される見通しが強まっている。フィナンシャルタイムズ(電子版)が16日に報じた。
音楽ソフト大手EMIは1929年、アビー・ロードの建物を10万ポンド(1,410万円)で買い取り、スタジオに作り替えた。このスタジオでは、ビートルズが1962〜1969年までのレコーディングの9割を行い、「アビー・ロード」と名付けたアルバムを出すなど、名声を誇った。

最近では、映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッ
ターと賢者の石」の音楽の収録が行われている。しかし、EMIは近年、経営難に陥っており、親会社のテラ・ファーマはEMIの債務圧縮
のため、6月までに投資家から1億2,000万ポンドの融資獲得を目指している。国外のより低価格なスタジオとの競争にさらされている上、技術的な進歩により、EMIにとっては、高額な維持費を払い続けてスタジオを維持していく意義が薄れているのが実情だ。

情報筋がフィナンシャルタイムズに語ったところによると、売却額は数千万ポンドになる見込みだという。

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000058459

****************
ポール・マッカートニー「アビーロード・スタジオを救うことができたらいい」

EMIがアビーロード・スタジオを売却することに決めたらしいとの報道を受け、スタジオと縁の深いポール・マッカートニーが、「みんなが力を合わせば救えるかもしれない」と話した。

アビーロード・スタジオといえばビートルズ。彼らはアルバムの9割をここでレコーディングしている。思い出がたくさんあるというマッカートニーは、BBCニュースにこう話した。「長い間スタジオと関わってきた人たちの間で、どうにかしてスタジオを救おうって話が出ている。僕も同感だ。彼らが何かできればと願っている。あそこにはビートルズの思い出がいっぱいある」「いまだって素晴らしいスタジオだ。だから、みんなで力を合わせて救うことができたらいい」

経営難に陥っているEMIがスタジオを売却するというニュースは火曜日(2月16日)『Financial Times』が報道。現在のところ、EMIから正式な発表はないが、英国内の歴史的建築物を保護するチャリティ団体ナショナル・トラストが、購入に興味を示しているという。彼らは「一般から十分な支持を得られれば、スタジオを救うためのキャンペーンを始めるかもしれない」と話している。

ロンドン、セント・ジョンズ・ウッドにあるアビーロード・スタジオは、1931年設立。ビートルズのほか、ピンク・フロイドの『Dark Side Of The Moon』『Wish You Were Here』、レディオヘッドの『The Bends』、オアシスの『Be Here Now』など数々の名作がここでレコーディングされている。


------------------------------------------------------
2010年2月25日 22:27追記

アビイ・ロード売却を一転中止 英EMI、反響大で再検討か

アビーロード・スタジオ、歴史的建造物に指定 英政府


------------------------------------------------------
2010年4月5日 21:12追記

2010年4月3日の日本経済新聞の7(国際)面に
「英EMI、再建に暗雲」という記事が掲載されていた。

米国での楽曲ライセンスを5年間ユニバーサルなどに提供して、
資金を調達する予定だったが、交渉が決裂。6月までに
1億2千万ポンドを資金調達しないと、銀行の差し押さえもあるようだ。

スタジオの売却がファンの反発で撤回されたが、
会社そのものが大ピンチになってしまったようだ、、
posted by おっさn at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『(What's the Story) Morning Glory』が過去30年の最高のアルバムに

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=793
NME
http://www.nme.com/news/oasis/49802
NME2
http://www.nme.com/news/oasis/49815
NME3
http://www.nme.com/news/oasis/49839
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/17315
MTV Japan2
http://www.mtvjapan.com/news/music/17324
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000058482


オフィシャル
****************************
OASIS WIN BEST ALBUM OF THE PAST 30 YEARS AT THE BRITS!
17 February 2010

Oasis' album '(What's The Story) Morning Glory?' won the award for the best album of the past 30 years at last night's Brit Award ceremony at Earl's Court in London. Liam was on hand to pick up the award.

'(What's The Story) Morning Glory?' has sold over 14 million copies worldwide, 4.2 of which are in the UK alone.

The number one album marked the band's first UK number one single with 'Some Might Say' and features live favourites such as 'Roll With It' and 'Champagne Supernova'. It also contains the singles 'Wonderwall' and 'Don't Look Back In Anger'. 'Wonderwall', released in 1995, was the band's 8th single in the space of 18 punch-drunk months that saw the band rise from noisy Manchester lads to the most talked about band in the world. These two songs, amongst so many others, have come to define Noel Gallagher's ability to write stadium-rousing anthems, something anyone who caught the band live can testify to.

The Brit Award category was voted for online by the public. The category was open to the best-selling, 'Best Album' winners from the past 29 Brit Awards to celebrate the Award's 30th birthday this year.

Oasis would like to thank everyone who took the time to vote for them.

Cheers!


NME
**********************************
Liam Gallagher to Peter Kay after Brits: 'Listen up fat fuck…'
Oasis man hits back at Brit Awards host over 'knobhead' gag
February 17, 2010

Liam Gallagher has hit back at Brit Awards 2010 host Peter Kay for calling him a "knobhead" at last night's (February 16) ceremony.

Kay criticised Gallagher after he had left the stage following his speech for winning the Brit Album Of 30 Years award for the 1995 Oasis album '(What's The Story) Morning Glory'.

Writing about the comment on his Twitter.com/liamgallagher account, Gallagher chastised the Bolton-born comic for not insulting him to his face.

"Listen up fat fuck," he wrote. "As a real northerner I was brought up 2 say shit 2 people's faces not behind their back. Live forever LG"

Gallagher had an eventful night at the Brits. As well as picking up his award – which he threw into the audience – the singer also gave an insightful backstage interview where he insinuated that somebody else at the awards had had an argument with him. He was then heard saying that he wanted to get "loads of class A drugs" as the interview ended.

Watch the interview on YouTube.

Photo Gallery - The Brit Awards 2010

Blog - The Brit Awards they should have given out

Feature – 30 things you never knew about the Brit Awards


NME2
*****************************
Peter Kay continues Brit Award feud with Liam Gallagher
Comic calls the ex-Oasis singer a 'knobhead" for a second time
February 18, 2010

Brit Award 2010 host Peter Kay has continued his spat with Liam Gallagher, branding the former Oasis singer a "knobhead" for a second time.

The comedian was responding after the singer hit back on Twitter.com/liamgallagher account yesterday (February 17) for not insulting him to his face.

Kay called Gallagher a "knobhead" after he left the stage following his speech for winning the Brit Album Of 30 Years award for the 1995 Oasis album '(What's The Story) Morning Glory?'.

The singer threw his microphone and award into the audience as he walked offstage.

Writing on his official site Peterkay.co.uk, the comic said: "So it was the Brits last night (February 16) and I was honoured to be asked to host the show, especially with it being 30 years old. Congratulations to all the winners, including Noel Gallagher, who sadly didn't get a mention (and who thankfully isn't a knobhead)."

The Oasis singer pointedly refused to acknowledge his brother's contribution to the album in his speech at the Earls Court ceremony, even though Noel wrote all the songs on the record.

Liam Gallagher had an eventful night at the Brits, with the singer also giving an insightful backstage interview where he insinuated that somebody else at the awards had had an argument with him. He was then heard saying that he wanted to get "loads of class A drugs" as the interview ended.


NME3
*************************************
Liam Gallagher's ex-Oasis bandmate backs singer over Brits
Bonehead says 'good on him' for throwing award
February 19, 2010

Liam Gallagher's ex-Oasis bandmate Paul 'Bonehead' Arthurs has backed the singer over his controversial antics at the Brit Awards on Tuesday (February 16).

Bonehead played guitar on Oasis' 1995 album 'What's The Story (Morning Glory)', with Gallagher picking up the Brits Album of 30 Years honour for it at the ceremony.

The singer mentioned all his bandmates from the time except his brother Noel Gallagher in his acceptance speech, threw the award and his mic into the crowd and later feuded with host Peter Kay.

"I knew we'd won the award and I knew Liam was going along," Bonehead told the Manchester Evening News. "I didn't know I'd be getting a mention. I'm pleased though – I was involved in that album after all. I think good on him for chucking the award into the audience – it sums the Brits up really. I mean Lady GaGa winning? Please!"

Kay called Gallagher a "knobhead" after his antics, prompting a war of words between the pair.


MTV Japan
*******************************************
リアム・ギャラガー、ブリット・アワード受賞もノエルは無視

17日に開催された英音楽授賞式、ブリット・アワードにて、昨年解散を発表したオアシスの『(What's the Story) Morning Glory』が過去30年間にイギリスでリリースされた最高のアルバムに選ばれた。

英「NME」誌によると、授賞式にはフロントマンのリアム・ギャラガーが出席。受賞スピーチでは、かつてのバンドメンバーたちに感謝の意を述べたが、兄ノエル・ギャラガーの名前は口にしなかったとのこと。

「お前ら、良く聞け。俺はハゲ頭(ボーンヘッド)、ギグス(ギグジーことポール・マクギーガン)、アラン・ホワイトと、世界中のクソ素晴らしいファンたちにありがとうと言いたい」と壇上で語ったリアムは、マイクとトロフィーを客席に投げ込んで、ステージを去ったという。その後、トロフィーは観客から主催陣に返却された。


今回の賞は、ブリット・アワードの30周年を記念して行われた一般投票で決定した。他にもコールドプレイの『A Rush of Blood to the Head』や、フィル・コリンズの『No Jacket Required』、ザ・ヴァーヴの『Urban Hymns』、トラヴィスの『The Man Who』など、計11作品がノミネートされていた。


MTV Japan2
*************************************************
リアム・ギャラガー、ブリット・アワード司会者にご立腹

16日に開催された英音楽授賞式ブリット・アワードにて、過去30年間における最優秀アルバム賞を受賞したオアシス。登壇したリアム・ギャラガーは受賞スピーチの中で、決別した兄ノエルの名前は口にせず、受け取ったトロフィーを客席に投げ入れてステージを去った。

司会を務めたコメディアンのピーター・ケイはコマーシャル・ブレイクの最中に、そんなリアムについて「何という愚か者なんだ」とコメントした。どうやらリアムはしっかり聞いていたようで、聞き捨てならなかったらしい。

「デブのクソ野郎、よく聞け」とリアムは17日にツイッター上でつぶやいた。「俺は真の北部出身者として、文句があるときは陰口ではなく、面と向かっていうように育てられたんだ。Live Forever LG」。

昨年8月、兄のノエルが脱退を発表したことを機に、リアムはオアシスの終わりを宣言した。ノエルは脱退の理由として、「ただ単にこれ以上、1日でも長くリアムと続けることができなかったのだ」と声明を発表していた。

今回ブリット・アワードで過去30年間における最優秀アルバム賞を受賞したのは、オアシスが1995年に発表した『(What's the Story) Morning Glory?』。「Wonderwall」や「Don't Look Back In Anger」、「Some Might Say」といったヒット曲を収録し、バンド史上最高のセールスを記録した。

一方のケイは公式サイトに掲載したメッセージの中で、再びリアムに毒づいている。

「昨夜(16日)はブリット・アワードだった。30周年記念に司会を依頼されて、光栄だったよ」とケイは綴った。「全ての受賞者におめでとうと言いたい。名前を挙げてもらえなかった(そしてありがたいことに愚か者ではない)、ノエル・ギャラガーにもね」。


Barks
******************************************
オアシスの元メンバー、リアムのスピーチに喜ぶ

オアシスの元ギタリスト、ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズは、ブリット・アワーズのスピーチでリアム・ギャラガーが彼の名を口にしてくれたことを嬉しく思っているという。オアシスは『(What's The Story) Morning Glory?』で、アワーズ30周年を記念し設けられたスペシャル・アワード“BRITs Album of Thirty Years”部門を受賞。ボーンヘッドは同アルバムの制作メンバーだった。

彼は『Manchester Evening News』紙にこう話している。「俺らがアワードを手にするのはわかってた。リアムが出席するのもね。でも、自分の名が出るとは思わなかった。嬉しかったけどね。なんだかんだ言っても、俺はあのアルバムに関わってたんだから」

リアムはスピーチの後、もらったばかりのトロフィーを観客席に放り投げたが、ボーンヘッドはこの行為に異議はないそうだ。「アワードをオーディエンスに放ったのはよかったと思うよ。ブリットを要約してる。レディー・ガガが勝者だって? 頼むよ!」

ボーンヘッドはオアシス結成メンバーの1人。1999年に脱退した。彼は現在、ニュー・バンドの活動に忙しく、『500万ポンド(約7億円)つまれても、オアシスのリユニオンには興味がない」そうだ。
posted by おっさn at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

Oasisというバンド名は使わないというリアムコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/49611

**********************
Liam Gallagher ditches Oasis name for his new group
'That was a shit name anyway' says Gallagher
February 6, 2010

Liam Gallagher has revealed that his post-Oasis group will have a new name.

In an interview, the frontman who expects to have a new album released by July, explained how he didn't like the Oasis name anyway.

"No, it's not Oasis, that was a shit name anyway," Gallagher told radio station XFM. "I'm glad to see the back of it."

As for the name of the new band, Liam remained tight-lipped on what the group is going to be called.

"There's a name that we're digging at the moment, but we're going to get on with the music and see how it goes."

Meanwhile, Liam's brother and former bandmate Noel Gallagher, is set to play his first post-Oasis gigs in March for the Teenage Cancer Trust.


---------------------------------------------------
2010年2月9日 6:17追記

MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/17245
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000058164


MTV Japan
*****************************************
リアム・ギャラガー、新しいバンド名は?

元オアシスのフロントマン、リアム・ギャラガーが、新しいバンドには新たな名前をつけるつもりだと明かした。

7月にアルバムをリリース予定のリアムは、ここへ来て、最初からオアシスというバンド名が気に入らなかったのだと毒を吐いている。英XFMラジオの取材に対し、「いいや、オアシスって名前にはしないよ。どっちにしろ、あれはクソみてえな名前だった。なくなってせいせいするよ」と答えた。

新バンドの名前については、「今の時点で、俺たちがはまっている名前があるんだが、まずは音楽を作って様子を見るとしよう」と語っているという。


Barks
*******************************************
リアム・ギャラガー「オアシスの名は使わない」

ノエル・ギャラガーを除いたメンバーで新作をレコーディング中のオアシスだが、リアム・ギャラガーはこのニュー・プロジェクトをオアシスと名乗るつもりがないことを明らかにした。彼はもともと、オアシスという名前が好きではなかったようだ。

リアムはXFMでこう話した。「いや、オアシスじゃない。どっちみち、あれはヒドイ名前だったからな。なくなって、せいせいしてる。いま、検討中のものがある。でも、音楽を作るのが先だ。どんなものができるかがな。もしそれまでにいいものが浮かばなかったら、いま考えているものでいくよ」

デモの制作が順調に進んでいる彼らは、4月にプロデューサーを迎えスタジオに入るそうだ。気になるプロデューサーだが、リアムはこう口を濁している。「いや、教えられない。うまく行かなかったらマズイからな」

もしうまく行った場合、6月か7月にはアルバムをリリースしたいと考えているそうだ。また「2010年ステージに上がる」予定も「間違いなく」あるという。

リアムは以前、このニュー・プロジェクトについて「オアシスよりいいものになると100万パーセント確信している」と自信満々の発言をしている。
posted by おっさn at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Big Brother10周年記念グッズ販売のニュース

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=791

限定300個。ニュースを見た時には既に完売でした。


************************
BIG BROTHER RECORDINGS CELEBRATE THEIR 10TH ANNIVERSARY!
5 February 2010

Big Brother Recordings Limited celebrate their 10th anniversary on 7th February having sold over 6 million albums by Oasis in the UK alone in the last decade. The label was formed after the demise of Creation Records and has released every Oasis record since then.

To celebrate this anniversary, we have put together a very special package exclusive to Oasisinet - limited to only 300 copies!

Package includes:

- Strictly limited vintage wash T-shirt featuring the first Big Brother promo-only T-shirt design.
- 'Go Let It Out' CD single - a No. 1 single and the very first release on Big Brother Recordings.
- 'Falling Down' - Chemical Brothers Remix - exclusive CD promo.
- Big Brother sticker/postcard.

All packaged together in a drawstring cotton bag.

PLUS 1 in 10 lucky customers will receive an additional very special promo item from the 'Standing On The Shoulder Of Giants' campaign in their bundle!

To get yours click HERE!
http://www.recordstore.co.uk/oasis/productdetail.jsp?productPK=unittest-phknxxVh9fUqxwuFqN3IEb-14

We are also offering one fan the opportunity to win Big Brother's Platinum Disc of the album 'Standing On The Shoulder Of Giants'. This is an extremely rare piece of memorabilia from Oasis' history so would make a great addition to any fans' collection. To be in with a chance of winning this, go to the Competitions page HERE!

From Sunday (10 years to the day that 'Go Let It Out', the very first release on Big Brother Recordings, was released) Oasisinet and Oasis' YouTube page will be hosting footage from the era including a rarely seen TV ad with voice over by Ricky Tomlinson of TV's Royle Family fame.
posted by おっさn at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ノエルが3月にTeenage Cancer Trustに出演

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=789
NME
http://www.nme.com/news/oasis/49490

新曲は演んないだろうけど、久々にわくわくしたニュースでした。
テリーを連れてきたりすんのかなぁ?


オフィシャル
********************************
NOEL TO HEADLINE TWO NIGHTS AT THIS YEAR'S TEENAGE CANCER TRUST BENEFIT
1 February 2010

Noel Gallagher will be playing two headline shows at this year's Teenage Cancer Trust Benefit. The TCT Benefit Concert Series will be celebrating its 10th Anniversary this year. He will perform on Thursday 25th and Friday 26th of March at London’s Royal Albert Hall.

There will be an exclusive pre-sale for members of the Oasisinet Community beginning Wednesday 3rd February at 10am. This will close on Friday 5th February.

Registered members will be able to find the link in the Oasisinet Competitions section (keep checking back - full details will be up shortly!). If you're not already a member of the Oasisinet community you can register HERE!

Tickets go on general sale Friday 5th March from the following official tickets venders:

Teenage Cancer Trust (0871 230 7136)
Royal Albert Hall (0845 401 5030)
Gigs And Tours
Ticketmaster
Stargreen

Noel has been a long-time supporter of Teenage Cancer Trust over the years having played with Oasis in 2002 and 2003, Gem and Paul Weller in 2007 and on his own at the very first concert in 2000 where he performed 'Won't Get Fooled Again' with The Who. His 2007 performance was released digitally last year as 'The Dreams We Have As Children', proceeds from which went to the charity.

Noel told us, "Ten years ago I got a call from Roger Daltry asking me to join him for the first ever concert for Teenage Cancer Trust. It was a proud moment for me as a musician and since then I've been honoured to support this amazing charity."

Other acts set to play this year include The Who, The Specials, Them Crooked Vultures and Arctic Monkeys.


NME
***************************
Noel Gallagher announces first post-Oasis solo gigs
Plus Arctic monkeys, Them Crooked Vultures for Teenage Cancer Trust gigs
January 31, 2010

Noel Gallagher is set to play his first post-Oasis gigs in March, for the Teenage Cancer Trust.

The guitarist will join Arctic Monkeys, Them Crooked Vultures, a reformed Suede, The Who, Depeche Mode and JLS on the line-ups for the charity gigs. They will take place at the London Royal Albert Hall from February 17.

The Specials will also join the run play this year's Shockwaves NME Awards Big Gig as part of the Teenage Cancer Trust's concerts.

Gallagher will play two gigs at the venue, on March 25 and 26. The Who's Roger Daltrey, whose band play their gig for the series on March 30, told NME.COM that the shows would be the guitarist's only live dates of 2010. For the rest of the line-up dates see below.

It was announced last month that Suede would be reforming for their Teenage Cancer Trust show – without guitarist Bernard Butler.

In addition to the gigs a comedy night will take place at the venue as part of the series on March 23. The Mighty Boosh's Noel Fielding, Jimmy Carr and Rhod Gilbert will appear.

Tickets for all the shows go on sale at 9am (GMT) on Friday (February 5). See Teenagecancertrust.com for more information.

The Teenage Cancer Trust gigs line-up at the London Royal Albert Hall is:

Depeche Mode (February 17)
Them Crooked Vultures (March 22)
Jimmy Carr, Noel Fielding and Rhod Gilbert (23)
Suede (24)
Noel Gallagher (25, 26)
Arctic Monkeys (27)
JLS (28)
The Specials (29)
The Who (30)

To check the availability of Teenage Cancer Trust tickets and get all the latest listings, go to NME.COM/TICKETS now, or call 0871 230
1094.


---------------------------------------------------
2010年2月3日 6:22
オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=790
オフィシャルメンバーにチケットプレセールのお知らせ
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000057936
VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=2001672

Barks
****************************
ノエル・ギャラガー、ソロでチャリティーイベントに2夜出演

ノエル・ギャラガーがオアシスを脱退してから初めてのコンサートに出演する事を発表した。

弟のリアムとのいざこざの後8月にバンドを脱退したノエルは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで3月に毎年1回行なわれるチャリティーコンサート<ティーンエイジ・キャンサー・トラスト>に2夜出演する事を承諾した。

このチャリティーイベントに出席するのは5度目で、これまでイギリスで最高のパフォーマンスを行なったことのあるイベントだという。「10年前にロジャー・ダルトリーから第1回目のチャリティーに参加しないか連絡を貰ったんだ。この素晴らしいチャリティーに参加出来る事を誇りに思っているんだ。イギリスのステージで最高の夜を何度も経験したよ」。

このチャリティーの主催者でザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーは3月のノエルの参加を楽しみにしている。「これは素晴らしい事だよ。大喜びしているんだ。これがノエルが出演する唯一のショーだからね。特別な夜になるよ」。ノエルの他には、アークティック・モンキーズ、ザ・スペシャルズ、ザ・フー、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ、スエード、JLSが出演する。ロジャー・ダルトリーはこのラインナップにとても満足している。「子供たちはどこからか何かを始めなくてはいけない。JLSはそんな若者のために出演してもらう。音楽の専門家たちは彼らの出演を馬鹿にするだろうけどそんな人たちはこのチャリティーに関係ない。」

イギリスの病院における小児がん新設のためのチャリティーは過去10年間寄付を募り、病気に対する意識を投げかけてきた。「2000年にザ・フーが最初に一緒にこの素晴らしいチャリティーに参加して募金を呼びかけると決まった時、このショーが本当に目的を達成出来るかどうか見当もつかなかったよ。でもこの過去10年間で870万ポンドも募金を集める事が出来て、イギリス全国で9つもの小児がん施設を設立する事が出来たんだ。」

2月17日にデペッシュ・モードが2010年のイベントの初日を飾り、イベント10周年を祝う。主催者であるロジャー・ダルトリーのいるザ・フーは最終日の3月30日に出演し、『四重人格』を披露する。

2010年のティーンエイジ・キャンサー・トラストの出演者は以下のとおり。

2月17日:デペッシュ・モード
3月22日:ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ
3月23日:ジミー・カー、ノエル・フィエルディング、ロッド・ギルバード
3月24日:スエード
3月25・26日:ノエル・ギャラガー
3月27日:アークティック・モンキーズ
3月28日:JLS
3月29日:ザ・スペシャルズ
3月30日:ザ・フー


VIBE
***************************************************
Oasis ノエル、脱退後初のソロ・ステージが決定!
ノエル・ギャラガーがこのほど、オアシス脱退後初となるソロ・ステージを行なうことが明らかになった。

彼が出演するのは、若者のガン患者を支援する慈善団体、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのチャリティ・イベント。ノエルは3/25(木)と3/26(金)の2日間にわたって出演するという。

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行なわれる同イベントには、他にも一夜限りの再結成公演となる伝説のバンド、スウェードをはじめ、アークティック・モンキーズやゼム・クルケッド・ヴァルチャーズ、ザ・フー、デペッシュ・モードらも日替わりで登場する予定だとか。

ちなみに、ノエルの同チャリティ・イベントへの出演は今回が初めてではなく、’07年3月にも同会場でパフォーマンスを披露。'09年3月には、この模様を収めたライヴ・アルバム『The Dreams We Have As Children』を、英『サンデー・タイムズ』紙のおまけとして配布し、話題を集めている。
posted by おっさn at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドの動向に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。