2009年09月29日

カサビアンのツアーにノエル登場か?のニュース

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000053525
VIBE
http://www.vibe-net.com/0908/090929news.html


Barks
********************************
ノエル・ギャラガー、カサビアンのツアーにジョイン?

オアシスを脱退したノエル・ギャラガーが、11月からスタートする友人カサビアンのUKアリーナ・ツアーに参加するとの噂が流れている。『News Of The World』紙は、オアシスを脱退し“退屈”で仕方ないノエルが、カサビアンに“救いを求めた”と伝えている。

同紙によると、カサビアンのフロントマン、トム・ミーガンはこう話したという。「11月にアリーナ・ツアーをやる。近くなったら、ノエルはきっと俺たちにこう言うだろうよ。“ツアーでお前らと一緒にプレイするよ”ってさ。彼はパフォーミング・マシンだ。ライヴでプレイするのが大好きなんだ。だから、俺らにジョインできるっていうチャンスにはいつだって飛びつくさ」

ミーガンはまた、いつかノエルと曲を作りたいとも話している。「彼と曲をやりたい。(可能性が)ないとは言わないよ。でもいまんとこ、彼はソロに集中してるし、俺らも忙しいからな」

カサビアンのUKアリーナ・ツアーは11月10日にニューカッスルにてスタート。ロンドンではウェンブリー・アリーナで2公演(14/15日)プレイする。『News Of The World』紙は、ノエルは11公演行なわれるうちの一部にゲスト出演するのではないかと推測している。


VIBE
*****************************
Oasis ノエル、カサビアンのツアーに参戦!?
オアシスから脱退したノエル・ギャラガーが、カサビアンのアリーナ・ツアーに参加する可能性が浮上している。カサビアンはオアシスのツアーでサポートを務めた経験もあり、さらに彼らは長年にわたりオアシスを敬愛し、親しくしてきた仲でもある。カサビアンのヴォーカル、トム・ミーガンがこのたび英『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』紙に明かしたところによると、彼自身、ノエルをカサビアンのツアーに迎え入れるのは大歓迎だという。「11月に俺たち(カサビアン)はアリーナ・ツアーを予定している。その時期がもっと迫ったら、ノエルがきっと俺たちに電話をよこして、こう言うだろうよ。『おい、俺もツアーでお前たちとパフォーマンスするからな』ってさ。なんたって彼は演奏するマシンのような人間だし、ライヴをやるのに目がないんだ。だから、俺たちに便乗できるような機会があれば、いつだって飛び付くはずさ」とトム。さらに、「ぜひとも彼と1曲作ってみたいね。ありえないことはないと思うよ」と、ノエルとの楽曲制作の可能性も否定しなかったものの、「ただし、今は彼も自分のソロ作品に専念してるところだし、俺たちも相変わらず忙しいしね」と、共同制作に関してはしばらく先の話であることをほのめかしている。

-------------------------------------------------------
2009年10月2日 6:28追記
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16369

**************************
カサビアン、ノエル・ギャラガーとのコラボを熱望

Photo: Dave Hogan/Getty Imagesカサビアンのフロントマン、トム・ミーガンが、8月にオアシスを脱退したノエル・ギャラガー(写真)と「ぜひ」曲を作りたいと語った。

ミーガンは英「ニュース・オブ・ザ・ワールド」紙に対し、「ぜひ彼と1曲やりたいね。可能性はあるよ」と伝えた。「でも現時点では、彼はソロ作品に集中しているし、俺たちもこれまでになく忙しいからね」。

さらにミーガンは、11月10日にキックオフするカサビアンの全英ツアーに、ノエルが参加する可能性を示唆したという。

「11月にアリーナ・ツアーをやるんだ。きっと直前になったらノエルが電話をくれて、"お前らのツアーで演奏するよ"って言ってくれると思うよ」とミーガン。

「彼はパフォーマンス・マシンで、ライブで演奏するのが大好きなんだ。だから参加できるときはいつでもチャンスに飛びつくのさ」。

posted by おっさn at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Falling Down」のビデオがUK MVAsアワードにノミネート

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=776

http://www.youtube.com/watch?v=TEzmU7YSXJs

******************************
OASIS VIDEOS UP FOR 4 AWARDS AT UK MVAs
28 September 2009

Oasis have been nominated for four awards at this year's UK MVAs. The video for 'Falling Down' is up for:

- 'Best Cinematography In A Video'
- 'Best Editing in a Video'
- 'Best Rock Video'

They are also up for 'The Innovation Award' for 'Dig Out Your Soul'.

WIZ, the director of the 'Falling Down' video (and Kasabian's 'Fire') is up for Best Director.

The awards take place on October 13th and are designed to recognise excellence in music video production by UK individuals and companies and to highlight the cultural significance of music video as an art form.
posted by おっさn at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

CROSSBEAT '09年11月号

ノエル脱退ニュース掲載。
ブログの日本語訳、ドキュメントとして脱退前後のニュース関係、
あとライター2人の文章。

ギタリスト特集で90年代でノエルが掲載。
ミスのないようなプレイに終始しているというようなコメント。

****************************************
CB0911.jpg

OASIS
超速報、ノエル脱退!! 
その舞台裏で何が起こっていたのか?を徹底追跡

保存版企画
究極のギタリスト100
ジミヘン、キース・リチャーズからジョン・フルシアンテ、マシュー・ベラミーまで
ロック史を切り拓いてきた究極のギタリスト100人を一挙紹介!!
posted by おっさn at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GQ Japan '09年11月号

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000053385

ノエルインタビュー掲載。
どっかで読んだ内容を集めたような感じ、、買わず。

GQ0911.jpg

****************
『GQ JAPAN』11月号に、ノエル・ギャラガーのインタビュー

9月24日発売のクオリティ・ライフスタイルマガジン『GQ JAPAN』11月号に、マイケル・ジャクソン追悼特集とともに、ノエル・ギャラガーのインタビューが掲載されている。

マイケル・ジャクソン追悼特集は、若き日の知られざるエピソードと実像に迫るべく、ジャクソン5での活躍後、クインシー・ジョーンズとの出会いや、信頼を寄せていた弟妹ランディとジャネットの助けを得ながらソロで成功に至った裏話や、悪意を持った一部の人たちによって小児性愛者や同性愛者に仕立て上げられた過程などが、客観的な視点で語られたものだ。

一方、これまた気になるのがノエル・ギャラガーのインタビュー。脱退直前にインタビューされたもので、この時点では、あの発作的脱退は計算になかったことだろう。

今回ばかりは本気なのか、それとも例によっての突き抜けたファンサービスなのか、未だ誰も分からない状況下ではあるものの、インタビューでは、「今やり残したことは、世界の誰もに理解、共感してもらえる曲を書くこと」「2代目のローリング・ストーンズになることを目指す」など、今後のオアシスの動向が見え隠れするウレシハズカシな注目の発言が見所と言えそうだ。
posted by おっさn at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

フジテレビNEXTのフジロック特番で4曲放送

2001年のWOWOWの時の5時間番組で4曲流れたので、
「今回も4曲くらいは」と思ってたら4曲でした。

「Roll With It」、「Masterplan」、「Half The World Away」、「I Am The Walrus」。
「Half〜」が入ったのは嬉しかったけど、個人的には予想外の曲が
並んだなぁという感じでした。
posted by おっさn at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

Qアワード2009にノミネート

Q
http://news.qthemusic.com/2009/09/post_28.html

***************
The Awards 2009: Vote now!

On Monday, October 26 Q will once again honour the biggest and best stars in music at The Awards.

Q Awards 2009 with Russian Standard Vodka celebrate a great year in music as Oasis, Muse, Kasabian, U2, Florence And The Machine, Kings Of Leon, Dizzee Rascal and Arctic Monkeys prepare to fight it out for a golden Q.

Last year's Q Awards with Russian Standard Vodka saw Coldplay take home the prestigious Best Act in the World Today however this year they face strong opposition in the form of recently split Oasis, Muse, Arctic Monkeys and the all-conquering Kings Of Leon.

Kasabian and Florence And The Machine both crown their hugely successful year by garnering three nominations apiece.

Comenting on the nominees Q Magazine Editor-In-Chief Paul Rees highlighted the breadth of Q reader's taste, "The Q Awards prides itself on honouring the best popular music of the year and the 2009 vintage is no exception. Once again the nominations prove that great music continues to be made across a broad range of styles. The nominations are compiled from votes cast in their thousands by Q's readers, listeners, viewers and online users, so they reflect the choice of the nation's music fans."

Voting is now open! Click here to support your favourite band for the Q Awards 2009 with Russian Standard Vodka

The Nominees In Full:

Best New Act (Presented by Red Stripe)
White Lies
Friendly Fires
Empire Of The Sun
Passion Pit
The Dead Weather


Breakthrough Artist (Presented by My-Wardrobe.com)
Florence & The Machine
Lady GaGa
La Roux
Mr Hudson
Pixie Lott


Best Track
Kasabian - Fire
Muse - Uprising
Arctic Monkeys - Crying Lightning
Dizzee Rascal - Bonkers
Noisettes - Never Forget You
Lily Allen - The Fear


Best Video (Presented by Nixon Watches)
The Dead Weather - Treat Me Like Your Mother
Dizzee Rascal - Holiday
Florence & The Machine - Drumming Song
Mika -- We Are Golden
Lady GaGa - Just Dance


Best Live Act (Presented by Marshall Amplification)
The Prodigy
U2
Oasis
Kasabian
Arctic Monkeys
Blur
Take That


Best Album (Presented by Citroën)
Arctic Monkeys - Humbug
U2 - No Line On The Horizon
Florence & The Machine - Lungs
The Prodigy - Invaders Must Die
Kasabian - West Ryder Pauper Lunatic Asylum


Best Act In The World Today (Presented by Russian Standard Vodka)
Kings Of Leon
Arctic Monkeys
Oasis
Coldplay
Muse

Voting is now open! Click here to support your favourite band for the Q Awards 2009 with Russian Standard Vodka


----------------------------------------------
2009年9月20日 21:29追記
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000053210

**********************************
Qアワーズ、ノミネート発表

ミュージシャンから人気を誇るQアワーズのノミネート・アーティスト/作品が発表された。ノミネート自体、『Q』マガジン/ラジオのリーダーやリスナー、オンライン・ユーザーにより選ばれており、ミュージック・ファンの意見が最も反映されるアワーズといわれている。そのためか、ほかのアワーズに比べミュージシャンの授賞式出席率が高く、アフターショウ・パーティーで何かが起きることでも有名だ。

今年はアークティック・モンキーズが最多の4部門でノミネート。続き、カサビアン、フローレンス&ザ・マシーンが3部門で、デッド・ウェザー、レディー・ガガ、ミューズ、ディジー・ラスカル、プロディジー、U2、オアシスらが2部門で候補に挙がった。

Qアワーズ2009のノミネートは以下の通り。

●最優秀ニュー・アクト
ホワイト・ライズ
フレンドリー・ファイアーズ
エンパイア・オブ・ザ・サン
パッション・ピット
デッド・ウェザー

●ブレイクスルー・アーティスト
フローレンス&ザ・マシーン
レディー・ガガ
ラ・ルー
ミスター・ハドソン
ピクシー・ロット

●最優秀トラック
カサビアン「Fire」
ミューズ「Uprising」
アークティック・モンキーズ「Crying Lightning」
ディジー・ラスカル「Bonkers」
ノイゼッツ「Never Forget You」
リリー・アレン「The Fear」

●最優秀ビデオ
デッド・ウェザー「Treat Me Like Your Mother」
ディジー・ラスカル「Holiday」
フローレンス&ザ・マシーン「Drumming Song」
MIKA「We Are Golden」
レディー・ガガ「Just Dance」

●最優秀ライブ・アクト
プロディジー
U2
オアシス
カサビアン
アークティック・モンキーズ
ブラー
テイク・ザット

●最優秀アルバム
アークティック・モンキーズ『Humbug』
U2『No Line On The Horizon』
フローレンス&ザ・マシーン『Lungs』
プロディジー『Invaders Must Die』
カサビアン『West Ryder Pauper Lunatic Asylum』

●最優秀アクト・イン・ザ・ワールド・トゥデイ
キングス・オブ・レオン
アークティック・モンキーズ
オアシス
コールドプレイ
ミューズ

現在、オフィシャル・サイト(Awards.qthemusic.com)でオンライン投票を受け付け中。
授賞式は10月26日に開かれる。当日は上記のカテゴリーのほか、レジェンド、ヒーロー、アイコン、インスピレーション、功労賞などの受賞者も発表される予定。
posted by おっさn at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンディがDJやるイベントのニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47361

*****************
Oasis man to make first appearance since Noel Gallagher quit
Andy Bell to play DJ slot in London this month
September 17, 2009

Oasis's Andy Bell is to become the first member of the band to make an official public appearance since Noel Gallagher quit the Manchester legends last month.

The bassist will play a DJ set in London on September 28, at The Social as part of celebrations for the 10th anniversary of the opening of the Heavenly Records-owned venue.

As well as Bell's appearance The Lea Shores, Honrada and This Feeling DJs will play live and spin tunes. Entry is free.

See Thesocial.com for more information.

posted by おっさn at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

2010年のギネスブックに掲載

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=775

*****************
OASIS GET THE GUINNESS' IN
15 September 2009

Oasis have been put into the record books again with the publication of the 2010 Guinness Book of World Records.

The band enter the book for the second time by setting the 'Longest Top 10 UK Chart Run By A Group' notching up an unprecedented 22 successive Top 10 hits in the UK.

Oasis previously entered the record book for being 'The Most Successful Act of the Decade' between 1995 and 2005 by spending 765 weeks in the Top 75 singles and albums charts.
posted by おっさn at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

NME9月9日発売号

Elsewhere, NME readers give their verdict on the Oasis split.

090909nmeoasis.jpg
posted by おっさn at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドンの展示会で未公開写真

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47194


*********************
Unseen Oasis photos set for London exhibition
Plus win an exclusive Oasis print on NME.COM
September 8, 2009

Oasis photographs from the 1990s previously unseen by the public are set to go on display at a new exhibition in London on Friday (September 11).

The exhibition features the work of photographer Michael Spencer Jones, who photographed the Gallaghers from the '90s and into this century, with his work including the cover for the band's debut album 'Definitely Maybe' (pictured). It will take place at the This Feeling club-night at the Parker McMillan venue.

Entitled 'Out Of The Blue', the exhibition will feature previously un-exhibited photos including shots from the Manchester band's 1993 photoshoot for the 'Cigarettes And Alcohol' single cover. See the new issue of NME, out now, for an exclusive look at one of the shots from the session.

Head to MySpace.com/thisfeelingclub for more information about the exhibition. See Spellboundpublications.com for more of Jones' work.

Meanwhile, Jones is giving one exclusive Oasis photo print away to one NME.COM reader. Head to NME.COM/win to enter the competition.


-----------------------------------------
2009年9月16日 6:41追記
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16272

********************
オアシスの未公開写真、ロンドンで展示

1990年代に撮影されたオアシスの未公開写真が、11日よりロンドン市内で公開されることが明らかになった。

英「NME」誌によると、展覧会では90年代からオアシスを撮影してきた写真家のマイケル・スペンサー・ジョーンズによる作品がフィーチャーされるとのこと。デビューアルバム『Definitely Maybe』のアルバムジャケットに使用された写真も含まれるという。

「Out of the Blue」と題されたこの展覧会には、1993年に発表した「Cigarettes And Alcohol」のシングルジャケット撮影からの未公開写真などが含まれる。詳しくは公式サイト(MySpace.com/thisfeelingclub)にアクセス。
posted by おっさn at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

二人の衝突に関するJETのコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47145


*************************
Jet 'not surprised' about Oasis split
Aussie rockers apparently saw fall out coming in 2005
September 6, 2009

Jet have stated they are "not surprised" about the Oasis split.

Singer Nic Cester told The Sun: "If anything I'm shocked they managed to make it work for so long. I'd say it's definitely the end. They didn't get on."

His brother Chris, meanwhile, blamed a clash of personalities for the fall out, stating Noel Gallagher is "one of the funniest people I've ever met" while describing frontman Liam as "mental".

"I have never seen them have one conversation together the whole time I've known them. Avoiding each other was best," he told the newspaper, which claimed Jet saw the split coming as far back as 2005.

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.


-------------------------------------
2009年9月8日 6:25追記
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16243

*******************
ジェット、オアシスの脱退騒動を予測していた

オーストラリアが誇るロック・バンド、ジェットは、オアシスのノエル・ギャラガーの脱退に「驚かなかった」そうだ。

シンガーのニック・セスターは英「ザ・サン」紙に、「どちらかといえば、ここまで長く続いていたことに驚いたよ。俺に言わせれば完全に終わりだろうね。彼らは前から仲が悪かったんだ」と伝えた。

一方で弟のクリスは、ケンカの原因に性格の違いを挙げた。ノエルについては「俺がこれまでに出会った中で1番面白い人」と語ったが、フロントマンで弟のリアムについては「狂っている」と説明している。

「知り合ってからずっと、彼らが会話をしているのを1度も見たことがないよ。互いを避けることが最善だったんだ」とクリスは同紙に伝え、ジェットは彼らの分裂を2005年から予測していたと語った。
posted by おっさn at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

フジテレビNEXTでTOTP映像を中心とした番組

フジテレビNEXT
http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/909200099.html

フジの特番を確認しようとサイト見てたら、たまたま目に入った。
Electric Promsも入ってるけど、再放送なのかな?
フジの番組もあるし、今月だけでもフジテレビNEXT加入しようかな。。


**************************
Oasis. Soul & Glory
9/19(土) 17:00〜18:00

作品は、Oasisの英国ロック・ポップ界の登竜門と言われたTOP OF THE POPS(トップ・オフ・ザ・ポップス)での初のパフォーマンスから、ブリットポップの全盛期、そして昨年10月のBBCエレクトリックプロムスでのパフォーマンスまでをカバーしたリッチな内容で、バンドのサクセスストーリーを語る。
1991年マンチェスターで結成されたOasis。ソングライターのNoel (ノエル)とLiam(リアム)のGallagher(ギャラガー)兄弟は、何度か繰り返されたメンバー交代の中、常に中心となってバンドをリードしてきた。
すぐに90年代最大の音楽ムーブメントといえる「ブリットポップ」の牽引役として活躍。いまでも、英国のもっとも人気の高いロックバンドのひとつであり続けている。1994年に最初のアルバム「Definitely Maybe 」がリリースされ、2008年には7枚目となるアルバム「Dig Out Your Soulを」リリース。 これまでに世界で5000万枚以上のアルバムを売り上げ、数々の賞を受賞している。(NME magazine awards 15回、Brit awards 5回、Q awards 9回)
違う年代の彼らのパフォーマンスとギャラガー兄弟のインタビューでつづるOasis栄光の軌跡。

1. Champagne Supernova (Electric Proms2008)
2. Shakermaker (TOTP 1994))
3. Live Forever (TOTP 1994)
4. Rock‘n Roll Star (TOTP 1994)
5. Wonderwall (Later…with Jools Holland 1995)
6. Don’t Look Back In Anger (TOTP 1996)
7. Cum On Feel The Noize (TOTP 1996)
8. D’You Know What I Mean? (TOTP 1997)
9. Go Let It Out (TOTP 2000)
10. The Hindu Times (TOTP 2002)
11. The Importance Of Being Idle (TOTP 2005)
12. The Shock of the Lightning (Electric Proms 2008)
posted by おっさn at 06:32| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Qに掲載されたリアムに対するノエルコメント集

Q
http://news.qthemusic.com/2009/09/noel_on_liam.html

******************
In Their Own Words: Noel on Liam

Gallagher Sr. has never been one to hide his sentiments towards his brother, much to our enjoyment over the last 15 years. Here are some of his finer moments...

Remeber to add your own favourite Noel-ism in the 'Comments' field below.

On Liam's Pretty Green clothing label:
"I think all the modelling malarkey has gone to his head. It's a pleasure to give him time and space to work on his autumn/winter collection." (The Sun, 2009)

On being a bit irritable:
"Liam's angry, like a man with a fork in a world of soup" (Q276, June 2009)

On Liam..generally..
"Liam is a f**king brilliant frontman and he stamps his authority over everything he sings. I can't even come close". (Q February 1996)

"I don't like him, and he doesn't like me", (Q276 June 2009)

On Liam's footwear:
"He's rude..arrogant...intimidating...lazy. He wears leopard-skin shoes" (Q, 276, June 2009)

On bandmates' activitites outside the group:
"Liam... He's constantly thinking about what shoes to buy. Or developing new techniques of how to balance that f**king tambourine on his head", (Q, 2009)

On Liam's drinking habits:
"Liam only drinks twice a week now, which is Monday to Thursday and Friday to Sunday". (Q, April 2000)

On Liam's persuasive nature during the making of Standing On The Shoulder Of Giants:
"We weren't even gonna put I Can See A Liar on the album, but Liam threw one of his bottom-lips fits and said "But it's me Sex Pistols song". (Q, April 2000)

On Liam's drinking, again!:
"You can't drink you dickhead!" (Wibbling Rivalry, 1994)

On Liam's marriage to Patsy Kensit:
"Liam phones me up half nine in the morning. He said, "I just got married. Are you surprised?" I said, I'm not surprised you got married. I am surprised you were up at this time in the morning". (Q, September 1997)

On the split:
"They say never work with children and animals. No one mentioned f**king morons though, did they?" (The Sun, 2009)

On being a bit...well.. mad fer it?
"He's the man who put the "tit" in "attitude" (2005)

On Liam's songwriting:
"He's not as good as John Lennon. He's not as good as Jack Lemmon, God bless him" (2000)

Did we miss any obvious Noelquotes? Add your own favourite Noel-ism in the 'Comments' field below.
posted by おっさn at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便乗商売というか、何というか、、

ノエル脱退声明が現地28日、日本時間29日だったけど、
30日の朝にPGS音楽市場から下のようなメールが届いていた。
みんなが混乱状態にあるなか、もう手に入らなくなる感を煽って、
商売上手というか、なんというか。。


**************************
ノエル、オアシスを脱退?日本でのoasisオフィシャルライセンス商品最終販売?

……………………………………………………………………………………………
☆ノエル、オアシスを脱退?正式発表?!
 oasisオフィシャルライセンス商品最終販売になるのか!?
……………………………………………………………………………………………

2009年8月28日(UK現地時間)、オアシスのオフィシャルサイトにてノエルが、
オアシス脱退の公式の声明を出した。

本当なのか!?

オアシスの公式サイトで、「今夜、オアシスを抜ける。これ以上、1日たりとも
リアムとはやっていけない」と書かれている。

非常に気になるところ、

日本でのoasisオフィシャルライセンス商品最終販売になるのか!?
posted by おっさn at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッキング・オン2009年10月号

過去の表紙が全部掲載されており、oasis表紙のも何個もあります。
あと95年の記事の断片がちらっと掲載。
iTuneフェスの紹介記事でリアムの写真が掲載されてました。

*********************
Special Issue:
rockin'on vol.1-500 創刊500号記念特集
1972年の創刊から37年、ロッキング・オンが創刊500号を突破! 過去の貴重な記事をそのまま再掲載、ロッキング・オンとロックの歩みを振り返る!! 創刊編集長=渋谷陽一と現編集長=粉川しのの対談も掲載

ro0910.jpg
posted by おっさn at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XFMの'Best Song Of All Time' で「Live Forever」1位

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=774

RSSでオフィシャルがアップされたのを見て、ドキっとした。
大した内容でなくて、安心した。当分こんな感じになりそうだ、、

*******************
OASIS VOTED BEST SONG OF ALL TIME (PLUS TWO MORE IN THE TOP FIVE!)
2 September 2009

'Live Forever' has been voted the 'Best Song Of All Time' by the listeners of XFM. The station joined forces with radio stations from around the world including KROQ (in LA) and Triple J (Sydney) to compile the chart.

'Don't Look Back In Anger' came third in the poll with 'Wonderwall' coming in fourth.

The Best 10 Songs Of All Time, according to the poll, are:

1) Live Forever – Oasis
2) Mr Brightside – The Killers
3) Don’t Look Back In Anger – Oasis
4) Wonderwall – Oasis
5) Love Will Tear Us Apart - Joy Division
6) I Am The Resurrection - The Stone Roses
7) Smells Like Teen Spirit - Nirvana
8) There Is A Light That Never Goes Out - The Smiths
9) Bitter Sweet Symphony – Verve
10) Plug In Baby - Muse

Without doubt every music fan in the world will have their own opinion on this so why not post your top 10 on the Oasisinet Message Board. Click HERE to sign up.

Oasis and XFM have a long history together with Manchester XFM's Pete Mitchell being the first DJ to play the band on the radio.
posted by おっさn at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

NME9月2日発売号

In the new issue of NME, on sale across the UK from Wednesday 2 September, we reveal the truth behind Oasis' split and salute two decades of Gallagher bust-ups by naming our top 5.

090902NME.jpg

090902NMEoasis.jpg


-----------------------
NME
http://www.nme.com/news/oasis/47068

*****************
Can Oasis continue without Noel Gallagher? – have your sayWe want to know whether you think Liam and co can go it alone
September 1, 2009

Following Noel Gallagher's departure from Oasis at the weekend (August 29), we want to know whether you think the band can go on without him.

Following the "altercation" with brother Liam Gallagher, the guitarist announced he was leaving the band. However, the rest of the group are yet to decide on their future.

Could Oasis continue with only one Gallagher brother and get a new guitarist, or does Noel quitting mean the end as far as you're concerned?

Have your say now and vote here - Can Oasis continue without Noel?

Plus tell us what you think by sending your thoughts and opinions on Oasis' future - along with your full name and where you're from - to news@nme.com, with Oasis in the subject.

We'll print the best, along with the results of our poll, in next week's issue of NME.
posted by おっさn at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアムとアンディが旅行に出かけたニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47060


***********************
Oasis' Liam Gallagher and Andy Bell flee England - Daily Gossip
Madonna wants David Tennant, Alex Kapranos becomes a gardener, White Lies take time out – your music gossip stop
September 1, 2009

Welcome to the Daily Gossip: your daily stop-off to find out who in the world of music has been up to what.

Today’s top gossip:

Liam Gallagher has left Britain with wife Nicole Appleton and Oasis bassist Andy Bell. The news comes after Noel Gallagher announced his departure from Oasis on Friday (August 29). The trio, who were also joined by Bell's girlfriend, have all headed to Italy's Lake Como together. They flew straight from Paris, where Oasis were due to headline the Rock en Seine festival before the altercation that led to Noel Gallagher leaving the band. Meanwhile, the Gallagher brothers' mother Peggy has said she believes her sons could still patch up their differences. "They've had fights before and got over it," she said (various).

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.

From the papers:

Supergrass drummer Danny Goffey thinks Oasis will definitely get back together in the future, saying: "You can't really split when you're brothers" (Daily Mirror).

Midge Ure, meanwhile, has backed Noel Gallagher's decision to walk out on Oasis, calling it "admirable" (Daily Record).

White Lies' Harry McVeigh says he wants to take time off before recording the band's next album. "I just want to chill with my family and friends and head somewhere hot," he said (Daily Star).

Madonna wants David Tennant and Cate Blanchett to star in her new movie project, 'Wallis' (The Sun).

Franz Ferdinand's Alex Kapranos says he grows his own vegetables (Daily Record).

Check back tomorrow for the next Daily Gossip. E-mail your spots to news@nme.com.

From NME.COM users:

Dave Grohl, Brody Dalle and Josh Homme all shared a backstage group hug at Reading Festival on Saturday (August 29) (from Dave).
posted by おっさn at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエルのリアムを馬鹿呼ばわりしたコメント

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47055

*******************
Noel Gallagher in Oasis 'moron' blast against Liam
New details on split emerge in tabloids

August 31, 2009

Noel Gallagher has branded his brother Liam a "fucking moron" as details on Oasis' collapse continue to leak.

Gallagher snr is said to have made the remarks in the immediate aftermath of the massive argument he had with Liam in Paris on Friday (August 28), an argument that led to Noel announcing he was quitting the band.

"They say never work with children an animals. No one mentioned fucking morons though, did they," said Noel to a pal, according to The Sun newspaper.

He then launched a broadside at Liam's Pretty Green clothing line.

"I think all the modelling malarkey has gone to his head. It's a pleasure to give him time and space to work on his autumn/winter collection."

It has also been reported that Friday's argument flared when Liam travelled alone to the show in Paris on the Eurostar and arrived drunk. Noel, it is claimed, confronted his brother about being unprofessional and also said he was disappointed with management and security for not challenging the volatile singer before. The frontman is said to have "exploded in rage" and started saying things about Noel's children. When Liam hurled his guitar at Noel, the guitarist caught it, stamped on it then smashed it to pieces. And then he walked away.

There are parallels with Oasis previous big split in 2000. Then, in Barcelona, the band were forced to cancel a show because the drummer Alan White's arm seized up. After an all-day boozing Liam sparked a massive argument making remarks about Noel's daughter Anais. Then, Noel said he was giving up over-seas tours with the band and guitarist Matt Deighton was parachuted in until a fractious return for Noel at Dublin's Lansdowne Road stadium in July that year.
posted by おっさn at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエルブログの脱退理由に関するニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47016
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052510
MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4104.aspx
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16209
CD Journal
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=25951
Listen Japan
http://listen.jp/store/musicnews_27744_all.htm


NME
*******************************
Noel Gallagher reveals why he quit Oasis
Guitarist releases full statement blaming 'lack of support from management and bandmates' for departure
August 29, 2009

Noel Gallagher has issued a full statement blaming "lack of support and understanding from my management and bandmates" as the reason why he quit Oasis yesterday (August 28).

The new statement appeared on the guitarist's blog at Oasisinet.com this afternoon (29).

"Dearly beloved, it is with a heavy heart and a sad face that I say this to you this morning," he wrote.

"As of last Friday, August 28, I have been forced to leave the Manchester rock 'n' roll pop group Oasis.

"The details are not important and of too great a number to list. But I feel you have the right to know that the level of verbal and violent intimidation towards me, my family, friends and comrades has become intolerable. And the lack of support and understanding from my management and bandmates has left me with no other option than to get me cape and seek pastures new.

"I would like firstly to offer my apologies to them kids in Paris who'd paid money and waited all day to see us only to be let down AGAIN by the band. Apologies are probably not enough, I know, but I'm afraid it's all I've got.

"While I'm on the subject, I'd like to say [sorry] to the good people of V Festival that experienced the same thing. Again, I can only apologise - although I don't know why, it was nothing to do with me. I was match-fit and ready to be brilliant. Alas, other people in the group weren't up to it.

"In closing I would like to thank all the Oasis fans, all over the world. The last 18 years have been truly, truly amazing (and I hate that word, but today is the one time I'll deem it appropriate). A dream come true. I take with me glorious memories."

He concluded by telling fans: "Now, if you'll excuse me, I have a family and a football team to indulge. I'll see you somewhere down the road. It's been a fuckin' pleasure."

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.


Barks
********************************
ノエル、オアシス脱退に対しさらなる声明を発表

金曜日(8月28日)、オアシスを脱退すると表明したノエル・ギャラガー(G)が翌日(29日)、さらなる声明を発表。「細かいことは重要ではない」としながらも、彼が辞めるにいたった理由に触れた。

ノエルはバンドのオフィシャル・サイト(Oasisinet.com)にこう記している。「8月28日金曜日の時点で、俺はマンチェスターのロックンロール・ポップ・グループ、オアシスを去らざる得なくなった。細かいことは重要ではないし、いちいち上げるには多過ぎる。でも、君らには知る権利があると思っている。俺や家族、友人、仲間に対する言葉や暴力による脅しが耐え難いレベルに達した。それにマネージメントやバンドメイトからのサポート、理解がないために、俺にはここを離れ新しい場を見つける以外の選択肢がなかった」

ノエルは、金曜日のフランスでのフェスティヴァルおよびVフェスティヴァルをキャンセルしたことを謝罪するとともに、オアシスのファンへ感謝の言葉を述べた。「最後に、世界中のオアシス・ファンへ感謝したい。この18年間は本当に本当に素晴らしかった(俺はこの言葉が嫌いだが、今日だけはピッタリだ)。夢が実現した。輝かしい思い出が残っている」

先週末(8月23日)Vフェスティヴァルのパフォーマンスをキャンセルした時点で、オアシス解散危機説を唱えていた『The Sun』紙によると、彼らは金曜日のフランス公演前にバックステージで大喧嘩をしていたそうだ。関係者の話によると、「最初は軽い言い合いだったものが、すぐに手のつけられないものとなり鬱積していた怒りが爆発した」という。

そして、ノエルの堪忍袋の緒が切れる致命的なことが起きたらしい。リアムが彼のギターを叩き壊したのだという。関係者は「ノエルは温厚な性格だが、誰にだって限界はある」「これまでだ。ノエルの怒りは極限に達した」と話している。

ギターが壊されたというのは、事実のようだ。同じフェスティヴァルへ出演していたエイミー・マクドナルドもTwitterで「リアムがノエルのギターを壊した、もんのすごい喧嘩よ!」と記していた。

フランス公演は、このすぐ後“言い争い”を理由に出演をキャンセル、続いてノエルの脱退宣言が発表された。


MySpace
*********************************
オアシスを脱退したノエル、その理由を明かす

ノエル・ギャラガーがオアシスからの脱退を表明した件で、ノエルは後日、オフィシャル・サイトでその理由について「俺や家族に対する言葉の脅しが耐えられないレベルに達したからだ」などと明かしている。残されたオアシスのメンバーは、今後ノエル抜きで続けていくかどうかを検討しているという。

この件はまず8月28日、ノエルがオフィシャル・サイトでオアシス脱退を表明。「いくばくかの悲しみと大きな安堵をともなって、俺は今夜オアシスから脱退する。いろんなことを書かれたり言われたりするのだろうが、単純なことで、俺はこれ以上1日たりともリアムと一緒にいることはできないということだ」としている。オアシスは28日にパリで行なわれたフェス〈Rock en Seine festival〉に出演予定だったが、そのライヴ前にノエルとリアムが激しい言い争いをした結果決裂し、この脱退宣言に至ったようだ。英紙『The Sun』によると、この時リアムは飲酒していたらしく、誰も彼を止められなかったことから、ノエルと衝突してしまったらしい。

これに続いて翌29日には、ノエルは脱退についてのより詳細な胸の内をオフィシャル・サイトにアップ。「8月28日の時点で、俺はマンチェスターのロックンロール・ポップ・グループ、オアシスから離れなければならなくなった。細かいことは重要ではないし、全部挙げるのは多すぎる。でも、みんなには知る権利があるだろう。俺や家族、友人、仲間に対する、言葉の暴力による脅しが、耐えられないレベルに達したということだ。それにマネージメントやバンド・メンバーからのサポートや理解もなかったことから、俺はここを離れて新しい活動の場を見つけていくしか選択の余地がなかった」としている。そして「去るに当たって、世界中のオアシス・ファンに感謝したい。これまでの18年間は本当に、本当に素晴らしかった(俺はこの言葉が大嫌いだが、時にはしっくりくる時もあって、今日がそうなんだ)。この先、またどこかで会うことになるだろう」と、彼にしては珍しく感傷的に綴っている。

このノエル脱退劇について、英メディアでは取材合戦が勃発。まず『Sunday Mirror』はギャラガー兄弟の母ペギーのコメントを掲載。「彼らはお互いに愛し合っているのに、いつも仲違いするようになってしまった。私はこれがオアシスの終わりにならないことを願うわ。ちょうどツアーが終わったところで、彼らは疲れているのよ」とのこと。またBBC Newsでは、元クリエイション・レコードの創立者でオアシスを発掘したアラン・マッギーがこう語っている。「今日(28日)は音楽にとってとても嘆かわしい日になってしまった。でも5年もすれば、また再結成してツアーをするんじゃないかな。だって彼らは愛し合っているからね。愛し合っているのならば、いつも仲直りするってもんだ」とのこと。

オアシスはまだヨーロッパ2公演が残っているが、このままキャンセルする見込み。またオアシスのスポークスマンによると、今後ノエル抜きでオアシスを存続させるかどうか、残りのメンバーで話し合っているところだという。「今後続いていくのかどうかということについて、ここ数日で決まると思う」としている。


MTV Japan
*************
オアシスのノエル、脱退の詳しい理由を明かす

28日に脱退を発表したオアシスのノエル・ギャラガーが、29日に公式サイトのブログで理由を詳しく明かした。声明の内容は以下の通り。

「大切なみんなへ、今朝このメッセージを、重い心と悲しい顔と共に君たちに伝える。8月28日金曜日付で、俺はマンチェスターのロックンロール・ポップ・グループ、オアシスを脱退せざるをえなくなった」。

「詳細は重要ではないし、リストにするには長過ぎる。だが、俺や俺の家族、友人や同僚に対する言葉や暴力による脅迫が、耐えきれないレベルに達していたということを、君たちには知る権利があると感じている。そして、マネージメントや他のメンバーからのサポートや理解の欠如により、俺にはここを飛び立ち、新たな活動の場を探すしか選択肢が残されていなかった」。

「まずは、金を払って1日中俺たちのことを待っていたのに、またバンドに裏切られてしまったパリのキッズに謝罪したい。謝罪だけでは恐らく十分ではないことはわかっているが、残念ながら、今の俺にはそれしかできないのだ」。

「ついでに同じことを経験したVフェスティヴァルの良い人たちにも、(ごめんなさいと)言いたい。理由も知らないし、俺には関係ないことだったとはいえ、ここでも俺には謝罪することしかできない。俺は準備万端で、最高のライブをするつもりだった。悲しいかな、グループの他のメンバーにはその気がなかったのだ」。

「最後に、世界中のすべてのオアシスのファンにありがとうと言いたい。この18年間は、本当に、本当にアメージングだった(この言葉は大嫌いだが、今日だけは適切だとみなそう)。夢が実現したのだ。俺は輝かしい思い出を連れて行くよ」。

「さて、失礼させてもらおう。俺には従事すべく家族とサッカーチームがあるのだ。この先、いつかどこかで会おう。スゲエ楽しかったよ」。


CD Journal
*********************
ノエル、オアシス脱退の理由を語る!

 先日、オアシス(OASIS)からの脱退を表明した、リーダーのノエル・ギャラガー。「リアムとはやっていけない」という思いと最新作『ディグ・アウト・ユア・ソウル』(写真)のワールド・ツアー最終地、フランスでの全公演などをキャンセルしたことについての謝罪のメッセージを出していたノエルが、さらにその脱退の経緯について、オフィシャル・サイトにコメントを発表しました。
 “いつもの兄弟喧嘩”とも言い切れないような言葉の数々に、ファンは衝撃を受けるかもしれませんが、また愛すべきギャラガー兄弟がオアシスとして演奏してくれる日を心待ちにしましょう。
 
以下、ノエルからのコメントです。
 
「大切なファンのみんな、今朝、このことを君たちに伝えるのは、心が重いし、とても悲しい。
 
先週金曜の8月28日、俺はマンチェスターのロックンロール・バンドオアシスを辞めざるを得なくなった。
 
細かい理由はそう重要じゃないし、挙げるとしたらいくらでもある。でも、君たちは知る権利があると思う。俺や俺の家族、友人、仲間に対する言葉の、または暴力的な脅かしが耐えられないほどになってきたということをね。それにマネジメントやバンド・メンバーたちの理解が欠けていたから、新しい活動の場を探す以外に選択肢はなくなってしまった。
 
何より先に、ギグの日を待ち続けたのにまたバンドにがっかりするに終わったパリのファンたちに謝りたい。謝るだけじゃ足りないよな、わかってる、でも俺ができるのはそれだけなんだ。
 
そして、V Festivalで同じ思いをした人たちにも謝る。やっぱり、謝ることしかできない――どうしてだかわからない、俺のせいじゃないのに。俺の調子は完璧だったし素晴らしいギグを見せる準備も万全だった。悲しいことに、他のメンバーたちが乗り気じゃなかったのさ。
 
最後に、世界中の、すべてのオアシス・ファンへお礼を言いたい。この18年間は本当に、本当に素晴らしいものだった(この言葉は嫌いなんだが、今日だけはふさわしいと思う)。夢は叶う。この輝かしい思い出とともに生きていくよ。では、すまないけど、俺には家族とフットボールチームを世話しないとならないので。
 
また他の機会に会おう。楽しかったぜ。
 
本当にありがとう。
 
さようなら。
 
NG.」


Listen Japan
******************
オアシスからノエル・ギャラガーが脱退!2日連続で声明を発表
先日V Festivalをキャンセルし解散報道が流れるなど去就が心配されて来たオアシスだが、8月28日、ノエル・ギャラガーがオフィシャルサイトで正式に脱退を表明した。

28日にパリで出演予定だった音楽フェスへの出演をキャンセルした後に、オフィシャルサイトで出された声明でノエルは「今夜オアシスを脱退したことを発表する、今は悲しみと安堵の気持ちである。俺はこれ以上リアムと活動を続けて行くことは出来ない」と、リアム・ギャラガーとの確執によりバンドを脱退する事を明確にし、これまでも何度か兄弟ゲンカに端を発した脱退、解散報道が幾度と無く噂されて来たオアシスだが今回の声明でノエルの脱退が決定的となった。

さらに翌日追加発表されたノエルの声明では、脱退理由は兄弟ゲンカから「マネージメントとバンドメイトのサポート不足」という表現と使っている。
またライヴをキャンセルした、Vフェスとパリのファンへの謝罪の言葉と共に、「(こういう言い方は好きではないが、今回は適切だろう)ファンに感謝したい、オアシスでの18年間は素晴らしいものだった。夢が叶ったし、素晴らしい想い出となった。」
さらに「俺には家族もいるしサッカーチームもあるし、またどこかでお会いすることもあるだろう。」と結んでいる。

ノエルの去就だがソロアルバムを制作中で楽曲は今年前半に完成し、すでにソロライヴなどを行っていたことから、間もなくソロ・キャリアをスタートするのでは?というのが大方の見方だ。

posted by おっさn at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ公演についてNMEのニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47014

****************
Oasis Paris 'altercation': Vampire Weekend give backstage report
New York band were in dressing room next to Gallaghers
August 29, 2009

Vampire Weekend have spoken about the "altercation" within Oasis that led to Noel Gallagher quitting the band last night (August 28) in Paris.

As previously reported, the guitarist announced his departure from the band after an alleged fight between Noel and Liam Gallagher led to the band dropping out of headlining the Rock en Seine festival.

The Brooklyn band were also playing the event and had the dressing room next to the Manchester band where the incident occurred.

Keyboard player Rostam Batmanglij would not be drawn on the specifics but, speaking to NME.COM at the Leeds Festival, he said: "It's a story for Oasis to tell. We'd just come offstage. It was weird – you feel kind of good [having played], your mind is not in other people's problems. It was a strange time."

Drummer Chris Tomson added that many fans at the event took the news badly, after organisers announced there had been an "altercation" and that Oasis would not play.

"There were some people out in the crowd crying, we went and consoled them," he explained. "They put that sign on the screen, saying there's been an altercation in the band. We saw some people in the front row starting to cry. They were sad – they wanted to see Oasis."

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.

Vampire Weekend are set to play on the Main Stage at the Leeds Festival later today.

NME.COM will be coming live from both the Reading And Leeds Festivals sites this weekend (August 28-30). Stay tuned to NME.COM/festivals for news reports, blogs, video interviews and photos from the event.

Get next Wednesday's (September 2) issue of NME for the ultimate Reading And Leeds Festivals review.

Plus have your say on this summer - fill in the annual NME Festival survey now to cast your verdict on 2009, and tell festival chiefs who you want to see next year.


-------------------------
VIBE
http://www.vibe-net.com/0908/090901news.html

************************
Oasis ノエル「リアムはどうしようもないバカ」
ノエル・ギャラガーが突如脱退を宣言し、目下大揺れのオアシス。そんな中、彼がバンドからの離脱を決意するに至った、メンバーで弟のリアム・ギャラガーとの大ゲンカの内容が次第に明らかになってきた。8/28(金)、フランスのフェスティバル“Rock en Seine”にヘッドライナーとして出演を予定していたオアシス。この出番の直前に、兄弟2人は激しい口論となり、その後ステージをドタキャン。続いてノエルがバンドのウェブサイトを通じて脱退を表明した。実はこの日、ユーロスターに乗り、単独でパリへとやってきたというリアム。到着した時点ですでに酔っ払っていた弟に対し、兄のノエルはその態度が「プロ意識に欠ける」と憤慨。そんなリアムをマネジャーやボディガードがこれまで野放しにしてきたことにも失望を示したという。これに対して、リアムの怒りも爆発。ノエルの子どもたちにケチをつけ始め、さらに兄に向かって自分のギターを投げつけた。しかしノエルも負けてはおらず、これをキャッチし、踏み付けた後、粉々に破壊してしまったという。そしてノエルはその場を立ち去り、現在に至るというわけだ。なお、ノエルは弟のことを「どうしようもないバカ」と話しているとも報じられている。


-----------------------
NME
http://www.nme.com/news/oasis/47062
posted by おっさn at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル脱退に関するニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47001
Q
http://news.qthemusic.com/2009/08/noel_quits_oasis.html
MTV Japan
http://www.mtvjapan.com/news/music/16205
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052497
CD Journal
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=25924


NME
**********************************
Noel Gallagher quits Oasis after Paris 'altercation'
Guitarist walks after gig cancellation
August 28, 2009

Noel Gallagher quit Oasis tonight (August 28).

Following the Manchester band's cancelled show at the Paris Rock en Seine festival this evening, he posted the following statement on Oasisinet.com.

"It's with some sadness and great relief to tell you that I quit Oasis tonight," he wrote. "People will write and say what they like, but I simply could not go on working with [singer, his brother] Liam a day longer."

The band pulled out of the Paris show just before they were due onstage, with organisers allegedly displaying a message explaining an "altercation" had caused the cancellation.

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.

Watch Liam Gallagher's recent thoughts on the band below


Q
********************************
Noel quits Oasis

Noel Gallagher has anounced he is quitting Oasis. In a statement issued on the official Oasis website last night he said:

"It's with some sadness and great relief to tell you that I quit Oasis tonight. People will write and say what they like, but I simply could not go on working with Liam a day longer."

The band had bee due to play at the Rock En Seine Festival in Paris yesterday evening with the gig being pulled at the very last minute. The support band announced Oasis would not be performing due to an altercation within the band, leaving many in the audience thinking it was a joke until the venue's Tv screens confirmed the announcement, leaving many fans bewildered.

In the statement Noel said sorry to those expecting to see the band at the event and their forthcoming dates, adding "Apologies to all the people who bought tickets for the shows in Paris, Konstanz and Milan."

The history of Oasis has been littered with fall-outs, most of them between Liam and Noel with the brother's fractious relationship leading to walk-outs and bust ups since the early days, previously culminating in Liam not showing up for gigs on occasion and Noel quitting past tours. It seems things had reached a new low however in recent months with Noel telling Q Magazine in April this year (Q275) "I don't like him and he doesn't like me, that much is evident." and describing Liam as "A man with a fork in a world of soup".

This latest announcement from Noel does sound more certain and definite than any previous statements, you can bet however that no matter what happens this won't be the last word we'll hear on the subject.

Oasis Update: Scottish singer-songwriter Amy MacDonald was playing at the same event as Oasis and was told by the promoter Liam had smashed Noel's guitar, updating her twitter, she posted:

"Oasis cancelled again with one minute to stage time!!! Liam smashesd noels guitar, huuuge fight!".

QTheMusic.com is also hearing rumours that Liam has enough new self-penned songs for a solo album of his own should he wish to pursue that course...


MTV Japan
**********************************
オアシスのノエルが脱退を発表

28日、オアシスのノエル・ギャラガーが脱退を発表した。

オアシスは同日、パリで行われたフェスティヴァル「Paris Rock en Seine」への出演をキャンセル。その後、ノエルは公式サイト「Oasisnet.com」に以下の声明を発表した。

「多少の悲しみと大いなる安堵感と共に、今夜オアシスを脱退したことを伝える」とノエルは綴った。「人々は好きなことを書いたり言ったりするだろうが、俺はただ単にこれ以上、1日でも長く(弟でシンガーの)リアムと続けることができなかったのだ」。

オアシスは同日のライブを、出演時間の直前にキャンセルした。主催者は中止の理由を「ケンカ」と発表した。

ギャラガー兄弟の不仲はファンの間では有名。今回の脱退が永久的なものなのか、今後の動向に注目が集まる。オアシスは7月に新潟県・苗場スキー場で開催された「FUJI ROCK FESTIVAL ‘09」に出演。初日のヘッドライナーを務めた。


Barks
***********************
ノエル、オアシスを脱退?

2009年8月28日(UK現地時間)、オアシスのオフィシャルサイトにて、ノエルが、オアシス脱退の公式の声明を出した。

オフィシャルサイトのニュース欄に書かれた原文は以下の通り。悲しみと共に安堵を得ているというノエル、もちろん理由は、もうこれ以上1日たりともリアムと一緒にいられない、というシンプルなもの。

この声明が、どれほどの深刻なものなのか、文面どおりのものなのか、まさかという思いの中、もう少し状況を見守っていたい心境だ。とはいえ、パリ、コンスタンツ、ミラノのコンサートに関しては、キャンセルとなってしまうのかもしれない


CD Journal
*****************************
ノエル、「リアムとはやっていけない」。オアシス脱退を表明!

 先日、FUJI ROCK FESTIVAL'09に出演したばかりのオアシス(OASIS)から、リーダーのノエル・ギャラガー(42)が脱退を表明しました。これにより、最新作『ディグ・アウト・ユア・ソウル』のワールド・ツアー最終の地フランスでの公演は、すべてキャンセルとなりました。オアシスの解散宣言はされておらず、今後バンドをノエルなしで続けていくか否かは不明とのことです。
 
 下記、公式サイトでのノエルからのコメントです。
 「It's with some sadness and great relief to tell you that I quit Oasis tonight. People will write and say what they like, but I simply could not go on working with Liam a day longer. Apologies to all the people who bought tickets for the shows in Paris,Konstanz and Milan.」
(少し悲しいが、何よりほっとしてる。俺は今夜OASISをやめる。みんな言いたいように言い書きたいように書くだろうが、もうこれ以上リアムとはやっていけない。パリ、コンスタンツ、ミランのチケットを買ってくれたみんなには悪く思ってる。)
 
 この脱退宣言に至るまで、8月25日、リアムが喉頭炎のため〈V ROCK FESTIVAL(地元イギリス最終公演)〉をキャンセル、8月28日、パリで行なわれた〈Rock en Seine〉で、直前になって「ギャラガー兄弟の喧嘩」のためにキャンセル、という経緯があり、8月28日に、ノエルがバンドから脱退するとのステイトメントが公式ホームページにて発表されました。ちなみに、ノエルの一時脱退(ライヴをやらなかったなど)は3回目で、最初は94年、アメリカのツアーをキャンセル。2度目は2000年、原因は兄弟喧嘩で、スペインのツアーを別のギタリストでのりきり、そして今回の2009年、フランスのツアーをキャンセル。3度目ゆえに、“本当の脱退”なのか、あるいは“やっぱりまた復活”なのかはわかりませんが、相変わらずのお騒がせぶりから目が離せません。
posted by おっさn at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドの動向に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル脱退に関する母ペギーのコメント

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052586


********************
ギャラガー母「子供のときはケンカなんてしてなかったのよ」

兄弟間のいさかいが原因で、兄ノエル・ギャラガーがバンドを脱退することになったオアシス。その兄弟を1番よく知る母親が、今回の出来事について語った。

ファン同様、ノエルの脱退宣言を受け入れがたいペギー・ギャラガーは『Sunday Mirror』紙でこう話している。「あの子達はお互いを愛し合っている。でも、いつだって全く違う性格だった。おかしなことに、子供とのときはケンカなんてしてなかったのよ。バンド始めるまでケンカしたことなかったわ」

「これがオアシスの終わりでないことを願っている。そうじゃないと思ってるわ。ツアーの終わりで疲れていただけだと思う、これまでもケンカはあったけど、乗り越えてきたもの」

ノエル抜きでバンドを続けるかどうか検討中といわれてるオアシス。パリでのケンカ/脱退宣言の後、ノエルはすぐにイギリスへ戻ったようだが、リアムは週末、家族、そしてベースのアンディ・ベルとそのガールフレンドと共にイタリアで休暇を取った。
posted by おっさn at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエル脱退に関するアラン・マッギーのコメント

Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052521
MTV
http://www.mtvjapan.com/news/music/16217

Barks
*****************
アラン・マッギー、ノエルの脱退は“音楽にとって悲しい日”

オアシスを発掘した元クリエイション・レコーズの創立者、アラン・マッギーが、ノエル・ギャラガーのオアシス脱退について語った。マッギーは、ノエルの脱退を“音楽にとって悲しい日”と表した。

ノエルが脱退を表明する直前、弟リアムが兄の大切にしていたGibsonのギターを叩き壊したといわれている。マッギーは「手の負えない兄弟ゲンカはこれまでにもあったが、いままでで最悪の争いになったのだろう」とBBCニュースに話している。しかし2週間ほど前、リアムと話したとき「ノエルの話が出て、彼を愛してるかと聞いたら、(リアムは)そうだと同意していた」という。

「彼らは愛し合っている。またカンバックするだろう」と予測するマッギーだが、一方で、ノエルは自分のやりたいことをやるべきだとも話している。「電気工であろうとロックンロール・スターであろうと、自分のやりたいことをやり、自分がなりたいものになることができる。ノエルもみんなと同じだ。彼は(オアシスを)もうやりたくなかったから、辞めたんだ。いまはみんな、やりたくないことはやらないものだ」

そして、ショック真っ只中のオアシス・ファンにとってそんな先のことは考えられない/どうでもいいだろうが、こんな発言も。「5年もすればリユニオン・ツアーがあるだろう。彼らは愛し合ってる。愛し合ってる場合、いつだって仲直りするものだ」

ノエル脱退により、バンドそのものの存続が心配されるオアシスだが、スポークスマンは現在、リアムと残りのメンバーはノエル抜きで続けるかどうか検討している最中だとコメント。この数日で決定が下されるみこみ。


MTV Japan
*******************
アラン・マッギー、ノエル脱退を語る

オアシスのリード・ギタリスト、ノエル・ギャラガーの脱退発表は、世界中のファンにショックを与えている。バンドのスポークスパーソンによると、弟でシンガーのリアム・ギャラガーを含む残りのメンバーは、ノエル抜きでバンドを続けていくか否か検討しているとのこと。ソングライターとして、ヒット曲の多くを生み出したのはノエルだった。

オアシスを発掘し、自身のレコードレーベル「クリエーション・レコード」と契約したアラン・マッギーは、ノエルの脱退について「音楽にとって悲しい日」と語った。今回の脱退劇は、これまでになくシリアスなものだという。

「彼らはこれまでにもかなりひどいケンカをしてきたが、今回は明らかに今までで最悪のケンカだ」とマッギーは英BBC Newsに伝えた。「だが、彼らは愛し合っているし、いつか一緒に戻ってくるはずだ。きっと5年もすれば再結成ツアーに出ると思うよ。彼らは愛し合っている。愛し合っていると、人は必ず仲直りするものさ」。

マッギーいわく、ノエルはこれ以上、バンドに居る義務はないと感じたとのこと。

「電気工だろうが、ロックスターだろうが、人は自分がやりたいことしかできないし、なりたい者にしかなれないのさ」とマッギーは語った。「彼も他のみんなと同じだよ。もうこれ以上やりたくなかったから、やめた。人はやりたくないことはやらないものだ」。

リアムとは2週間前に話したという。「元気だったよ。ノエルについて話していて、"彼を愛しているか"と訊いたら、愛していると言っていた」とのこと。

マッギーは、ギャラガー兄弟が仲直りする前に、それぞれソロ・アルバムを制作するのではないかと予測している。ノエルのソングライティングをニール・ヤングやボブ・ディラン、ジョン・レノンと比較し、「尊敬されるだけのことはある」と称賛した。

さらに兄弟は難しい性格の持ち主だといい、「オアシスをコントロールすることはできないよ。彼らはやりたいことをやる。それがあのバンドの美しさであり、スキルなんだ」と説明している。

ケンカが絶えないことで知られていたノエルとリアムだが、脱退を正式発表したのは今回が初めて。バンドからは今週中にも何らかの発表がされる模様だ。
posted by おっさn at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

August 29, 2009

29/08/09
Dearly beloved, it is with a heavy heart and a sad face that I say this to you this morning.

As of last Friday the 28th August, I have been forced to leave the Manchester rock'n'roll pop group Oasis.

The details are not important and of too great a number to list. But I feel you have the right to know that the level of verbal and violent intimidation towards me, my family, friends and comrades has become intolerable. And the lack of support and understanding from my management and band mates has left me with no other option than to get me cape and seek pastures new.

I would like firstly to offer my apologies to them kids in Paris who'd paid money and waited all day to see us only to be let down AGAIN by the band. Apologies are probably not enough, I know, but I'm afraid it's all I've got.

While I'm on the subject, I'd like to say to the good people of V Festival that experienced the same thing. Again, I can only apologise - although I don't know why, it was nothing to do with me. I was match fit and ready to be brilliant. Alas, other people in the group weren't up to it.

In closing I would like to thank all the Oasis fans, all over the world. The last 18 years have been truly, truly amazing (and I hate that word, but today is the one time I'll deem it appropriate). A dream come true. I take with me glorious memories.

Now, if you'll excuse me I have a family and a football team to indulge.

I'll see you somewhere down the road. It's been a fuckin' pleasure.

Thanks very much.

Goodbye.

NG.
posted by おっさn at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES FROM THE MIDDLE OF NOWHERE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフィシャルでのノエル脱退声明

オフィシャル
http://www.oasisinet.com/NewsArticle.aspx?n=773

********************
A STATEMENT FROM NOEL
28 August 2009

"It's with some sadness and great relief to tell you that I quit Oasis tonight. People will write and say what they like, but I simply could not go on working with Liam a day longer.

"Apologies to all the people who bought tickets for the shows in Paris, Konstanz and Milan."
posted by おっさn at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドの動向に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ公演キャンセルのNMEニュース

NME
http://www.nme.com/news/oasis/47000


****************
Oasis cancel second festival appearance
Claims of an 'altercation' at Paris event
August 28, 2009

Oasis have pulled out of their second festival appearance in a row tonight (August 28).

The band were due to play at the Paris Rock en Seine festival but did not take to the stage as planned.

According to eyewitnesses in the crowd, a message appeared on the festival's big screens saying the performance had been cancelled due to an "altercation".

Scottish singer Amy MacDonald, who also played the event, claimed via Twitter the band "cancelled again with one minute to stage time!!! Liam smashed Noel's guitar, huuuge fight!"

It is understood that Madness took their place.

Oasis cancelled their headline appearance at V Festival in Chelmsford last weekend (August 23).

Noel Gallagher has subsequently announced that he is quitting Oasis.

Have your say on the split by taking part in NME.COM's vote: Can Oasis continue without Noel? now.
posted by おっさn at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドの動向に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

August 20-22, 2009

20/08/09
Yes. The massive. How on earth is everyone? All good? Wonderful.

Fuck me, I enjoyed those 2 weeks off. Had some beautiful quiet nights in with Nancy and a couple of truly magical nights out with.. well, if I told you, you wouldn't believe me. I will say this though, there was royalty involved!!

Had a few days on the Amalfi coast in Italia. Very nice. Lovely weather.

What else? BUT, OF COURSE!! The football season's started. Me and Burning Natty and various comrades made our way up to Blackburn to see Man City take the first steps of the new revolution. What a day! Must've been 10,000 Blues there. Unbelievable atmosphere. Bit like an Oasis gig.

Talking of which, I'm at Kings Cross Station. Former home of Russell Brand. Catching a train to York. Got a gig tonight at a health spa in Bridlington. A warm up for that V Festival this weekend. If you're coming, I'll see you there. I'll be stage right. Being brilliant.

In a bit.

GD.


21/08/09
A'reet.

Last night? Blinding. Very, very hot. Loud crowd.

Bridlington's like the land that time forgot. Y'know that tune by Morrissey, "Every Day Is Like Sunday"? Surely he wrote it about Bridlington? Nice people though.

Legged it to York straight after the gig with Burning Natty. Had to get an early train back to London in the a.m. Got some family business to take care of.

The York races are on so there was some wonderful sights on the platform. Fat orange birds in ludicrous hats.

Day off today. Heading back up north tomorrow. Going to see City before we smash the V Festival in Stafford.

In a bit.

GD.


22/08/09
Boo! Just come off stage at V in Stafford. And I don't mind admitting that I didn't enjoy it one bit. Dunno know. Couldn't get into it. Very strange.

Don't feel too clever. Outrageous stomach ache. Feel like I'm coming down with summat. Bugger. Might have to get the doctor out in the morning. Hope it came out of the speakers ok. Gutted.

Oh well, there's always tomorrow.

In a bit.

GD.
posted by おっさn at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES FROM THE MIDDLE OF NOWHERE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアムの義姉の解散しないというコメント

ノエル脱退声明前のニュース。今となっては、、

MySpace
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4090.aspx
Barks
http://www.barks.jp/news/?id=1000052472


MySpace
***************************
リアムの義姉「オアシスは死ぬまで解散しない」

オアシスは8月23日のUKフェス〈Vフェスティヴァル〉への出演をキャンセルしたことから解散説が流れていたが、リアム・ギャラガーの義理の姉が「オアシスは死ぬまで解散しないわよ」などと否定のコメントを語ったという。英タブロイド紙『Daily Mirror』が報じている。

〈Vフェスティヴァル〉でオアシスは初日の22日には出演したものの、2日目の23日はリアム・ギャラガーのウィルス性喉頭炎のためキャンセル。同フェスは1年間に及ぶワールド・ツアーのイギリスでの最終公演だったため、ギャラガー兄弟の不仲説や解散説が再燃し、初日の出演がオアシスの最後のライヴになるのではないかといわれていた。これに対しオアシス側は25日、オフィシャル・サイトで「オアシスはヨーロッパでワールド・ツアーの残りの日程を終えたら、休暇に入り、その後次のアルバムやツアーについて考えることになります」というコメントを出し、解散説を否定している。

これに続いて今度は、リアム・ギャラガーの奥さんであるニコール・アップルトンの姉のナタリー・アップルトンが、こう語っている。「オアシスは死ぬまで解散しないわよ。彼らはおじいちゃんになるまで続けるわ。噂なんて絶対にデタラメよ。リアムは病気でベッドに寝ている時でも、ステージに戻るって誓っていたしね」とのこと。

さらにVフェスでオアシスがキャンセルした後、スノウ・パトロールやキーンがステージでオアシスの曲をカヴァーしたことについて「リアムはスノウ・パトロールとキーンがカヴァーしていたのをとても喜んでいて、素晴らしいって言ってた。フェスティヴァルの精神が生きているって、すごく感動していたのよ」と語っている。

オフィシャル・サイトの声明だけでなく身内の強力な“擁護”も飛び出して、オアシス解散説もひとまずは沈静といえそうだ。


Barks
************************
オアシス義姉「彼らは死ぬまで解散しない」

今ツアー最後のUK公演(Vフェスティヴァル)をキャンセルしたため兄弟不仲説から解散危機説まで流れたオアシスだが、スポークスマンに続きフロントマン、リアム・ギャラガーの奥さんニコール・アップルトンの姉ナタリーが「彼らはおじいちゃんになるまで続く」と解散説を否定した。

ニコール同様、元オール・セインツのメンバーでプロディジーのリアム・ハウレットの奥さんでもあるナタリーは『Daily Mirror』紙にこう話した。「オアシスは解散する前に死んでるわよ(=死ぬまで解散しない)。おじいちゃんになるまでずっと続くわ」

ニコールによると、体調不良(ウィルス性の咽頭炎)のためショウをキャンセルしたリアムは、具合が悪いながらもステージに上がると頑張っていたそうだ。「噂はデタラメもいいとこよ。リアムは具合悪くて寝ていながらも、ステージへ戻るって言い張ってたのよ」

スノウ・パトロールが彼らの代役を務め、彼らのほかキーンもパフォーマンスでオアシスのトラックをカバーしたが、リアムはそれを喜んでいたという。「リアムはスノウ・パトロールとキーンが(オアシスを)カバーしたのを喜んでた。サイコーだって思ってた」

リアムは公演キャンセル数日後、Twitterにて謝罪の言葉を述べるとともに、オアシスをカバーしたバンドに対し「たとえ、それが俺が過去にこき下ろした連中であっても、リスペクトする」と感謝の気持ちを示している。
posted by おっさn at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コメントに関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。